カテゴリー「Languedoc-Roussillon」の34件の記事

04/16/2019

2018に飲んだLanguedoc-Roussillonのワイン

ロゼとMas Jullienは別途記載。

 

1) 2014 Languedoc Rouge Cuvee Moderne / Trois Terres (2018/1/8飲)
Faugeres北東側内陸部のOctonの生産者。品種はSyrah主体+ Grenache。濃いルビー。酒質はしなやか。ラングドックらしい品種の個性が混じりあった味わい。

 

2) 2015 Limoux Chardonnay La Boutiniere / Anne de Joyeuse (2018/1/9-10飲)
Limouxの生産者。テリの強いうすい黄。酸しっかり。エキス分濃厚でパッションフルーツ系。ブルゴーニュとはタイプの異なるシャルドネ。

 

3) 2014 Limoux Rouge La Boutiniere / Anne de Joyeuse (2018/1/9-10飲)
2番の生産者の赤。品種はMerlot, CS, Syrah & Malbec。濃いルビー。味筋はボルドー系というよりは、品種の特徴が混じりあった丸みのあるラングドックの風味。まだ、少しタニック。

 

4) 2004 Coteaux du Languedoc Rouge / Mas Lumen (Pascal Perret) (2018/2頃飲)
飲んだ日が不明。内陸部のGabianの生産者。これが6本目で、この2004は2本目(1本目は2011/5に飲んだ)。品種はCarignan 55%, Syrah 25%, Grenache 10%, Cinsault 10%。バック・ヴィンテージでけっこう熟成感あり。

 

5) 2013 Languedoc Saint Saturnin Rouge / Domaine Vilgile Joly (2018/2/25飲)
Montpeyroux西側のSaint Saturnin de Lucianの生産者。品種はCarignan, Syrah, Grenache。少し熟成感のあるルビー。ラングドックらしいなめらかな多品種の混ざり合った風味。少しゆるい感じ。

 

6) 2014 Pays de L'Herault IGP Rouge Cuvee Chemin des Cayrades Vieilles Vignes de Carignan / Domaine Lynch-Suquet (2018/3/3-4飲)
Montpeyrouxの生産者。Carignan 100%。濃いルビー。味わいは軽めだが、タンニンは意外と強め。

 

7) 2013 Languedoc Montpeyroux Villa Dondona Rouge / Domaine Lynch-Suquet (2018/3/5-6飲)
6番に同じ。Mourvedre 40%, Syrah 40%, Grenache 20%。赤みの強い濃ルビー。かなり強いつくり。個人的には6番の方が好み。

 

8) 2015 Pirouette, Vin de France / Domaine Fontedicto (Cecile et Bernard Bellahsen) (2017/3/13飲)
Pezenas北西のCauxの生産者。これが7本目。品種はCarignan 100%。赤みの強い濃ルビー。柔らかい酒質。タンニンもこなれている。若干ビオ系の神経質なところがある。

 

9) 2005 VdP de L'Herault Blanc / Domaine Vilgile Joly (2017/3/14飲)
5番の生産者の白。品種はGrenache Blanc 100%。バック・ヴィンテージを購入。思ったよりも熟成ニュアンスのあるゴールド。味わいも熟成感が出ており、まったりした酒質。少しオレンジワインに通じるようなところも感じられた。

 

10) 2014 Vin de France Blanc La Rupture / Domaine Turner Pageot (2018/4/27飲)
内陸部のGabianの生産者。品種は当地では珍しいSB。少しうすい黄。南仏系のアロマティックなニュアンスはない。酸がしっかりした中くらいのボディ。

 

11) 2015 Terrasses du Larzac Rouge Cuvee Bagnaloup / Trois Terres (2018/5/9飲)
1番の生産者。こちらはGrenache主体。赤みの強い濃ルビー。赤系の果実味。開けたては少しゆるい感じだったが、半日後にはまとまってきた。乾いたタンニン。CP的には十分OK。

