« 旧成田街道Walkingその1 北千住~勝田台 | Main | 旧中山道Walking その16(加納~赤坂) »

01/31/2018

港国道Walking その1(国道154号線:名古屋港)

約20年ぶりに学会発表をした。学会会場は名古屋国際会議場。堀川沿いの貯木場跡地につくられた立派な施設である。7/13(木)が発表で、その夜は昔の同僚5名で楽しい飲み会。最終日の7/14(金)は午前中のセッションを聴講して、打ち止めとした。堀川沿いに下って、ひつまぶし発祥の店という蓬莱軒に行ったのだが、11:30で既に「1時間待ちです」といわれて、断念。室内で座って待つならともかく、このクソ暑い時期に1時間も外で時間をつぶすのは不可能である。ちなみにこの蓬莱軒は、旧東海道のすぐ脇にあり、熱田の渡船場から約200mの場所にある。旧東海道を歩いた際に、熱田に計2回(熱田~桑名、岡崎~熱田)きているのだが、そのときは知らなかった。
そこで、近くにある港国道(国道154号線)を歩くことにした。港国道とは、通称で、重要な港湾や空港と主要な国道とを結ぶ国道である。全国に15路線あり、全て距離が短いのが特徴である。このように数が少ないのと、距離が短いというのが、味噌で、退屈な国道歩きでもこれなら我慢できるということで、制覇することにした。
国道154号線は、国道1号線の白鳥橋西(名古屋市熱田区)から名古屋港(名古屋市港区)までの延長4.0kmの道路である。蓬莱軒から白鳥橋西交差点までは約600m。左折して、国道154号線に入る(11:43)。
20170714_114309
小広い道路がまっすぐに続く。交通量はそれほど多くない。
20170714_114317
このあたりは千年(ちとせ)という地名。ここから1kmほどで東海通(明治時代は国道だった)を横断する。
20170714_114533
しばらく歩いて、高速4号線、国道23号線(名四国道)の下をくぐる。
20170714_121445
国道23号線を過ぎると、少し右手に曲がっていく。
20170714_121820
築地口の交差点を左折する。
20170714_121927
国道154号線の標識は少ししかみあたらない。
20170714_122043
緑の多い歩道となってきてありがたい。
20170714_122242
名古屋船員会館前の広場。
20170714_122752
地下鉄名港線名古屋港駅に到着(12:30)。
20170714_123043
20170714_123049
国道の末端から東側をみる。建物は名古屋港湾会館。
20170714_123243
国道の反対側の地下鉄の入口。ここから名古屋駅に向かった。
この日の天候は晴れで、ワイシャツとズボン、革靴で歩いたのだが、さすがに汗まみれになった。
20170714_123315
この夜は、翌日、中山道の最後に残った区間(加納~赤坂)を歩くために岐阜泊まり。まだお昼を食べていなかったので、名古屋駅近くの山本家本店で味噌煮込みうどんを食べてから、岐阜へと向かった。
夜は、17時に行ったのにもかかわらず、居酒屋数軒に全て断られた(カウンターでも予約する人が多いようだ)。仕方なく、たまたま見つけたYell Ale Gifu(Y.Marketと系列は同じ)でクラフトビールを4種飲んで、ホテルへ向かった。ホテルでは、デパートで買った「加賀の月 満月 純米吟醸 300ml(加越(石川県小松市))」を飲んだ。
(2017/7/14(金))
20170714_201302

|

« 旧成田街道Walkingその1 北千住~勝田台 | Main | 旧中山道Walking その16(加納~赤坂) »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 港国道Walking その1(国道154号線:名古屋港):

« 旧成田街道Walkingその1 北千住~勝田台 | Main | 旧中山道Walking その16(加納~赤坂) »