« Champ Divin | Main | 旧中山道Walking その2(軽井沢~長久保) »

09/11/2015

2015/8に飲んだワイン色々

個別に取り上げた以外に飲んだワインの2015/8月分は13本。印象的だったのはダントツで9番。その他では、赤では3番、5番、7番、白では軽めだが6番と11番、あと12番もよかった。

1) 2013 Mercurey 1er Cru Rouge Les Croichots / Domaine Michel Sarrazin (2015/8/2飲)
ラフィネが輸入したGivryの西側のJamblesの生産者で初めて飲む。少し紫がかった中くらいのルビー。酒質は酸がしっかりしており、しなやか。少し荒々しい香味あるが、まずまず。他のキュヴェも飲んでみたい。

2) 2013 Jurancon Sec Clos de la Vierge / Domaine Barrere (2015/8/8-11飲)
初めて飲むLahourcadeの生産者。テリのあるゴールド。熟れたリンゴの風味。かすかに甘み残る。酸は強め。若いわりに少し熟成ニュアンス。個性的。

3) 2010 VdT de France Rouge Cuvee K a Part / Domaine Les Eydins (Serge Seignon) (2015/8/9-11飲)
今年5月にLuberon Rouge Cuvee Le Petitouを飲んでいるBonnieuxの生産者。これはCarignanのキュヴェ。赤みの強い濃ルビー。少しコゲっぽいスモーキーさあり。南部ローヌとしては酸がしっかりある。

4) 2013 Vin de France Cuvee La Vierge Rouge / Les Foulards Rouges & Yoyo (2015/8/11-12飲)
Les Foulards RougesがYoyoとコラボしたワイン。ワインはLes Foulards Rouges でつくっている。Grenache Gris 80%、Grenache Noir 20%の構成で、色はあまり濃くない。味わいは柔らかさある。少しキノコぽいビオ系のニュアンス。

5) 2012 Beaumes de Venise Cuvee Grangeneuve / Domaine Saint Amant (Jacques Wallut) (2015/8/14飲)
Suzetteの生産者。同キュヴェの2004を飲んだことがある。品種はGrenache 50%, Syrah 30%, Carignan 10%, Viognier 10%。赤紫の入る濃ルビー。Viognierが少し入っているせいか、南部ローヌの赤としては比較的さらっとした酒質で、涼しいニュアンスも少し。暑苦しくないワインで好感が持てる。

6) 2014 Vin de Savoie Apremont Blanc / Domaine Marc Portaz (2015/8/18-19飲)
Chapareillanの生産者。品種はJacquere。このApremontのクリュは初めて飲む。色合いはうすい黄。さわやかな酸味と果物の風味。軽快な山のワイン。こういうワインは飲んでいて楽しい。

7) NV Corbieres Rouge Cuvee a Perpete! / Castelmaure (2015/8/21-22飲)
Embres et Castelmaureの生産者。このワインは今年4月に飲んで良かったので、追加購入したもの。品種はGrenache, Syrah, Carignan。印象は前回と同様でおいしく飲めた。マルチ・ヴィンテージのキュヴェのため、少し熟成しており、柔らかさがある。風味はラングドックの典型的スタイル。

8) 2001 Gevrey-Chambertin Coeur de Roy Tres Vieilles Vignes / Domaine Bernard Dugat-Py (2015/8/22-23飲)
Gevrey-Chambertinの著名生産者。1999のVosne-Romanee Vieilles Vignesを2006に飲んで、濃すぎると感じて、少し熟成させていたが、果たしてどうか。飲んでみると、熟成感はあまり出ていず、まだ相当に濃厚。おりがかなり出ているのだが、それでもまだ濃い。いつになったら飲み頃になるのだろう。

9) 1997 Sagrantino di Montefalco 25 Anni / Arnaldo-Caprai (2015/8/23飲)
Montefalcoの有力生産者。1996に次いで2回目となる上級キュヴェ。赤みの強い濃ルビー。まだ若々しさもあるが、少し熟成してきて落ち着いて飲める。後口にじわりくるタンニン。酸もしっかり。あえて他の品種に例えれば、Sangeovese + PNのようなワイン。非常に飲みごたえあり。

10) NV Ninive (Vino da Uva Stramatura) / Ermes Pavese (2015/8/23-9/1飲)
500ml。Valle d'Aosta のMorgexの生産者。過去にBlanc de Morgex et de la Salleを2種類飲んでいるが、いずれも寸胴型の変わったボトルに入っている。ややうすい黄金色。甘みはかなりしっかりしている。貴腐香はなく、線は細め。

11) 2013 Seyssel Molette / Domaine Aime Bernard et Fils (2015/8/25-27飲)
Corbonodの生産者。SeysselのAOCは、以前Maison Mollexのものを飲んでいる。これは主に泡物に使われているMoletteという品種のみで作ったキュヴェ。うすい黄色。軽めのさわやかな白ワイン。ミネラル感強い。

12) 2010 Roussette de Savoie Monthoux / Domaine Guy Justin (2015/8/29-30飲)
初めて飲むサヴォアのBilliemeの生産者。このMonthouxのクリュも飲むのは初めて。色合いはややうすいゴールド。薫香がはっきり。すこしまったり感もあるが、あまり重たくはない。少しバック・ヴィンテージでこなれてきている。

13) 2002 Chassagne-Montrachet 1er Cru Blanchot Dessus / Maison Vincent Girardin (2015/8/30飲)
Meursaultの生産者。この生産者は好みではないが、畑が珍しかったので購入。熟成ニュアンスある黄金色。マロン系の香味が出て、少しまったり感ある。酸はしっかり残っている。全体としては、やや熟成が早い気がする。
以上

|

« Champ Divin | Main | 旧中山道Walking その2(軽井沢~長久保) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2015/8に飲んだワイン色々:

« Champ Divin | Main | 旧中山道Walking その2(軽井沢~長久保) »