« Chartogne-Tailletまとめ飲み | Main | 2018に飲んだBourgogneの赤ワイン(2018/7~12) »

05/24/2019

2018に飲んだBourgogneの赤ワイン(2018/1~6)

個別に書いているもの、モノポールは別途記載。

1) 2005 Morey-Saint-Denis 1er Cru Clos Sorbes Vieilles Vignes / Domaine Jacky Truchot-Martin (2018/2/12飲)
Morey Saint-Denisの生産者。この生産者としては比較的濃いルビー。少し熟成している。あまりトルショーらしくはない年だが、凝縮感と旨みは十分ある。もっと熟成させるよりも、今、飲んでたぶん正解なのではないだろうか。

2) 2009 VdP de la Haute-Marne Pinot Noir / Le Muid Montsaugeonnais (2018/2/26飲)
Dijonの北東に40kmほど離れたVaux-Sous-Aubignyの生産者。2002を2004/7に飲んだことがある。今回、同時に白(Ch)も飲んでいる。中くらいのルビー。酸がはっきりした細身のピノ。少しバック・ヴィンテージのため、熟成感が出ている。全体的なつくりはしっかりしており価格相応。

3) 2012 Chassagne-Montrachet 1er Cru Clos de la Boudriotte Rouge / Domaine Bachelet-Ramonet Pere et Fils (2018/2/28飲)
Chassagne-Montrachetの生産者。Ramonetもリリースしている赤の畑。色合い、味わいともに少し熟成してきている。重くはないが、思ったよりもタニック。線は細め。期待値を下回る。

4) 2003 Chambolle-Musigny / Domaine G.Roumier (2018/3/24飲)
375ml。Chambolle-Musignyの生産者。熟成感はまだわずか。2003らしい濃厚さがある。だが、ルーミエらしくないというか、通常年のワインとはスタイルが違っていて、違和感を覚える。

5) 1999 Echezeaux / Domaine Daniel Bocquenet (2018/3/24飲)
NSGの生産者。色合いに少し熟成感出ている。まだ少しタニック。華やかな香りはそれほど出ていないが、ワイン自体はしっかりしており、それなりに楽しめた。

6) 2002 Bourgogne Hautes-Cotes de Nuits Vieilles Vignes / Domaine Olivier Jouan (2018/3/31飲)
1500ml。Morey Saint-Denisの生産者。ある程度熟成して、こなれてきている。ボトル上部は少し軽めに感じたが、後半は凝縮感が出てきた。

7) 2002 Echezeaux / Domaine Daniel Bocquenet (2018/4/21飲)
NSGの生産者。4番に続き、2002。少し熟成ニュアンス出ている。思ったよりも香味が地味で、華やかさがなくもう一つ。

8) 2009 Morey Saint-Denis / Domaine Dujac (2018/4/21-22飲)
Morey Saint-Denisの生産者。まだ少し堅さが残るが、しなやかな伸びのあるワイン。まずまず旨い。

9) 2002 Vosne-Romanee Les Raviolles / J.Crotet (G.F.A.Genevrays, Emmanuel Rouget) (2018/6/8飲)
所在地はSavigny-Les-Beaune。中くらいのルビー。酸はしっかりめ。するすると飲める。若干甘いニュアンスあり。

10) 2001 Chambertin / Domaine Trapet Pere et Fils (Jean et Jean-Louis Trapet) (2018/6/9飲)
目黒の鳥かどでの持寄り会で飲んだもの。Gevrey-Chambertinの生産者。赤系の果実味が豊か。球体的なふくらみのある味わい。今飲み頃。非常によかった。

11) 2007 Morey Saint-Denis / Domaine Dujac (2018/6/12飲)
8番に続き、2007。中くらいのルビー。2009に比べると、既に熟成感出ている。香味はあまり立っていないが、しなやかな酒質でグラスが進む。今、飲んでなかなか旨い。

12) 2002 Gevrey-Chambertin Les Evocelles / Domaine Bernard Dugat-Py (2018/6/12飲)
Gevrey-Chambertinの生産者。濃いルビー。色、味わいともに、少し熟成ニュアンス出ている。樹液系の濃いつくり。グラスがあまり進まない。大量のオリ。

13) 2008 Morey Saint-Denis / Domaine Dujac (2018/6/18飲)
11番に続き、2008。中くらいのルビー。2007ほどではないが、少し熟成している。酸がしっかりしており、村名としては満足いく味わい。ワインの傾向としては2007に似ている。
以上

|

« Chartogne-Tailletまとめ飲み | Main | 2018に飲んだBourgogneの赤ワイン(2018/7~12) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




« Chartogne-Tailletまとめ飲み | Main | 2018に飲んだBourgogneの赤ワイン(2018/7~12) »