« 2017に飲んだProvenceのワイン | Main | Mas Jullien その2 »

02/26/2019

2017に飲んだLanguedoc-Roussillonのワイン

ロゼとMas Jullienは別途記載。

1) 2015 VdT Francais Rouge Cuvee 5 So Simple / J.F.Coutelou (2017/3/13飲)
Beziers北方のPuimissionの生産者。過去に6本飲んでいる。品種はCinsault 100%。あまり濃くない赤紫色。少しビニールぽい香味あり。酸味はしっかり、酒質は軽めでスムーズに飲める。

2) 2003 Faugeres Reserve Cuvee La Maison Janne Rouge / J.M. & V. Alquier (2017/6/3飲)
Faugeresの生産者。品種はGrenache主体。赤みの強いルビー。バック・ヴィンテージでけっこう熟成感あり。少しリキュールぽい香味あり。

3) 2010 Clairette de Bellegarde / Domaine Terres des Chardons (2017/4/28-29飲)
Bellegardeの生産者。2007年に次いで2回目。テリの強いゴールド。少しバック・ヴィンテージのため、若干熟成感あり。比較的ドライ。後口が少しほろ苦い。

4) 2012 Pays d'Herault Blanc Cuvee El Abanico / Domaine La Jasse Castel (Pascale Riviere) (2017/5/13飲)
MontpeyrouxとAnianeの間にあるSaint-Jean-de-Fosの生産者。ラングドックでも最も好きな生産者の一人。この人の白は初めて飲む。品種はGrenache Blanc, Carignan Blanc, Roussanne, Ch, CB, Petit Manseng。くっきりした色合いの黄。少しまったり感もあるが、酸は強め。まずまずよいが、Mas Jullienの白ほどではなかった。

5) 2014 Vin de France Cuvee L'Anglore aux Foulards Rouges (Vin Anticonformiste) / Les Foulards Rouges (2017/5/21飲)
1500ml。スペインとの国境に近いMontesquieu des Alberesの生産者。マグナムのみリリースのL'Angloreとのコラボレーション・キュヴェ。ワインはLes Foulards Rougesの方でつくっている。2011に次いで2回目。ラベルはL'AngloreのトカゲとLes Foulards Rougesの赤色(スカーフなのかどうかはわからない)が配置された印象的なもの。赤みの強いルビー。味わいは軽快にすいすいと飲めてしまう。

6) 2012 Faugeres Les Premieres Rouge / J.M. & V.E. Alquier (2017/6/3飲)
2番に同じ。品種はGrenache、Syrah、Mourvedreが1/3ずつ。赤みの強い濃ルビー。濃厚だが柔らかい酒質。典型的なラングドックの風味。

7) 1998 Coteaux du Languedoc Clos des Cistes / Domaine Peyre Rose (Marlene Soria) (2017/6/11-12飲)
1500ml。MontpellierとBeziersの中間付近にあるSaint Pargoireの生産者。品種はSyrah 85%, Grenache 15%。それなりに熟成してやや細身になってきているが、マグナムのため非常に若々しさもある。旨みたっぷりで非常に快適に飲めた。

8) 2012 Languedoc La Clape Rouge Cuvee Grand Vin / Chateau d'Angles (Famille E. Fabre) (2017/7/2飲)
Beziers南方の地中海に面したSaint-Pierre La Merの生産者。品種はMourvedre, Syrah, Grenache。赤みの強い不透明なルビー。色の濃さに比して、酒質はしなやか。酸は強め。

9) 2015 Languedoc La Clape Blanc Cuvee Classique / Chateau d'Angles (Famille E. Fabre) (2017/7/2-3飲)
8番の生産者の白。品種はBourboulenc 50%, GB 40%, Roussanne 10%。ややうすい黄。トロピカルな香味と少しまったり感があある。

10) 2013 Corbieres Rouge Les Cabrioles / Domaine des 2 Anne (Magali et Dominique Terrier) (2017/8/29飲)
Peyriac de Merの生産者。飲むのは2回目。品種はMourvedre 80%, Carignan 20%。少し紫色が残る赤みの強い濃ルビー。収れん性が強く、タニック。酒質はしなやかだが、少し粉っぽいところがある。

11) 2007 Coteaux du Languedoc Rouge / Mas Lumen (Pascal Perret) (2017/10/6-7飲)
内陸部のGabianの生産者。これが5種類目。品種はSyrah, Carignan , Grenache, Cinsault。赤みの強い濃ルビー。バック・ヴィンテージなので、それなりの熟成感が出ている。酒質は柔らかい。ラングドックらしい品種の個性が混ざり合った味わい。

12) 2014 Faugeres Blanc Cabretta / Mas d'Alezon (Catherine Roque) (2017/10/16飲)
Faugeresの生産者。品種はGrenache Blanc, Roussanne, Clairette, Grenache Gris。ややうすい黄。微発泡あり。酸が強めで細身。ビオ系で少し神経質。Mas Jullienの白あたりとはタイプが異なる。

13) 2015 Collioure Rouge Cuvee Cauco Illiberis / Cave L'Etoile (2017/11/28-29飲)
初めて飲むBanyuls-sur-Merの生産者。品種はGrenache Noir 85%, Grenache Gris 15%。赤みの強い濃ルビー。色合いに比して、細身でクールなニュアンスの出たワイン。

14) NV Muscat de Mireval (Vin Doux Naturel) / Moulin de Gassac (2017/12/10-12飲)
Mas de Daumas Gassacのネゴシアン部門(所在地はAniane)。これは単独のAOCワインだが、初めて飲む。Languedocの甘口では、Muscat de FrontignanとMuscat de Lunelがまだ飲んだことがない(日本で売っていないため)。うすめの黄。甘みは軽め。アルコール度数15.5%もあるようには感じないソフトな甘口。

15) 2005 Coteaux du Languedoc Pic Saint Loup Cuvee Que Sera Sera / Mas de Morties (Duchemin-Jorcin) (2017/12/27飲)
銀座のRempartsで飲んだもの。St-Jean-de-Cucullesの生産者。2012/6に次いで2回目。品種はSyrah 75%, Grenache 25%。じっくりと飲めるワイン。ラングドックらしさがよく出たワインで非常に旨い。そこそこい熟成しているが、今、飲み頃でかなり柔らかさが出ている。
以上

|

« 2017に飲んだProvenceのワイン | Main | Mas Jullien その2 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2017に飲んだLanguedoc-Roussillonのワイン:

« 2017に飲んだProvenceのワイン | Main | Mas Jullien その2 »