 

12) 2014 Corbieres Rouge L'Enclos / Domaine des 2 Anne (Magali et Dominique Terrier) (2018/5/11飲)
Peyriac de Merの生産者。品種はGrenache 50%, Carignan, Syrah, Mourvedre。これが3本目。すごいワインではないが、よくまとまっている。ラングドックのよさが詰まったワイン。

 

13) 2015 Corbieres Boutenac Rouge Cuvee Romain Pauc / Domaine La Voulte-Gasparets (Reverdy Berges) (2018/8/6飲)
所在地はBoutenac。Carignan主体にGrenache, Mv, Sy。他に2016のロゼも飲んだ。濃いルビー。酒質は柔らかい。ただし、きめ細やかで上品なタイプではない。ラングドックらしい多品種の個性が混じりあったワイン。

 

14) 2003 Coteaux du Languedoc Rouge / Chateau Saint-Jean d'Aumieres (2018/8/8飲)
Aniane南方のGignacの生産者。品種はCarignan。最近バック・ヴィンテージを購入。熟成感の出ているルビー。味わいにもかなり熟成感がある。けっこうくせの強い赤。
以上

 

| | Comments (0)

02/27/2019

Mas Jullien その2

ラングドックのJonquieres (Montpeyrouxの南西)にある私の大好物のドメーヌ。2017~2018にかけて飲んだワインをまとめてみた。

1) 2014 Vin de France Blanc / Les Vignes Oubliees (2017/5/4飲)
Mas Jullien で働いていたJean-Baptiste Granierがつくるワイン。最近白がリリースされた。品種はClairette, Roussanne, Grenache Blanc。ややうすめの黄。酒質はMas Jullienの白と同様に太いアロマティックなタイプではなく、さらっとしたところがある。心地よく飲めた。

2) 2005 Coteaux du Languedoc Rouge / Mas Jullien (2017/5/4-5飲)
熟成してきている。安定して旨い。オリがかなり出ていた。

3) 2014 Terrasses du Larzac Lous Rougeos Rouge / Mas Jullien (2017/5/5-6飲)
Carignan 60%, Syrah 40%。最近リリースされたキュヴェ。赤みの強いルビー。酸がしっかりしたしなやかだが濃密なワイン。今でも十分旨い。

4) 2011 Pays d'Herault IGP Blanc / Mas Jullien (2017/5/9-10飲)
Grenache Blanc, Carignan Blanc, Terret, Chenin Blanc, Viognier。2011年の白はこれが3本目。ややうすめの期。南仏の白では、太過ぎず整った味わいで非常に旨い。

5) 2010 Coteaux du Languedoc Terrasses du Larzac Rouge / Mas Jullien (2017/11/24-25飲)
赤みの強い濃ルビー。まだ若く濃厚であるが、非常に柔らかい酒質でグラスが進んだ。

6) 2012 Pays d'Herault IGP Blanc / Mas Jullien (2017/12/13飲)
ややうすいテリの強いゴールド。いつも通り柔らかい穏やかさと凝縮度を持った白。旨し。

7) 2014 Languedoc Rouge Outoul du Cinsault (Saint Privat) / Les Vignes Oubliees (2018/11/3-4飲)
この赤のキュヴェはおそらく新作。品種はCinsault主体 + Grenache & Syrah。赤みの強い濃ルビー。色の割りにはしなやかで軽快な飲み口。ノーマルの赤の方が好み。

8) 2011 Coteaux du Languedoc Terrasses du Larzac Rouge / Mas Jullien (2018/11/9-10飲)
赤みの強い濃ルビー。まだ少し若いが、この生産者のワインは若くても熟成しても旨い。安定したおいしさ。
以上

| | Comments (0) | TrackBack (0)

