« 2018年に飲んだBordeaux | Main | 2018年に飲んだZinfandel »

03/07/2019

2018に飲んだカリフォルニアワイン

ジンファンデル、ロゼは別途記載。

 

1) 1997 Les Pavots, Knights Valley / Peter Michael Winery (2018/1/13-14飲)
Calistogaの生産者。CS79%, M12%,CF9%。Y君にアメリカで買ってもらったワイン。濃いルビー。熟成感はそこそこに出ている。個人的には濃厚すぎで重たく、期待値を下回った。

 

2) 2014 Syrah Clary Ranch, Sonoma Coast / Arnot-Roberts (2018/4/14飲)
初めて飲むソノマのHealdsburgのワイナリー。結構いい値段のするSyrah。赤みの強い濃ルビー。柔らかい酒質。北ローヌのシラーよりは温かみを感じる。上品なつくりだが、凝縮感はかなりのもの。

 

3) 2015 Syrah Donna's, Santa Rita Hills / Melville Winery (2018/5/13飲)
Santa Maria南方のLompocの生産者。Syrahは今回初めて飲んだ。赤みの強いルビー。色、味わいともにパワフル系ではなく、酸が前に出て、デリケート。ブラインドだったら、北ローヌといってしまいそう。

 

4) 2016 Albarino, Sierra Foothills / La Clarine Farm (2018/6/22-23飲)
Sacramento東方のSomersetのワイナリー。ややうすい黄。酸強めだが、芳醇な味わい。ビオ風味ない。

 

5) 2010 Coeur A Coeur, Knights Valley / Peter Michael Winery (2018/7/4飲)
1番に同じ。品種はSauvignon Blanc 50% & Semillon 50%。レアな白で20000円近い価格。色合いはゴールド。思ったよりは粘性、濃厚さはそれほどでもないが、それでも凝縮感はかなりのもの。少しバック・ヴィンテージのため、熟成感が出ている。個性的で、他に似ているワインが思い浮かばない。

 

6) 2015 Nero d'Avola, Mendocino / Broc Cellars (2018/7/29飲)
色々な地域、品種による買いブドウからワインをつくるBerkeleyのワイナリー。赤みの強い濃ルビー。少しビオ系の酸。酒質はしなやかだが、Nero d'Avolaらしい口の中にへばりつくようなタンニン。

 

7) 2016 Trousseau, Solano County, Green Valley / Broc Cellars (2018/12/17-18飲)
6番に同じ。これで10本目のBroc Cellars。薄紅色で赤ワインというよりもロゼ。非常にドライ。酸はビオ系。

 

8) 2015 Tempranillo, Sierra Foothills / La Clarine Farm (2018/12/19飲)
4番に同じ。濃いルビー。酒質はさらっとしているが、少し粉っぽい。単調で愛想がないワイン。
以上

 

|

« 2018年に飲んだBordeaux | Main | 2018年に飲んだZinfandel »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2018に飲んだカリフォルニアワイン:

« 2018年に飲んだBordeaux | Main | 2018年に飲んだZinfandel »