« 2015/10-12に飲んだ蒸留酒 | Main | Philippe Vandelle »

01/12/2016

2015年4-12月に飲んだBordeaux

2015年4月~12月に飲んだボルドー・ワインは7本と低迷。クリュ・ブルジョワは手持ちワインがなく、今年は1本も新たなワインが開拓できないか、と悶々としていたところ、12月になって立て続けに3本入手できた。その内の1本(下記7番)をとりあえず飲んだ。残り2本も新年早々に飲むつもり。4番と5番はさすが格付けシャトーのことはある(良年ということもあり)。甘口の2番、6番もよかった。

1) 2010 Chateau Lamothe Guignard, Sauternes (2015/4/23-27飲)
375ml。初めて見かけたSauternesの2級格付けシャトー。現在はChateau Lamotheとに分割されている。Semillon 90%, Sauvignon Blanc 5%, Muscadelle 5%。輝く黄金色。セルロイド系の香味。甘みは中くらい。まだ若めだが、今でも飲める。

2) 1996 Chateau Suau, Barsac (2015/10/11飲)
ワイン会で飲んだもの。これもほとんど見かけないBarsacの2級シャトー。Semillon 80%, Sauvignon Blanc 10%, Muscadelle 10%。甘みはそれほどでもないが、それなりに熟成していて、柔らかさが出ており、なかなかよかった。

3) 2014 Cap Royal Blanc, Bordeaux (Sauvignon Blanc) (2015/11/27飲)
375ml。人形町のそよいちで飲んだもの。Haut Medoc南部のBlanquefortのネゴシアンのCompagnie Médocaine des Grands Crusがリリースする銘柄。さっぱり系の白。ポーク・ソテーと一緒に食べたが、酸がやや強めに感じられて、マッチングはよくなかった。

4) 2000 Chateau Boyd-Cantenac, Margaux (2015/12/20飲)
4番と5番はまだ数本持っている2000年の格付けシャトー。Cantenac-Margauxの3級シャトー。CS67%, M20%, CF7%, PV6%。まだ若々しさのある濃ルビー。凝縮感はまずまずだが、もう一つ上品さがほしいところ。もう少し待った方がベターだろう。

5) 2000 Chateau Prieure-Lichine, Margaux (2015/12/24飲)
Cantenac-Margauxの4級シャトー。CS56%, M34%, PV10%。4番よりも艶やかさがあって、上品。凝縮感も十分で非常に旨い。まだ、少しタニックなところもあって、あと5年くらい先がベストか?

6) 1996 Chateau Nairac, Barsac (2015/10/27飲)
ワイン会で飲んだもの。Barsacの2級シャトー。Semillon 90%, Sauvignon Blanc 57%, Muscadelle 3%。色合いは茶系が入って、熟成感が出ている。柔らかく、充実して飲めた。今、飲み頃。

7) 2006 Chateau du Raux, Haut-Medoc (Cru Bourgeois) (2015/12/29飲)
Saint-Julien南部のCussac-Fort-Medocのクリュ・ブルジョワ。CS50%, M50%。最近、インターネットで偶然発見した銘柄。まだ若く生硬なところもあるが、少し熟成し始めてきている。それなりに凝縮感もあり、オーメドックとしてはまずまずだが、樽香が素朴なのと、若干甘めな感じがあるのがもう一つ。
以上

|

« 2015/10-12に飲んだ蒸留酒 | Main | Philippe Vandelle »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2015年4-12月に飲んだBordeaux:

« 2015/10-12に飲んだ蒸留酒 | Main | Philippe Vandelle »