02/26/2019

2017に飲んだLanguedoc-Roussillonのワイン

ロゼとMas Jullienは別途記載。

1) 2015 VdT Francais Rouge Cuvee 5 So Simple / J.F.Coutelou (2017/3/13飲)
Beziers北方のPuimissionの生産者。過去に6本飲んでいる。品種はCinsault 100%。あまり濃くない赤紫色。少しビニールぽい香味あり。酸味はしっかり、酒質は軽めでスムーズに飲める。

2) 2003 Faugeres Reserve Cuvee La Maison Janne Rouge / J.M. & V. Alquier (2017/6/3飲)
Faugeresの生産者。品種はGrenache主体。赤みの強いルビー。バック・ヴィンテージでけっこう熟成感あり。少しリキュールぽい香味あり。

3) 2010 Clairette de Bellegarde / Domaine Terres des Chardons (2017/4/28-29飲)
Bellegardeの生産者。2007年に次いで2回目。テリの強いゴールド。少しバック・ヴィンテージのため、若干熟成感あり。比較的ドライ。後口が少しほろ苦い。

4) 2012 Pays d'Herault Blanc Cuvee El Abanico / Domaine La Jasse Castel (Pascale Riviere) (2017/5/13飲)
MontpeyrouxとAnianeの間にあるSaint-Jean-de-Fosの生産者。ラングドックでも最も好きな生産者の一人。この人の白は初めて飲む。品種はGrenache Blanc, Carignan Blanc, Roussanne, Ch, CB, Petit Manseng。くっきりした色合いの黄。少しまったり感もあるが、酸は強め。まずまずよいが、Mas Jullienの白ほどではなかった。

5) 2014 Vin de France Cuvee L'Anglore aux Foulards Rouges (Vin Anticonformiste) / Les Foulards Rouges (2017/5/21飲)
1500ml。スペインとの国境に近いMontesquieu des Alberesの生産者。マグナムのみリリースのL'Angloreとのコラボレーション・キュヴェ。ワインはLes Foulards Rougesの方でつくっている。2011に次いで2回目。ラベルはL'AngloreのトカゲとLes Foulards Rougesの赤色(スカーフなのかどうかはわからない)が配置された印象的なもの。赤みの強いルビー。味わいは軽快にすいすいと飲めてしまう。

6) 2012 Faugeres Les Premieres Rouge / J.M. & V.E. Alquier (2017/6/3飲)
2番に同じ。品種はGrenache、Syrah、Mourvedreが1/3ずつ。赤みの強い濃ルビー。濃厚だが柔らかい酒質。典型的なラングドックの風味。

7) 1998 Coteaux du Languedoc Clos des Cistes / Domaine Peyre Rose (Marlene Soria) (2017/6/11-12飲)
1500ml。MontpellierとBeziersの中間付近にあるSaint Pargoireの生産者。品種はSyrah 85%, Grenache 15%。それなりに熟成してやや細身になってきているが、マグナムのため非常に若々しさもある。旨みたっぷりで非常に快適に飲めた。

8) 2012 Languedoc La Clape Rouge Cuvee Grand Vin / Chateau d'Angles (Famille E. Fabre) (2017/7/2飲)
Beziers南方の地中海に面したSaint-Pierre La Merの生産者。品種はMourvedre, Syrah, Grenache。赤みの強い不透明なルビー。色の濃さに比して、酒質はしなやか。酸は強め。

9) 2015 Languedoc La Clape Blanc Cuvee Classique / Chateau d'Angles (Famille E. Fabre) (2017/7/2-3飲)
8番の生産者の白。品種はBourboulenc 50%, GB 40%, Roussanne 10%。ややうすい黄。トロピカルな香味と少しまったり感があある。

10) 2013 Corbieres Rouge Les Cabrioles / Domaine des 2 Anne (Magali et Dominique Terrier) (2017/8/29飲)
Peyriac de Merの生産者。飲むのは2回目。品種はMourvedre 80%, Carignan 20%。少し紫色が残る赤みの強い濃ルビー。収れん性が強く、タニック。酒質はしなやかだが、少し粉っぽいところがある。

