« 2019年に飲んだBordeaux | Main | 2019/1-3に飲んだ泡物 »

03/18/2020

Monopole 47(2019年1月~12月)

1) 2016 Bourgogne Cras Blanc, Coteaux de Dijon / Domaine de la Cras (Marc Soyard)(2019/2/4-6飲)
Dijonの西側のPlombieres Les Dijonの生産者。Dijon周辺はこの他にもモノポールが幾つかある。この畑には赤もあるのだが、今回は出遅れて買えなかった。ややうすい黄。細身で酸は強め。後口にカリンのような果実味。岩清水のような清らかな酒質。赤もぜひ飲んでみたくなった。

2) 2016 Bourgogne Hautes Cotes de Nuits La Poirelotte Blanc / Domaine Laurent Roumier(2019/3/16飲)
Chambolle-Musignyの生産者。Chambolle-Musignyの村から斜面を上がったところにある畑。過去に2000年と2002年の赤を飲んでいるが、最近、白もリリースされた。うすい黄。酸強め。赤と同じで派手さ、すごさはないが、手堅く旨い。

3) 2016 Monthelie Rouge Chateau de Dracy / Chateau de Dracy (Baron de Charette, Albert Bichot)(2019/8/20飲)
Beauneの生産者。ラベルにモノポールの表記があるが、どの畑なのか不明。暗いトーンのルビー。酸強め。濃度は中くらい。

4) 2017 Bourgogne Cras Rouge, Coteaux de Dijon / Domaine de la Cras (Marc Soyard)(2019/10/5飲)
1番の赤をようやく入手。これはワイン会に出した。価格は6000円ちょっとする。中くらいのルビー。うす味ではないが、透明感のある味わいで好感が持てる。

5) 2017 VdF Chemin des Moines de Vergy Rouge / Domaine Gros Frere et Soeur(2019/10/21-22飲)
Vosne-Romaneeの著名生産者。これは、初リリースのワインで、実質Bourgogne Hautes Cotes de Nuitsの畑であるが、AOCの認定範囲からはずれているためにVin de Franceになっている。ただし、価格は8000円近くする。色合いはやや濃いめ。酸は強め。まだけっこう硬い。凝縮感はしっかりあるが、涼しいニュアンスもある。

6) 2016 Rully en Bas de Vauvry Blanc / Domaine Jean-Baptist Ponsot(2019/11/7-8飲)
初めて飲むRullyの生産者。テリの強いゴールド。いかにもCote Chalonnaiseといった感じの白

7) 2014 Chablis Clos Beru Sans Soufre / Chateau de Beru(2019/12/30-31飲)
1500ml。マグナムのみの限定ワイン。Chablisのエリアの東のはずれのBeruの生産者。ノーマルのClos Beruは2007年を飲んでいる。中くらいの黄色。酸強く、まだ硬め。緻密な味わい。Sans Soufreかといわれてもよくわからなかった。
以上

|

« 2019年に飲んだBordeaux | Main | 2019/1-3に飲んだ泡物 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 2019年に飲んだBordeaux | Main | 2019/1-3に飲んだ泡物 »