« 旧奥州街道Walkingその2 氏家~鍋掛 | Main | 旧中山道Walking その7(三留野~大井) »

05/09/2016

壬生通りWalking 小山~楡木

奥州街道を氏家から鍋掛まで歩いた翌日は、夜に東京でワイン会があるため、半日程度のウォーキングができればと考えたが、ちょうどいいコースとして壬生通りを歩くことにした。壬生通りというのは、日光街道の小山宿と日光例幣使街道の楡木宿を連絡する脇街道である。中間の宿場は、飯塚宿と壬生宿の2つである。
ルートは関東平野末端部の幾つかの河川を横断していく中で、ゆるやかな登り基調となっていて、小山が標高36m、飯塚約40m、壬生約60m、楡木105mとなっている。
宇都宮から小山までは、JR宇都宮線を使う。JR小山駅を8:38出発。喜沢分岐までの約3kmは、日光街道のルートとだぶっている。
Dscn0064
駅前を300mほど歩いたところで、旧日光街道に出る。
Dscn0065
喜沢分岐へ歩いて行く途中で、私と同じくらいのペースで歩いていく若者計2名(それぞれ単独)に出会った。街道ウォーカーかと一瞬思ったが、途中で2人とも開店前のパチンコ屋に歩いていった。パチンコ屋の先でJR両毛線の踏切を横断。ここから西側に500mほどの国道4号線沿いに小山遊園地があったが、10年ほど前に倒産して、現在は温泉施設のみ営業している。私は子供の頃、確か2回くらい行ったことがあり、TVのコマーシャルもあって、記憶に残っている。
Dscn0066
喜沢分岐を9:13通過。直進が国道4号線、右側の路地が旧日光街道、左折が壬生通り(県道)。
Dscn0067
街道は小山ゴルフ場の中を通過していく。
Dscn0068
ゴルフ場敷地内に西一里塚が残っている。
Dscn0069
西一里塚の少し先に古墳がある(ゴルフ場内)。
Dscn0070
姿川手前の県道T字路を左折。
Dscn0071
菜の花が美しい姿川。私の高校の近くを流れている川で、その下流部になる。1kmほど下流で思川(おもいがわ)に合流。
Dscn0072
姿川を渡った先でしばらく思川の左岸堤防脇を歩いて行く。
Dscn0073
飯塚宿を9:58通過。ほとんど宿場の面影は残っていない。
Dscn0074
飯塚宿の北のはずれにある飯塚一里塚。
Dscn0075
Dscn0076
飯塚一里塚のすぐ先から下野市(旧国分寺町)に入る。写真は小山方面を撮ったもの。
Dscn0077
飯塚一里塚の先を1km弱歩いた東側に下野国分寺跡、下野国分尼寺跡がある。建物の跡が復元されているが、私は今回初めて訪れた。
Dscn0079
Dscn0080
下野国分寺跡の入り口にある下野市の標識と案内板。
Dscn0081
下野国分寺跡から1kmちょっとで300mほどの区間だけ栃木市に入る。
Dscn0082
すぐに栃木市を抜けて、壬生町に入る。
Dscn0083
工業団地の横を歩いて行くが、杉並木も少し残っている。
Dscn0084
昨年、鬼怒川と並んで水害がひどかった黒川(横断箇所の1kmほど下流で思川に合流する)を横断する。
Dscn0085
東武宇都宮線の少し手前にある壬生一里塚。
Dscn0086
Dscn0087
東武宇都宮線を横断。
Dscn0088
壬生宿の南側の枡形。
Dscn0089
枡形を過ぎて宿場の中心部に入っていく。
Dscn0090
蘭学通りの幟と案内板。
Dscn0091
Dscn0092
壬生宿の本陣跡を11:18通過。宿場のイメージとしては、古河宿に少し似ている気がした。
Dscn0094
国道352号線の交差点を左折し、栃木街道バイパスの交差点のコンビニで軽食。バイパスから先は所々桜並木、杉並木が残る。
Dscn0096
北関東自動車道の下をくぐる。
Dscn0097
上稲葉小学校前の歩道橋。この県道は交通量は思ったよりも多くない。
Dscn0107
Dscn0112
稲葉の集落を過ぎて、鹿沼市に入る(旧楡木町)。
Dscn0113
左手に判官塚古墳がみえる。
Dscn0114
判官塚古墳の少し先で判官台のゆるい登り坂を越える。
Dscn0115
この付近にも少し杉並木が残る。左手は事業用地や小中学校。
Dscn0117
楡木宿の手前で東北自動車道を横断。
Dscn0119
日光例幣使街道(国道293号線)とのT字路。
Dscn0120
左が壬生通り、右が日光例幣使街道。
Dscn0121
日光例幣使街道を400mほど北上して、東武日光線楡木駅の入口を左折する。
Dscn0122
500mほど歩いて東武日光線楡木駅に13:37到着。思っていたよりも鄙びた駅(無人駅)だった。タイミングよく13:41の新栃木行に乗って、栃木駅から特急スペーシアで北千住へと向かった。
Dscn0123
壬生通りは地味な脇街道であるが、その地味な分だけ、一里塚や史跡が残っており、なかなか面白かった。天気も暑くなく、快適に歩けた。
(2016/4/10(日))

|

« 旧奥州街道Walkingその2 氏家~鍋掛 | Main | 旧中山道Walking その7(三留野~大井) »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 壬生通りWalking 小山~楡木:

« 旧奥州街道Walkingその2 氏家~鍋掛 | Main | 旧中山道Walking その7(三留野~大井) »