« 最近飲んだJean-Louis Chave | Main | 最近飲んだMarcouxのChateauneuf-du-Pape »

05/14/2019

2018年に飲んだ南部ローヌのワイン

2018年に飲んだ南部ローヌのワインは15本。Domaine Marcouxは別途参照。

1) 2014 Vinsobres Rouge Cuvee La Papesse / Domaine Gramenon (Aubery-Laurent) (2018/2/21-22飲)
ローヌ川左岸のMontbrison-sur-Lezの生産者。紫色の混じる濃いルビー。気になるビオ的な酸はなく、快適に飲めた。見た目よりもさっぱり感あり。

2) 2004 Cotes-du-Rhone Cuvee A.Pascal S. / Domaine Gramenon (Michele Aubery-Laurent) (2018/3/11飲)
銀座のRempartsで飲んだもの。1番に同じ。非常によい熟成感。状態よく、若々しい。1本じっくり飲むことができた。思ったよりも陽性ではなく、少し内向的な感じだった。

3) 2016 Vin de France Rouge Cuvee Ceps Centenaires La Meme / Domaine Gramenon (Aubery-Laurent) (2018/3/20飲)
1番に同じ。赤みの強い濃ルビー。濃厚だが、しなやかな酒質。赤い果実の風味にあふれている。若いが、今飲んで十分おいしい。

4) 1998 Chateauneuf-du-Pape Cuvee Centenaire / Les Cailloux (Lucien & Andre Brunel) (2018/9/19飲)
Chateauneuf-du-Papeの生産者。品種はGr 80%, Sy 10%, Mv 10%。濃いルビー。色合いからはあまり熟成感はみえないが、味わいには熟成感出ている。干しブドウ的な過熟ニュアンス強い。酒質は柔らかい。

5) 2000 Chateauneuf-du-Pape Rouge / Chateau de Beaucastel (2018/9/20飲)
Courthezonの生産者。少し熟成感のある濃いルビー。味わいにもChateauneuf-du-Papeらしい少しワイルドな風味がかなり出ている。1本しっかりと飲めた。

6) 1995 Chateauneuf-du-Pape Pignan Reserve Rouge / Chateau Rayas (2018/9/20飲)
Chateauneuf-du-Papeの生産者。熟成感の出た濃いルビー。熟成してかなりこなれている。ボーカステルに比べるとワイルドな香味はあまりない。果実味はもう落ち気味。もう少し早く飲んだ方が楽しめたと思う。

7) 2001 Chateauneuf-du-Pape Cuvee Reserve des Deux Freres / Domaine Pierre Usseglio & Fils (2018/9/21飲)
Chateauneuf-du-Papeの生産者。非常に濃厚でまだタニック。とはいえ酒質は柔らかく、今でも十分においしく飲める。今まで飲んだChateauneuf-du-Papeの中でも最も濃厚かもしれない(Pegauの上級キュヴェと双璧)。

8) 1999 Chateauneuf-du-Pape Reserve / Le Clos du Caillou (Vacheron-Pouizin) (2018/9/27飲)
Courthezonの生産者。赤みの強い濃ルビー。色合い、味わいともに熟成して、十分こなれている。今、飲み頃で非常に旨い。ただし、これ以上引っ張らない方がよいと思う。

9) 2000 Chateauneuf-du-Pape Reserve / Le Clos du Caillou (Vacheron-Pouizin) (2018/10/6飲)
8番に同じ。赤みの強い濃ルビー。あまりワイルドな熟成香味は出ていないが、かなりこなれている。1999よりも上品に整った味わい。

10) 2005 Chateauneuf-du-Pape Cuvee Pure / Domaine La Barroche (Christian et Julien Barrot) (2018/10/7飲)
Chateauneuf-du-Papeの生産者。Grenache 100%。赤みの強い濃ルビー。思ったよりも上品なつくり。非常に凝縮した味わいで、印象的。

11) 1998 Chateauneuf-du-Pape Reserve / Le Clos du Caillou (Vacheron-Pouizin) (2018/10/8飲)
8番に同じ。2000よりも熟成感が出ている。十分こなれてしなやかなワイン。今、十分飲み頃。

12) 1998 Chateauneuf-du-Pape Cuvee Centenaire / Les Cailloux (Lucien & Andre Brunel) (2018/10/16飲)
4番に同じ。1998はこれが2本目。赤みの強い濃ルビー。酒質はしなやか。Chateauneuf-du-Papeらしいワイルドな熟成風味が出ている。今が飲み頃で十分楽しめた。

13) 2000 Chateauneuf-du-Pape Cuvee Centenaire / Les Cailloux (Lucien & Andre Brunel) (2018/10/21飲)
4番に同じ。品種はGrenache 80%, Syrah 8%, Mourvedre 12%。かなりこなれてきており、今、飲み頃。凝縮感は十分。

14) 2003 Chateauneuf-du-Pape Reserve / Chateau Rayas (2018/11/19飲)
6番に同じ。それなりに熟成して十分柔らかさが出ている。Grenacheの真っ赤な太陽のような果実味が全開。

15) 2010 Chateauneuf-du-Pape Saint-Georges / Domaine Galevan (2018/11/27-28飲)
Courthezonの生産者。Grenache 100%。非常に濃いルビー。飲み口はスムーズ。Grenache
のワイルドな風味が強烈。
以上

|

« 最近飲んだJean-Louis Chave | Main | 最近飲んだMarcouxのChateauneuf-du-Pape »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« 最近飲んだJean-Louis Chave | Main | 最近飲んだMarcouxのChateauneuf-du-Pape »