« 旧奥州街道Walkingその3 鍋掛~白河 | Main | 日光御成道Walking その4(岩槻~幸手) »

09/06/2017

富士見山一等三角点(福島県白河市)

旧奥州街道の鍋掛~白河間を歩いたついでに、一等三角点の富士見山(標高437m)を訪れた。JR白河駅の北西約1.5kmにある丘陵のピークである。
白河駅の標高が約360m、登り口の標高が約350mであるので、標高差は約80~90mである。
15:24に御斉所街道との交差点を左折し、国道294号線を北に歩いて行く。東北本線の下をくぐり、800mほどで、阿武隈川を渡る。写真は田町大橋。
Dscn1113
田町大橋の手前からみた富士見山。
Dscn1112
下流方向の阿武隈川。
Dscn1114
阿武隈川を渡った先の旧奥州街道。
Dscn1115
田町大橋から50mほど歩いて、路地を右に入り、近道をする。すぐに急な登りとなる。
Dscn1116
急な登りが終わると、舗装道路に出る。少し傾斜がゆるくなり、霊園の中を歩いて行く。
Dscn1117
西のピークの南側を巻いていき、ゆるやかに登って、樹林に覆われた富士見山の頂上部に着く(15:44~54)。テレビ局の施設があり、この敷地の中に三角点があるものと思っていたが、探しても見つからない。結局、写真の門の左端にわずかにみえている藪(道路や電波施設よりも2mほど高い)の中に三角点があった。
Dscn1120
富士見山の一等三角点。
Dscn1118
Dscn1119
帰りは、もと来た道を戻り、白河駅には16:38に到着。17:07発の普通列車で実家に帰った。白河は大都市近郊区間の範囲からはずれているので、宇都宮で途中下車が可能であり、助かった(翌日、東京方面に帰るため)。帰りの列車の中では、白河のスーパーで買った吟醸生酒 自然郷(300ml、大木代吉本店(福島県矢吹町))を飲んだ。心残りは白河ラーメンが食べられなかったことである。
(2017/1/2(月・祝))
Dscn1121


|

« 旧奥州街道Walkingその3 鍋掛~白河 | Main | 日光御成道Walking その4(岩槻~幸手) »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 富士見山一等三角点(福島県白河市):

« 旧奥州街道Walkingその3 鍋掛~白河 | Main | 日光御成道Walking その4(岩槻~幸手) »