11) 2007 Coteaux du Languedoc Rouge / Mas Lumen (Pascal Perret) (2017/10/6-7飲)
内陸部のGabianの生産者。これが5種類目。品種はSyrah, Carignan , Grenache, Cinsault。赤みの強い濃ルビー。バック・ヴィンテージなので、それなりの熟成感が出ている。酒質は柔らかい。ラングドックらしい品種の個性が混ざり合った味わい。

12) 2014 Faugeres Blanc Cabretta / Mas d'Alezon (Catherine Roque) (2017/10/16飲)
Faugeresの生産者。品種はGrenache Blanc, Roussanne, Clairette, Grenache Gris。ややうすい黄。微発泡あり。酸が強めで細身。ビオ系で少し神経質。Mas Jullienの白あたりとはタイプが異なる。

13) 2015 Collioure Rouge Cuvee Cauco Illiberis / Cave L'Etoile (2017/11/28-29飲)
初めて飲むBanyuls-sur-Merの生産者。品種はGrenache Noir 85%, Grenache Gris 15%。赤みの強い濃ルビー。色合いに比して、細身でクールなニュアンスの出たワイン。

14) NV Muscat de Mireval (Vin Doux Naturel) / Moulin de Gassac (2017/12/10-12飲)
Mas de Daumas Gassacのネゴシアン部門(所在地はAniane)。これは単独のAOCワインだが、初めて飲む。Languedocの甘口では、Muscat de FrontignanとMuscat de Lunelがまだ飲んだことがない(日本で売っていないため)。うすめの黄。甘みは軽め。アルコール度数15.5%もあるようには感じないソフトな甘口。

15) 2005 Coteaux du Languedoc Pic Saint Loup Cuvee Que Sera Sera / Mas de Morties (Duchemin-Jorcin) (2017/12/27飲)
銀座のRempartsで飲んだもの。St-Jean-de-Cucullesの生産者。2012/6に次いで2回目。品種はSyrah 75%, Grenache 25%。じっくりと飲めるワイン。ラングドックらしさがよく出たワインで非常に旨い。そこそこい熟成しているが、今、飲み頃でかなり柔らかさが出ている。
以上

| | Comments (0) | TrackBack (0)

01/23/2019

Domaine Gauby その2

以下に過去に自分購入して飲んだDomaine Gaubyのリストを示す(既に書いた1998年と2000年のLa Muntadaを除く)。最近飲んだ白(3番と4番)はオレンジワインになっていて驚いた。以前飲んだ8番や9番はそういうつくりではなかったのだが。個人的には好ましい変化には思えず。
他に、Cotes Catalanes IGP Coume des Lloups Blanc(品種はGrenache Blanc、Grenache Gris)というワインがあるが、日本に入っていないようだ。

1) 2011 Cotes du Roussillon Villages Cuvee Coume Gineste Rouge / Domaine Gauby(2016/9/29飲)
品種はGrenache。

2) 2011 Cotes du Roussillon Villages Cuvee La Jasse Rouge / Domaine Gauby(2016/7/31飲)
品種はCarignan。

3) 2013 Cotes Catalanes IGP La Roque Blanc / Domaine Gauby(2016/7/16-17飲)
品種はMuscat。

4) 2011 Cotes Catalanes IGP Muntada Blanc / Domaine Gauby(2016/7/14-15飲)
品種はMuscat。

5) 2011 Cotes du Roussillon Villages Cuvee La Foun Rouge / Domaine Gauby(2015/7/20-22飲)
2番と同じくCarignanのキュヴェ。5番から7番はこちらを参照。

6) 2008 Cotes du Roussillon Villages Cuvee La Roque Rouge / Domaine Gauby(2014/7/24-25飲)
Grenache主体のキュヴェ。

7) 2000 Cotes du Roussillon Villages Cuvee La Muntada Rouge / Domaine Gauby(2012/5/4飲)
品種はGrenache主体+ Carignan。

