« 美濃路Walking その2-2(名古屋伝馬町通本町~金山) | Main | 伊勢本街道Walking その6(相可~二見浦) »

02/09/2018

美濃路Walking その3(須賀~名古屋伝馬町通本町)

たまたま祝前日の午後に名古屋出張があり、3日間の街道歩きができることになった。初日の11/3は、7月に暑くて途中リタイアした美濃路の残り区間である。
宿場としては、起(おこし)、萩原(はぎわら)、稲葉、清洲、名古屋である。この区間は、全て平地であり、主な川としては木曽川、庄内川を越えていく。主要地点の標高は、約2~10mの範囲である。
前日は岐阜泊まりで、朝、名鉄線に乗り、笠松駅で竹鼻線に乗り換えて、須賀駅で下車。駅の南側の踏切から歩き始める(7:28)。
Dscn2102
踏切を渡った地点からの美濃路(正面の道路)。
Dscn2103
正木町須賀本村の交差点。正面が美濃路。
Dscn2104
正木小学校前にある不破一色一里塚跡。
Dscn2105
Dscn2106
木曽川の右岸堤防に左折する箇所にある大浦(三ツ屋)の道標の説明板。なお、道標自体はどこにあるかわからなかった。
Dscn2107
美濃路は左折して、木曽川の右岸堤防に出る。右手前は大浦の道標の説明板。
Dscn2108
右岸堤防へ上がる手前にある起渡船場跡の説明板。
Dscn2109
天端道路は車が猛スピードで飛ばしていて危険なため、右岸側の高水敷を濃尾大橋まで800mほど歩いた。
Dscn2110
トラス橋の濃尾大橋を渡る。
Dscn2111
濃尾大橋の歩道部。
Dscn2112
ぱっと見、ほとんど流れがないような木曽川。
Dscn2113
左岸側からみた濃尾大橋。木曽川の左岸側は愛知県一宮市(かつての尾西市のエリア)である。
Dscn2114
左岸側の木曽川は細い中洲があって、入江状になっている。
Dscn2115
渡船場があった箇所に設けられている起(おこし)第一陸閘。
Dscn2116
川側からみた陸閘。
Dscn2117
起渡船場の説明板。
Dscn2118
起渡船場の碑と金刀比羅社。近くには立派な公衆トイレも整備されていた。
Dscn2119
Dscn2120
起渡船場の説明板(3つあった渡船場の内で、上流側の定(じょう)渡船場跡)。
Dscn2121
説明板の後ろにある常夜灯。
Dscn2122
美濃路は左岸堤防から1本内陸側を下流方向に向かい、濃尾大橋に通じる県道の下をくぐっていく。
Dscn2123
起渡船場の説明板(真ん中に位置する宮河戸(みやごうど)跡)。
Dscn2124
起六斎ばやしの説明板。
Dscn2125
宮河戸跡の石柱と大明神社。
Dscn2126
起宿本陣跡手前の美濃路。
Dscn2127
起宿本陣と問屋場跡の説明板と石柱(8:31)。
Dscn2128
Dscn2129
美濃路の東側に家1、2軒分隔てて平行する用水路(暗渠)。
Dscn2130
冨田の一里塚は、道路の両側に残っている。
Dscn2133
名古屋方面に向かって右側の一里塚。
Dscn2131
名古屋方面に向かって左側の一里塚。
Dscn2132
用水路跡(暗渠)を横断する。
Dscn2134
名神高速道路の下をくぐる。
Dscn2135
市川房枝生家跡。
Dscn2136
日光川を渡る。下流部は幾つもの支川を集めて、かなりの川幅となるのだが、このあたりではそれほど広くない。
Dscn2137
Dscn2138
萩原宿(萩原上町)に入っていく。
Dscn2139
正瑞寺前のT字路は左折する(9:12)。
Dscn2140
萩原下町に入る。
Dscn2141
萩原商店街の東端。
Dscn2142
名鉄尾西線の踏切を渡り、串作(くしつくり)の交差点で国道155線を横断する。串作交差点の先で右折して、南東方向に進む。
Dscn2143
髙木一里塚跡。
Dscn2144
Dscn2145
県道14号線の手前でクランクして、稲沢市に入る。
Dscn2146
三宅川を渡る(日光川の支流。このあたりは大きく蛇行して流れている)。
Dscn2147
稲葉宿に入る。
Dscn2148
稲沢市は、元々、稲葉と小沢の村が合併してつけられた名前である。市町村によっては、古い地名が学校や公共施設、商店名などに残っていることがよくあるが、ここについていうと、町名に稲葉と小沢が残っているのみで、ほとんど稲沢に置き換わってしまっている。
Dscn2149
美濃路の案内板。
Dscn2150
稲葉宿の真ん中付近で街道が南側に曲がっている箇所。
Dscn2151
藤市酒造の蔵元(菊鷹を2度ほど飲んでいる)。
Dscn2152
稲葉宿のはずれのT字路は右折。ここからかつての小沢村に入っていく。
Dscn2153
小沢一里塚跡。
Dscn2154
美濃路は南東方向に進んでいく。
Dscn2155
大江用水を渡る。
Dscn2156
名鉄名古屋本線を渡る。
Dscn2157
