« 旧長崎街道Walkingその1(小倉~飯塚) | Main | 長崎は今日も雨だった(長崎市内観光) »

09/20/2018

旧長崎街道Walkingその2(飯塚~弥生が丘)

この日は当初計画では、鳥栖まで歩く予定だったが、16:50頃から雨が降ってきたことにより、2駅手前のJR鹿児島本線の弥生が丘駅で打ち止めとした。代表地点の標高は、飯塚(約11m)、内野(約85m)、冷水峠(約320m)、山家(やまえ)(約50m)、原田(はるだ)(約43m)、弥生が丘(約25m)である。地形的には飯塚から南西方向に穂波川を遡っていき、冷水峠を越え、筑紫平野に下っていく。宿駅としては、内野、山家、原田の3つになる。
朝、ホテルを7:38に出て、1.5kmほど歩いて、片島1丁目の交差点からスタートした(7:54)。
Dscn2949
300mほど歩くと、本町のアーケード街に入る。
Dscn2950
Dscn2951
飯塚宿問屋場跡の標識。
Dscn2952
長崎街道飯塚宿の表示板。
Dscn2953
恵比寿石跡の案内柱。
Dscn2954
長崎街道=日本のシルクロードという表示。
Dscn2955
アーケードは約500m続く。
Dscn2956
飯塚宿の案内図。
Dscn2957
右手に曲がっていき、アーケードが終わる。
Dscn2958
穂波川を渡る。
Dscn2959
穂波支所前(旧穂波町役場)の長崎街道と石の標識。
Dscn2960
Dscn2961
筑豊本線天道(てんとう)駅の手前で県道を斜めに横切る。
Dscn2962
天道駅前を8:44に通過。
Dscn2963
県道に合流し、まもなく瑞穂菊酒造の前を通過(昨日、ホテルで飲んだ銘柄)。
Dscn2964
しばらく県道を歩いて行くが、恵比寿神社の先から、桂川(けいせん)町に入る。
Dscn2965
長崎街道は、県道が国道200号線に合流する手前で左に折れ、筑豊本線を渡る。400mほどで、瀬戸の渡しの標識がある。ここで東河内川を渡っていたが、現在は道が消滅しており、歩けないため、元の県道まで引き返す。
Dscn2966
Dscn2967
山際で国道から右に入る。
Dscn2968
国道から折れてからまもなく、(写真ではよくわからないのだが)木の上の方にシラサギが何羽もいた。道路上では一羽死んでいた。たぶんシラサギの実物を見たのは初めて。
Dscn2969
筑豊本線を渡ると、再び飯塚市に入る。国道200号線の少し西側を並行して歩いていく。
Dscn2970
国道200号線に合流し、1kmほど歩き、右手に折れる。
Dscn2971
穂波川を渡る。
Dscn2972
T字路を左折し、筑穂支所の横を通過(旧筑穂町役場)。なお、この辺から所々道路上に街道のルートを示すと思われる色ペンキの印が出てくる(ウォーキングのイベント用か?)。
Dscn2973
静かな田舎道を歩いて行く。
Dscn2974
道路中央の黄色と赤色がその表示。
Dscn2975
筑豊本線を渡り、山際を進む。
Dscn2976
静かな内野宿に入る。筑前内野駅付近が内野下町。
Dscn2977
細い川を渡ると、上町に入る(10:58)。
Dscn2978
上町には内野宿の資料館があって、おじさんに休憩を勧められたが、時間もないため、前進。
Dscn2979
内野宿のはずれ。奥が大根地神社。
Dscn2980
街道は国道200号線を斜めに横切る。
Dscn2981
国道から150mほどの地点で穂波川を渡るが、フェンスにブロックされており、引き返す。いずれにせよこのフェンスの先で旧道は消滅していると思われる。
Dscn2982
国道200号線の旧道に入り、山際を進んで行く。この旧道には全く車がいない。
Dscn2983
荒田の集落で国道の旧道から右に入る。なぜか道路に鳥居が立っていた。
Dscn2984
筑豊本線のトンネルの横を通過。
Dscn2985
小道をゆるやかに登っていく。途中から山道となる。
Dscn2986_2
首無し地蔵の標識。
Dscn2987
一里塚の標識。この辺から少し傾斜がきつくなる。
Dscn2988
冷水峠に12:02到着。大根地神社の鳥居がある。標高は約320m。長崎街道の最高点である。内野の標高が約85mなので、標高差は235m程度である。この峠から手前側は遠賀川の流域であるが、峠の向こう側は筑後川の流域である。
Dscn2989
冷水峠から振り返ってみた飯塚方面の長崎街道。
Dscn2990
冷水峠の案内板。