8) 2000 VdP des Cotes Catalanes Coume Gineste Blanc / Domaine Gauby(2006/10/31-11/2飲)
品種はGrenache Blanc 50%, Grenache Gris 50%。

9) 2002 VdP des Cotes Catalanes La Jasse Blanc / Domaine Gauby(2004/2/29-3/2飲)
品種はMuscat。

10) 2000 Cotes du Roussillon Villages Cuvee Vieilles Vignes / Domaine Gauby(2003/5/16-18飲)
品種はGrenache。
以上

| | Comments (0) | TrackBack (0)

06/26/2015

Zelige-Caravent

ラングドック北部のCorconneの自然派生産者。エリアとしては、Pic Saint-Loupになる。Zelige-Caraventはドメーヌ名で、生産者名はMarie et Luc Michel。ディオニー(以前はコスモ・ジュン)が輸入。計4本飲んだが、赤とロゼはかなり繊細で個性的、白はオレンジワイン系。

1) 2013 Vin de Table de France Blanc Cuvee Un Poco Agitato / Zelige-Caravent (2015/5/30-31飲)
Chasan 100% (Chardonnay & Listanの交配種)による白ワイン。色はやや濃い目のゴールド。かなり熟して糖度の上がったブドウをイメージさせる味わい。アルコール感高めで、果皮のマセラシオンによるまったりしたワックスぽいニュアンスもある。

2) 2012 Vin de France Rose / Zelige-Caravent (2015/5/8-9飲)
Cinsault 100%。少し紅色が入ったうすいオレンジ色のロゼ。初日は微発泡気味でやや不安定感があったが、2日目落ち着いてきた。酸のトーンは高め。少しタンニンを感じる。ドライでデリケートな味わい。

3) 2011 Vin de France Cuvee Manouches / Zelige-Caravent (2013/8/28-29飲)
Alicante 80%, Cinsault 20%の赤。こちらを参照。
4) 2010 Languedoc Pic Saint-Loup Cuvee Velvet / Zelige-Caravent (2013/3/9飲)
Syrahの赤。こちらを参照。以上

| | TrackBack (0)

06/08/2015

Benezech-Boudal

Faugeresの東隣のRoquesselsの生産者。最近ラ・ヴィネが入れたラングドックのワイン。3本飲んだので整理してみた。3本ともなかなか濃厚、パワフルなタイプのワインだが、ニューワールドのモダンなワインとは一線を画するつくりである。

1) 2013 Faugeres Blanc Chateau des Peyregrandes / Domaine Benezech-Boudal (2015/3/26-28飲)
Roussanne, Marsanne主体の白。くっきりしたレモン色のトーン。抜栓時、若干微発泡していた。トロピカルなニュアンス強いが、石のようなミネラル感もある。後口に少し苦味。ブドウの糖度が高いことを感じさせるボリューム感あり。1本飲むとヘビー。

2) 2011 Faugeres Rouge Chateau des Peyregrandes Cuvee Marie Laurencie / Domaine Benezech-Boudal (2015/4/12飲)
Grenache, Syrah 等の赤のキュヴェ。赤み強い濃ルビー。少しチョコレートぽい香味、リキュールぽさあり。濃いワインだが、酒質は比較的さらっとしている。

3) 2011 Faugeres Rouge Chateau des Peyregrandes Cuvee Charlotte / Domaine Benezech-Boudal (2015/6/2-3飲)
Syrah 主体にGrenache, Mourvedreの赤のキュヴェ。赤みの強い濃ルビー。2番ほどではないが、なかなか濃厚でブドウの糖度が高い味わい。ただ、酒質はそれほど重くなく、飲み口がよいのは共通。
以上

| | TrackBack (0)

05/27/2015

Ludovic Engelvin

ラヴニールが輸入したNimes西方のVic-Le-Fesqの生産者。Pic Saint Loupよりも東側の地区になる(県もHeraultではなくGard)。つくっているのはPierre Paul Jacquesという若手。最近4本飲んだので整理してみた。柔らかいつくりの自然派系だが、それほど過激ではなく、興味が持てた。ほとんど売っているショップがないのが残念だが、また飲んでみたい。

