« 2018に飲んだBourgogneの白ワイン | Main | Chartogne-Tailletまとめ飲み »

05/22/2019

Marguet Pere et Fils

特級Ambonnay のNM生産者のまとめ飲み。いずれもデリケートなつくりでヴィンテージのわりに熟成感がある。熟成ニュアンスが前に出て、品種の特徴がマスクされているように思う。価格からすると微妙な感じ。Chartogne-Tailletもそうなのだが、ここ数年の流行りのスタイルなのだろうか。これで、Marguetの手持ちは2006 Sapience のみとなったが、これはどうだろうか。

1) 2010 Champagne Grand Cru Le Mesnil sur Oger Extra Brut / Marguet Pere et Fils (Benoit Marguet) (2018/2/12飲)
Ch100%。熟成感のあるゴールド。かなりドライに感じる。ヴィンテージのわりに熟成感は強めに感じる。

2) 2011 Champagne Grand Cru Ambonnay Extra Brut La Grande Ruelle / Marguet Pere et Fils (Benoit Marguet) (2018/2/22飲)
PN 100%。やや濃いゴールド。酸やや強め。これも熟成感が結構あり。

3) 2011 Champagne Grand Cru Ambonnay Brut Nature Le Parc / Marguet Pere et Fils (Benoit Marguet) (2018/2/23飲)
Ch 100%。中くらいのゴールド。酸やや強め。これも思ったより熟成感あり。

4) 2010 Champagne Grand Cru Ambonnay Extra Brut Les Bermonts / Marguet Pere et Fils (Benoit Marguet) (2018/2/24飲)
Ch 100%。中くらいのゴールド。これも熟成感が結構ある。重たい系のブラン・ド・ブラン。

5) 2009 Champagne Grand Cru Ambonnay Extra Brut Les Crayeres / Marguet Pere et Fils (Benoit Marguet) (2018/2/24飲)
Ch 62%, PN 38%。中くらいのゴールド。これは白ブドウ、黒ブドウの混醸だが、やはり熟成ニュアンスがかなりある。
以上

|

« 2018に飲んだBourgogneの白ワイン | Main | Chartogne-Tailletまとめ飲み »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 2018に飲んだBourgogneの白ワイン | Main | Chartogne-Tailletまとめ飲み »