Dscn2991
Dscn2992
冷水峠から長崎方面の街道。ここから先は筑紫野市になる。
Dscn2993
Dscn2994
国道200号線に下り着く(左が旧長崎街道)。この道路も旧道なので、交通量は少ない。
Dscn2995
国道を下っていくが、所々に旧道が道路脇に残っている。ただし、やぶだったり、くずれかけていたりしている。
Dscn2996
300mほど残っている旧道。
Dscn2997
Dscn2998
左が旧道で小尾根を乗り越していく。初め、知らずに通り過ぎてしまった
Dscn3000
小尾根を乗り越した反対側の標識。
Dscn2999
Dscn3001
すぐ先でもう一度小さく尾根を巻く箇所がある。
Dscn3003
Dscn3004
国道に並走する道路に出て、下っていく。
Dscn3005
国道の旧道に合流する。山家三区に300mほど北側に残る旧道。この旧道の先で県道を渡った所のコンビニで昼食を軽く摂る。
Dscn3007
筑豊本線を斜めに横断すると山家宿に入る。
Dscn3008
山家郵便局。
Dscn3014
郵便局の先を右に入り、御茶屋(本陣)跡を14:06に通過。なお、山家宿では、初め郵便局の手前を右に入ってしまい、10分ちょっとタイムロスしている。
Dscn3010_2
街道は、西構口でクランクして南西方向に進む。
Dscn3011
Dscn3012
Dscn3013
薩摩街道の踏切。実はこの付近は旧道が道なりではなく、正しくたどれていなくで、再度10分ほどロスしている。
Dscn3015
旧道は少しクランクして少し北側を通っていた。
Dscn3016
Dscn3018
旧道の出口にあった標識。この標識を見てルートミスに気が付き、逆戻りした。ここから数100mほど朝倉郡筑前町を通過そ、再び筑紫野市に入る。
Dscn3019
宝満川を渡り、西鉄の筑紫駅の北側を通過する。
Dscn3020
国道3号線の高架下を通過し、700mほど歩くと、原田宿に入る(15:27)。
Dscn3022
Dscn3023
街道沿いにはこのような標識が数か所あった。
Dscn3024
Dscn3025
原田駅横を通過し、400mほど鹿児島本線の西側を歩く。
Dscn3027
鹿児島本線の下をくぐり、線路の東側に戻る。
Dscn3028
国道3号線に合流し、歩道を歩いて行く。途中の筑前(福岡県)と肥前(佐賀県)の国境にある石碑。ここから三養基郡基山町に入る。Dscn3031
Dscn3029
Dscn3030
鹿児島本線けやき台駅の階段を上がって線路の反対側に出る。丘陵地が開発されて住宅地になっている。このけやき台駅付近も旧道が消滅している。
Dscn3032
Dscn3033
旧道は国道3号線と鹿児島本線に並行して続いている。
Dscn3034
一度、鹿児島本線の東側に出る。
Dscn3035
基山駅の手前でもう一度鹿児島本線を渡る。
Dscn3036
JR基山駅前(16:24)。
Dscn3038
基山駅から南側の長崎街道。
Dscn3037
街道はくねくねと曲がりながら続く。
Dscn3039
秋光川を渡る。
Dscn3040
奥の低い丘陵の鞍部を越える。標高差は10m程度。この辺から雨が降り始める。雨のため以降の写真は撮っていない。早足で1kmほど歩いて、JR弥生が丘駅前の交差点でこの日は終了とした(16:58)。
Dscn3041
この日は前半やや暑かったが、15:00頃から低気圧が近づいてきて涼しくなった。歩行時間は9時間20分。筋肉痛はやっと回復してきたが、まだ完調ではない感じ。
JR弥生が丘駅からはJR久留米駅に出た。ホテルが西鉄久留米駅のそばなので、バスで移動した(距離が2kmほどある)。食事は駅ビルのうどん屋でちゃんぽんうどんとビールで済ました。
写真は駅ビルで買って、ホテルで飲んだ「れいざん 純米酒(山村酒造、阿蘇郡高森町)」。初めて飲んだが、味は今一つ。なお、サイズは720mlではなく、900mlという変則サイズ。
(2018/5/1(火))
Dscn3042

|

« 旧長崎街道Walkingその1(小倉~飯塚) | Main | 長崎は今日も雨だった(長崎市内観光) »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 旧長崎街道Walkingその2(飯塚~弥生が丘):

« 旧長崎街道Walkingその1(小倉~飯塚) | Main | 長崎は今日も雨だった(長崎市内観光) »