« Vadiaperti | Main | 熟成南部ローヌその5 »

09/08/2015

2015/7に飲んだワイン色々

個別に取り上げた以外に飲んだワインの2015/7月分は10本。印象的だったのは1番、2番、4番、5番、7番、8番。

1) 2011 Morey-Saint-Denis 1er Cru Les Monts Luisants Rouge / Frederic Cossard (2015/7/6飲)
コサールのこのワインはかなり気になっていたので、飲んでみることに。既に熟成ニュアンスが出ており、香りは開いている。柔らかいさらっとした酒質。なかなか旨いが、CP的にはもう一つ。

2) 2010 Alsace Grand Cru Kaeffelkopf Cuvee L'Original qui Gazouille / Audrey et Christian Binner (2015/7/7-8飲)
このキュヴェは20072009と飲んでいるが、この2010は微発泡バージョンでリリースされた。発泡は若干程度。Gewurztraminer 40%, Riesling 40%, Muscat 20%。テリのある黄金色。酒質は比較的さらっとしていて、若干甘め。芳香と酸はしっかり感じる。毎回、なかなか旨い。

3) 2011 Corbieres Rouge L'Enclos / Domaine des 2 Anne (Magali et Dominique Terrier) (2015/7/8-9飲)
1500ml。初めて飲むPeyriac de Merの生産者。Grenache 50%にCarignan, Syrah, Mourvedre。赤みの強い濃ルビー。色合いほどには、酒質は濃くないが、まったり感のある飲み飽きしない大らかなワイン。ラングドックらしい。

4) 2009 Muscadet Sevre et Maine sur Lie Clisson / Domaine La Pepiere (Marc Ollivier et Remi Branger) (2015/7/11-12飲)
昨年、通常サイズの2010を飲んでいるが、これは1500mlのバック・ヴィンテージ。うすい黄色。2010と比べて、少し熟成してきている。少し蜜っぽさあり。粉っぽく感じるほどのミネラル感。酸は高め。充実して飲めるいい白ワイン。

5) 2012 Vin de France Cuvee Jules / Veronique & Andre Balliccioni (2015/7/14飲)
Autignacの生産者。今年3月に飲んだAramonの赤ワインだが、良かったので、リピートしてみた。1本目と同様に、南仏の赤としてはやや淡い色合い。しなやかな酒質で飲み飽きない。

6) 2013 Arbois Rouge So True / Hughes Beguet (2015/7/16飲)
銀座のRempartsで飲んだもの。エスポアが輸入したJuraのMesnayの生産者。Trousseau のワインであり、So True というキュヴェ名に引っ掛けている。色合いはかなり淡い。味わいも色合いに比例しており、かなりはかない感じなのだが、決してまずいというわけではない。非常に線の細いPNという感じで、なかなか面白い

7) 2008 Bellet Rouge Le Clos / Le Clos Saint Vincent (G.Sergi) (2015/7/17-18飲)
ProvenceのSaint-Roman-de-Belletの生産者。この赤は過去に2007年を飲んでいる。Folle Noire 90%, Grenache 10%。赤みの強い濃ルビー。少しバック・ヴィンテージなので、こなれてきている。色合いほどには濃厚ではなく、酸もしっかりあり、飲み飽きない。

8) 1999 Scharzhofberger Riesling Auslese / Egon Muller zu Scharzhof (2015/7/20-21飲)
SaarのWiltingenの著名生産者のAusleseだが、家で何となく開けてしまった。ややうすい黄。甘みは結構あるが、酸もしっかりしており、さすがの味わい。熟成感は表面的にはあまり感じず(ただ、落ち着いてきていることは確か)。ただし、ものすごくグレートというまでには感じなかった。

9) 2011 Cotes du Roussillon Villages Cuvee La Foun / Domaine Gauby (2015/7/20-22飲)
RoussillonのCalceの有力生産者。これは初めて飲むCarignanの上級キュヴェ。
色合いは濃いルビー。涼しさがあるワインだが、ゴビーの上級キュヴェとしては線が細め。樽のニュアンス感じず。La MuntadaLa Roqueと比べるともう一つという気がする。もう1種La JasseというCarignanのキュヴェがあるので、これもその内飲んでみたい。

10) 2009 Saint-Aubin 1er Cru Derriere chez Edouard Rouge Vieilles Vignes / Domaine Hubert Lamy (2015/7/25飲)
Saint-Aubinのドメーヌ。このワインは赤だが、白もある(密植の樹による高額キュヴェもあり)。しっかりした色合いのルビー。思っていたよりも厚みのあるPNだが、酸はしっかりとしている。まだ少し若いが、まずまず。
以上

|

« Vadiaperti | Main | 熟成南部ローヌその5 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2015/7に飲んだワイン色々:

« Vadiaperti | Main | 熟成南部ローヌその5 »