« 2015年10~12月に飲んだRose | Main | 旧日光街道Walkingその2 日本橋~粕壁 »

01/26/2016

2015/12に飲んだワイン色々

個別に取り上げた以外に飲んだワインの2015/12月分は11本。特によかったのは順当に8番。5番、7番もよかった。

1) 2011 Vin d'Alsace Sylvaner Le Dauphin / Domaine Ernest Burn (2015/12/2-3飲)
アルザスのGueberschwihrの生産者。1995~1997のワインを過去に10本飲んでいるが、久しぶりに飲んだ。くっきりした黄色。リースリングのような芳香はない。やや甘み残るつくりで、もっとドライなつくりの方が好み。

2) 2013 Puy de Dome IGP Blanc Vin des Carriers / Domaine Sous Tournoel (Alain Gaudet) (2015/12/3-4飲)
中央フランスのVolvicの生産者。PN主体の白ワイン。中くらい黄色。非常に素朴なつくり。少しまったりした風味があり、黒ブドウ系のニュアンスは何となくわかる。

3) 2013 Madiran / Domaine Clot & Fardet (Pascal Savoret) (2015/12/5飲)
Madiranの生産者の赤。2011を一度飲んでいる。色は濃いルビー。濃厚ではあるが、酒質はしなやかで、くどさはない。CPよい1本。

4) 2013 Les Baux-de-Provence Rouge Cuvee Sans Soufre Ajoute / Mas de Gourgonniere (Nicolas Cartier) (2015/12/6飲)
これが4本目となるProvenceのMouriesの生産者。赤みの強い濃ルビー。サンスフルのキュヴェで、しなやかな酒質。後口に何となくスモーキーな風味を感じるのがやや気になった。

5) 2013 Bandol Blanc / Domaine de la Laidiere (2015/12/6-7飲)
ロゼを飲んでいるProvenceのSainte Anne d'Evenosの生産者。Clairettes, Ugni Blanc。うすい黄色。酸が思ったよりも強めで、シャキッとしたニュアンス。芳香系の香味はあまりない。まだ飲んでいない赤は、最近2000年のマグナムを購入したので近い内に飲む予定。

6) 2012 Faugeres Rouge Tradition / Veronique & Andre Balliccioni (2015/12/8-9飲)
これが3本目となるLanguedocのAutignacの生産者。Carignan, Syrah, Grenache, Cinsault。赤みの強い濃ルビー。酸はしっかりしているが、糖度高い感じで少し甘み、リキュールぽさを感じる。Cuvee Julesの方が軽快で好み。

7) 2013 Vin de France Cuvee Vejade / L'Anglore (Eric Pfiffering) (2015/12/16飲)
山利喜で飲んだもの。Mourvedre主体 のキュヴェだが、過去に2007を2本飲んでいる。ラングロール節全開で、軽快にさくさく快適に飲める。なお、この日はグラスで、2013 VdF Bourboulencという初めて飲むオレンジ系ワインの白も飲んだ。

8) 2002 Gevrey-Chambertin / Domaine Armand Rousseau Pere & Fils (2015/12/21飲)
リリース当時、特級との抱き合わせで購入したワイン。現在はこの村名ワインですら1万円を超え、瞬殺されるようになってしまった。それなりに熟成しており、飲み頃。酒質しなやかで、旨みたっぷり。

9) 2006 Volnay 1er Cru Champans / Domaine Gagnard-Delagrange (2015/12/23飲)
Chassagne-Montrachetの生産者。この生産者の赤は初めて飲む。少し熟成感がみえる中くらいのルビー。味わいも熟成感が少し出ている。酸は強め。酒質はシルキーだが、少し田舎ぽいニュアンスもあり。

10) 2012 Languedoc Terrasses du Larzac Rouge Cuvee La Jasse / Domaine La Jasse Castel (Pascale Riviere) (2015/12/23飲)
赤を飲むのは7本目となるLanguedocのMontpeyrouxの生産者。このキュヴェは2008を一度飲んでいる。品種はSy 80%, Gr 20%。赤みのある濃ルビー。北ローヌのシラーのようなトーンの高い酸はなく、ラングドックらしい滑らかな風味。現時点はややパワフルさが勝っている。

11) 2001 Dolcetto di Dogliani / San Romano (Bruno Chionetti) (2015/12/25-26飲)
Doglianiの生産者。過去に1998を2種類飲んでいるが、これは銀座屋酒店に売れ残っていたバック・ヴィンテージを最近購入したもの。赤みの強いルビー。それなりの熟成感出ている。濃厚だが、酸はしっかり。少しコゲっぽさとヨードぽい風味が特徴的。

以下2本は、行方不明だと思っていたが、11月に行ったワインの整理で見つからず、既に飲んでしまったと判断されたもの。
番外1) 1996 Cote de Nuits-Villages / Domaine Chopin-Groffier (購入日から判断して、2010年後半頃飲)
このワインはリリース直後に一度飲んでいるが、2009/9にバック・ヴィンテージを購入したもの。同時に1996 Bourgogne Rougeも購入しており、2010/6に飲んでいる。Bourgogneの方はもっと早く飲めばよかったと感じたが、このワインも記憶にないということは、あまりぱっとしなかったのであろう。

番外2) 2008 Etna Rosso Nanticchia / Pietro Caciorgna (購入日から判断して、2012年12月頃飲)
Castiglione di Siciliaの生産者。全く記憶なし。
以上

|

« 2015年10~12月に飲んだRose | Main | 旧日光街道Walkingその2 日本橋~粕壁 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2015/12に飲んだワイン色々:

« 2015年10~12月に飲んだRose | Main | 旧日光街道Walkingその2 日本橋~粕壁 »