名鉄線の先で右折し、最近つくられた建物やマンションの間を南に歩いていく。手持ちの地図が最近の開発に対応していないため、そこから1本左(東側)に入る箇所がよくわからず少しうろつく。
Dscn2158
また、南東方向に斜めに進む。
Dscn2159
東西方向の道路となり、JR東海道本線を渡る(大垣街道踏切)。
Dscn2160
JR線の先を右折し、旧道の雰囲気が出た道を南向きに歩いて行く。右側の京屋伊助の発売元は自社では醸造していないそうである。
Dscn2161
美濃路公園にあった説明板。
Dscn2163
右は美濃路公園。この先から清須市に入る。
Dscn2164
JR清須駅の南東側付近の美濃路。
Dscn2165
東海道本線と新幹線の下をくぐり、清須本陣跡は通りすぎてしまった。T字路を左折して、五条川を渡る(11:52)。奥は清須城跡の公園。
Dscn2166
五条川の左岸側でY字路を左に進み、南方向に歩いて行く。
Dscn2167
西須ケ口のT字路を左折し、郵便局の先を右折する。
Dscn2168
須ケ口一里塚跡。
Dscn2169
名鉄津島線の踏切を渡る。
Dscn2170
新川の橋のたもとにあった美濃路と新川開削の案内板。
Dscn2171
Dscn2172
新川を渡る。
Dscn2173
新川橋。
Dscn2174
新川橋の商店街を抜けていく。
Dscn2175
西枇杷島に入り、美濃路一休庵前を通る。
Dscn2176
枇杷島橋の手前にある美濃路の道標。
Dscn2177
枇杷島橋で庄内川を渡る。渡った向こう側は、名古屋市西区である。
Dscn2178
庄内川下流側のJR東海道本線と新幹線の橋梁。
Dscn2179
左岸堤防を下った箇所にある美濃路のモニュメント。
Dscn2180
ここから名古屋城前の堀川まで、南東方向にまっすぐ進む。名鉄名古屋本線の下をくぐる。
Dscn2181
Dscn2182
奥の高架は、高速6号清須線。
Dscn2183
名古屋城前の堀川の手前にあった美濃路の道標。
Dscn2184
清須街道と書かれた石柱。
Dscn2185
堀川に出ると、名古屋城がみえる(まだ行ったことがないが、今回はパス)。右折して、堀川に沿って南向きに進む。
Dscn2186
高速都心環状線をくぐり抜ける。
Dscn2187
五条橋の説明板。
Dscn2188
Dscn2189
堀川に架かる五条橋。
Dscn2190
五条橋脇の案内標識。
Dscn2191
五条橋西側にある円頓寺(えんどうじ)商店街。ちなみに、今回の出張で11/2と11/5にY. Marketにて、円頓寺シャンゼリゼ (フレンチ・セゾン・スタイルのビール)を飲んだ。この商店街のイベント用につくったもののようだが、なかなか旨かった。
Dscn2192
美濃路から1本西側に並行する四間道(しけみち)も歩いてみた(区間的には約300m)。
Dscn2193
Dscn2194
四間道の説明板。
Dscn2195
一見静かにみえるが、建築基礎の工事をやっていて、非常にうるさかった。四間道の終わり付近から名古屋市中区に入る。
Dscn2196
四間道から美濃路に戻り、桜通を渡った1本先が伝馬通になる。伝馬橋の説明板。
Dscn2197
伝馬橋で堀川を渡る。
Dscn2198
Dscn2199
伝馬町通は、伏見通(国道19・22号線)に遮られるため、1本北側の交差点で伏見通を横断し、戻る。
Dscn2200
長者町繊維街の横を通る。
Dscn2201
伝馬町通本町に14:48到着。伝馬町通本町からみた西方向の美濃路。
Dscn2202
伝馬町通本町からみた南方向の美濃路。
Dscn2203
この日は7時間20分の歩行。佐屋街道の分も含めて、美濃路が完了した。美濃路は旧道が消滅している箇所はあるが、それなりに街道の風情も残っており、思ったより楽しめた。木曽川、長良川、揖斐川といった主要な川を渡っていくのも面白かった。個人的に一度も来たことがない地域が大半であったことも大きい。
この後は、まず、栄のKeg Nagoya (名古屋)でクラフトビール4種類を飲んでから、名古屋駅に出て、近鉄線で近鉄四日市へ行き、ホテルにチェックインしてから、駅近くの仲見世という居酒屋で三重県の酒3種(瀧自慢、天遊琳、田光)を飲んだ。さらに、ホテルで「天一 生酒300ml(早川酒造部(三重県川越町))」を飲んだ。
この日は天気がよく、まずまず歩きやすかった。
(2017/11/3(金・祝))


|

« 美濃路Walking その2-2(名古屋伝馬町通本町~金山) | Main | 伊勢本街道Walking その6(相可~二見浦) »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 美濃路Walking その3(須賀~名古屋伝馬町通本町):

« 美濃路Walking その2-2(名古屋伝馬町通本町~金山) | Main | 伊勢本街道Walking その6(相可~二見浦) »