« Domaine Gauby その2 | Main | 2017に飲んだBourgogneの白ワイン »

01/25/2019

2017に飲んだBourgogneの赤ワイン

個別に書いているもの、1月分、モノポールは別途記載。

1) 2014 Savigny-Les-Beaune 1er Cru Les Serpentieres Rouge / Domaine Michel & Joanna Ecard (2017/2/8-9飲)
Savigny-Les-Beauneの生産者。まだ若々しく紫色少し残る。酸は強めで細身だが、好感が持てるつくり。

2) 2010 Savigny-Les-Beaune 1er Cru Aux Clous Rouge Cuvee Bio / Domaine Louis Chenu Pere & Filles (2017/2/25飲)
Savigny-Les-Beauneの生産者。あまり濃くないルビー。柔らかいが、思ったよりもタンニンがあり、2012の方がよかった。

3) 2005 Morey-Saint-Denis Vieilles Vignes / Domaine Jacky Truchot-Martin (2017/2/26飲)
Morey Saint-Denisの生産者。中くらいのルビー。少し熟成感はあるが、完熟には至らず。個人的には現時点でもOK。

4) 2015 Moulin-a-Vent / Yvon Metras (2017/3/1飲)
Fleurieの生産者。少し紫色が残る赤みの強いルビー。酒質は柔らかい。もう少し待った方がよいと思うが、今飲んでもかなり旨い。果実味が豊かで、上品さもある。ただし、ボトルの後半になると、フレッシュ感が少し切れてきた感もある。

5) 2005 Morey-Saint-Denis 1er Cru Cuvee des Alouettes / Domaine Ponsot (2017/3/11飲)
Morey Saint-Denisの生産者。中くらいの美しいルビー。思ったよりもしっかりした骨格があり、2005年らしい。ただ、微妙に熟成感が出ており、飲んでいてもう一つな感じだった。

6) 2014 Bourgogne Le Chapitre Rouge / Domaine Sylvain Pataille (2017/3/18飲)
Marsannay-La-Coteの生産者。中の上くらいの濃さのルビー。テンション高く、いい村名レベルのクオリティがある。

7) 2014 Saint-Aubin 1er Cru Les Champlots Rouge / Domaine Gilles Bouton (2017/3/21-22飲)
Gamay, St Aubinの生産者。中くらいのルビー。酸は強めで線は細め。2016/11に飲んだ2014 Saint-Aubin 1er Cru En Creotよりもやや開いた感じ。

8) 2001 Gevrey-Chambertin Les Evocelles Vieilles Vignes / Domaine Bernard Dugat-Py (2017/7/27飲)
Gevrey-Chambertinの生産者。全くうんともすんともいわないというほどではないが、非常に濃厚。酸、タンニンともに強い。やや持て余し気味に飲んだ。村名だが、1級並の力がある。

9) 2006 Corton Les Marechaudes / Domaine Chandon de Briailles (2017/8/13-14飲)
Savigny-Les-Beauneの生産者。中くらいのルビー。少し熟成してきている。この生産者らしいといえばそうだが、かなりビターでそっけなく、華やかさはない。コルトンらしいミネラル感を感じる。

10) 2005 Gevrey-Chambertin / Domaine Jacky Truchot-Martin (2017/8/20飲)
3番に続きもう1本。少し淡いルビー。酸がやや強め。少し熟成感も出てきて、柔らかくなってきている。あまり濃厚感はない。トルショーらしさはあまり出ていないと思う。村名ワインとしては、何の文句もない。

11) 2002 Gevrey-Chambertin 1er Cru Les Cazetiers / Domaine Armand Rousseau Pere & Fils (2017/9/10飲)
Gevrey-Chambertinの生産者。それなりの熟成感あり。こなれた味わいで1本ゆったりと飲めた。

12) 2001 Mazy-Chambertin / Domaine Joseph Roty (2017/9/16飲)
Gevrey-Chambertinの生産者。少し茶系の熟成感が出ている。2001年らしいタンニンが残る味わいでもう一つ。特級なりの厚みはある。もうこれ以上はよくならないという印象。

13) 2008 Gevrey-Chambertin Les Evocelles Vieilles Vignes / Domaine Bernard Dugat-Py (2017/9/22飲)
8 番に続きヴィンテージ違い。酸、収れん性強い。ヴィンテージのせいか、この生産者にしては比較的近づきやすい。

14) 2005 Vougeot 1er Cru Les Petits Vougeot Vieille Vigne / Domaine Fourrier (2017/9/23飲)
Gevrey-Chambertinの生産者。まだ熟成ニュアンスがほとんど出ていない美しいルビー。濃厚過ぎないなめらかな酒質でかなり旨い。

15) 2005 Chambolle-Musigny 1er Cru Les Gruenchers Vieille Vigne / Domaine Fourrier (2017/9/24飲)
14番に続きもう1本。つくりは同様だが、こちらの方が少しパワフル。ほんの少し雑菌系の風味があったのが気になったところ。

16) 2010 Beaune 1er Cru Vignes Franches Rouge / Domaine Didier Montchovet (2017/10/23飲)
Hautes Cotes側のNantouxの生産者。この畑とBeaune 1er Cru Aux Coucherias Rougeは看板ワインで今まで計6本飲んでいる。あまり濃くないルビー。細身で酸は強め。少しタニックだが、旨み系ワイン。全体的にはまずまず旨い。

17) 2012 Savigny-Les-Beaune Vieilles Vignes Rouge Cuvee Bio / Domaine Louis Chenu Pere & Filles (2017/10/31-11/1飲)
2番に続きもう1本。中くらいのアズキ色。味わいもアズキぽい。少し熟成してきている。今一つ香気が冴えなく、神経質なところがあり。

18) 2012 Savigny-Les-Beaune 1er Cru Les Lavieres Rouge / Domaine Louis Chenu Pere & Filles (2017/11/15-16飲)
17番に続き3本目。色はうすめのルビー。味わいもうすめで物足りない。少し紅茶系の熟成ニュアンスあり。

19) 2015 Gevrey-Chambertin Clos des Chezeaux / Domaine Berthaut-Gerbet (Amelie Berthaut) (2017/11/21飲)
Fixinの生産者。美しい中くらいのルビー。香りは今一つ閉じているが、味わいはしっかり。若いが、今でも十分旨い。

20) 2005 Nuits-Saint-Georges 1er Cru Clos des Poulettes / Domaine de la Poulette (2017/11/22-23飲)
Corgoloinの生産者。ほぼモノポールという畑。暗いトーンのルビー。酸強め。味わいにも枯葉系の熟成感あり。赤い花系のブーケはしっかりあり。後半、伸びが出てきた。2005年としては細身で土臭さあり。

21) 2010 Morey Saint-Denis / Domaine Dujac (2017/12/12-13飲)
Morey Saint-Denisの生産者。中くらいのルビー。少し熟成感が出てきている。細身で香味も閉じている。Dujacらしさが出ていない。予想をはるかに超えてさえなかった。
以上

|

« Domaine Gauby その2 | Main | 2017に飲んだBourgogneの白ワイン »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2017に飲んだBourgogneの赤ワイン:

« Domaine Gauby その2 | Main | 2017に飲んだBourgogneの白ワイン »