1) 2013 Vin de France Blanc Cuvee Espontaneo (Blanc de Noirs) / Domaine Ludovic Engelvin (2015/3/27飲)
山利喜で飲んだもの。Grenache Noirによるブラン・ド・ノワール。それほど太くなく涼しいニュアンスもある白。これが印象的だったため、ネットで捜して以下の3本を購入。

2) 2013 Vin de France Rose Cuvee The Radiant / Domaine Ludovic Engelvin (2015/4/17飲)
Mourvedre 80%, Grenache Noir 20%によるロゼ。薄紅色の混じるオレンジ色。柔らかくジューシーなつくりで非常に快適に飲めた。ロゼとしては珍しくワカメ状のオリあり。

3) 2013 Vin de France Rouge Cuvee Cru-Elles / Domaine Ludovic Engelvin (2015/4/18飲)
Grenache Noir 60%, Mourvedre 40%によるスタンダードな赤のキュヴェ。赤みの強い濃ルビー。非常に柔らかいつくりで、濃いのだが、涼しいニュアンスもあってスムーズに飲める。ものすごい固まり状のオリあり。

4) 2013 Vin de France Rouge Cuvee Aphrodite / Domaine Ludovic Engelvin (2015/4/19飲)
2種類あるGrenache Noirの上級キュヴェの一つ(価格は約10000円なので手を出すのに躊躇した)。ラベルはMunchの叫びの絵のような不気味な絵柄。色合いは3番よりもうすく、中くらいのルビー。濃厚系ではなく、上澄みをすくいとったようなPrieure Roch系のワイン。少しヴィニールぽさあり。なかなか旨いが、価格的にはリピートしずらい。
以上

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/14/2015

La Jasse Castel (Pascale Riviere)

気に入っているMontpeyrouxの女性生産者。最近2本飲んだので整理してみた。なお品種構成は、生産者のサイトから引用したが、以前記載した比率とは若干異なっている。昨年以前に飲んだものは、それぞれの項を参照。濃いだけではないしなやかなワインをつくっており、非常に好みのつくりである。蒸留酒も非常に良かった。赤ワインは5種類輸入されて全て飲んでいる。他に白2種(El Abanico, L’Egrisee)、ロゼ1種(Tutti Frutti)をつくっているが、日本にはまだ輸入されていないようで残念だ。

1) 2012 Languedoc Montpeyroux Rouge Cuvee La Pimpanela / Domaine La Jasse Castel (Pascale Riviere) (2015/3/30-31飲)
一番スタンダードなキュヴェで、3年前に2009年(4番)を飲んでいる。Grenache 40%, Syrah 30%, Cinsault 10%, Carignan 10%。濃厚なルビー。濃いワインなのだが、しなやかで旨み十分。このスタンダードで十分に満足。

2) 2012 Languedoc Montpeyroux Rouge Cuvee Bleu Velours / Domaine La Jasse Castel (Pascale Riviere) (2015/3/14飲)
これは初めて入荷したSyrah 40%, Carignan 35%, Cinsault & Grenache 25%の上級キュヴェ。濃厚な赤み強いルビー。これはやや濃度が勝ってデリケートさに欠けるところがあって、期待値までもう一つ。

3) 2000 Coteaux du Languedoc Montpeyroux Rouge Cuvee Font du Griffe / Domaine La Jasse Castel (Pascale Riviere) (2013/1/27飲)
バック・ヴィンテージで、現在はつくっていないキュヴェ(名称を変えたのかも)。

4) 2009 Coteaux du Languedoc Montpeyroux Rouge Cuvee La Pimpanela / Domaine La Jasse Castel (Pascale Riviere) (2012/5/19飲)
1番と同じキュヴェ。Grenache 40%, Syrah 30%, Cinsault 10%, Carignan 10%。

5) 2008 Coteaux du Languedoc Terrasses du Larzac Rouge Cuvee Les Combariolles / Domaine La Jasse Castel (Pascale Riviere) (2012/1/14飲)
Grenache 70%, Syrah 20%, Carignan 10%の上級キュヴェ。

6) 2008 Coteaux du Languedoc Terrasses du Larzac Rouge Cuvee La Jasse / Domaine La Jasse Castel (Pascale Riviere) (2011/12/2-3飲)
Syrah 70%, Grenache 20%, Carignan 10%のキュヴェ。

7) NV Eau de Vie de Marc de Grenache / Domaine La Jasse Castel (distille par Matthieu Frecon) (2011/11/27-2012/3/16飲)
最後は蒸留酒。500ml。Alc.45%。これは非常に旨かった。
以上

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/10/2015

Jean-Philippe Padie

Roussillon(Domaine Gaubyと同じCalce)の若手生産者。ラシーヌが輸入。赤・白数種類のワインをリリースしているが、2本飲んでみた(あまり売っていないのだが)。全体的な印象は柔らかくさらっとしたつくりで、自然派ニュアンスなし。樽のニュアンスは感じないが、素朴なつくりではない。赤白ともに今一つ好みからははずれている感じ。

1) 2012 Vin de France Rouge Cuvee Calice / Domaine Jean-Philippe Padie (2015/3/7-8飲)
Carignan 100%の赤。赤みの強いルビー。思ったよりもさらっとした酒質。南仏としては涼しいニュアンスのあるワイン。凝縮感はそれほどでもない。

2) 2011 Cotes Catalanes IGP Blanc Fleur de Cailloux / Domaine Jean-Philippe Padie (2015/3/15-16飲)
Grenache Blanc 40%, Grenache Gris 20%, Maccabeu 40%の白。ややうすい黄。飲み口はさらっとしているが、糖度は高いニュアンス。桃系のフルーツ香が少しくどく感じる瞬間もある(あまり桃が好きでないので)。酸のトーンは思ったよりも高め。あまり好みのタイプではない。
以上

| | Comments (0) | TrackBack (0)

04/09/2015

Chateau des Hospitaliers

ラ・ヴィネが輸入したMontpellierの北東のSaint Christolのドメーヌ。ラングドックとしては、北東部に位置する。全体的には素朴な感じのラングドックらしいワイン。濃厚、モダン系ではなく、さらっとしたつくり。私の好きなMas JullienClos MarieLa Jasse Castelあたりと比較してしまうと、かなり素朴に感じるが、きらいなつくりではない。

1) 2009 Languedoc St Christol Rouge Cuvee Reserve / Chateau des Hospitaliers (Domaine Martin-Pierrat) (2015/3/8-9飲)
品種はSyrah, Grenache, Carignan, Mourvedreの赤。赤みが比較的強め。思ったよりもさらっとした軽快なつくりだが、少しジャミーなところもあり。あまり高級感はなく、素朴なワイン。

2) 2010 Coteaux du Languedoc Blanc Cuvee Reserve / Chateau des Hospitaliers (Domaine Martin-Pierrat) (2015/3/18飲)
品種はRoussanne, Rolle, Grenache Blancから成る白。色合いは中くらいの黄色。南仏らしいアロマティックな香味ははっきりあるが、酒質は赤同様に重たくない。酸味も思ったよりもシャープ。

3) 2012 Languedoc St Christol Rose Cuvee Prestige / Chateau des Hospitaliers (Domaine Martin-Pierrat) (2015/3/23-25飲)
品種はSyrah, Grenache, Mourvedreのロゼ。うすい紅色。少し赤ワイン的なタンニンもあるが、グラッシーな白ワイン的なところも持っている。このワインも赤白同様にさらっとした軽快な酒質。フローラルな香味は飲んでいて楽しくなる。
以上

| | Comments (0) | TrackBack (0)