« 2014/11に飲んだワイン色々 | Main | 2014年総括(酒類編) »

01/07/2015

旧東海道Walking その14(見付~弁天島)

天候:晴れ。
朝一番のこだまに乗るはずが、前日Devil Craft神田にてビールを少し飲み過ぎ、6時過ぎには東京駅到着の予定が3時間遅れで9時になってしまう。さらに最悪なことに、朝早く品川駅で新幹線の屋根によじ登って感電?した迷惑男がいて、新幹線のダイヤが大幅に乱れて、駅が混乱していた。とりあえずこだま号に乗って発車を待ち、9:50頃ようやく発車。掛川駅に11:30着。当初計画では8:12着であるから、3時間18分の遅れである。東海道線の待ち時間もあって、磐田駅に12:04着。12:06に駅前を出発する。宿場名としては、見付である。
P1010002
駅から200mほど歩いた地味な交差点を左折し、旧東海道を西に進む。
P1010003
写真は磐田駅方面に向かって撮ったもの。前回も書いたが磐田の市街地は微妙な高低差があり、西へ向かってゆるい下り坂となる。
P1010004
一部、松並木が残っている。
P1010005
天竜川に近づくにつれ、静かな住宅地となる。このあたりは旧豊田町(現在は磐田市)だったところである。
P1010006
街道は天竜川沿いに北上していく。
P1010007
天竜川橋から1kmほど上流に進んだ地点が池田の渡しである。ここは姫街道(写真正面の道)との分岐点でもある。資料館(写真右側)があったので、少し見学する(13:10~15)。
P1010009
ここに橋があればよいのだが、ないので、天竜川の土手沿いに天竜川橋まで1kmほど逆戻りする。
P1010008
P1010010
少し戻った位置にある、池田の渡しの記念碑。
P1010011
左側のトラス橋が天竜川橋、右が新天竜川橋である。新天竜川橋の歩道ができるまでは、歩道がなく、危険な橋であった。なお、上流側からくると、橋の下をカルバートでくぐって反対側に出ないと歩道にたどりつけない。
P1010012
P1010013
写真は天竜川橋。これを歩行者や自転車が約1kmの区間を車と一緒に通行していたと思うと恐ろしい。
P1010014
対岸に渡ると、橋の下をくぐって、池田の渡しの対岸部まで、約1km行ってみる。こちら側にも何か渡しの痕跡らしきものがあるかと思って期待したが、何もなかった(13:54着)。堤防上の道路は車が飛ばしており、非常に危険。
P1010015
P1010016
天竜川橋まで戻って、六所神社の横を西へ進む。
P1010017
少し松並木が残っている。
P1010018
どこかで昼食をと思ったが、うなぎ屋も餃子屋も見当たらず、浜松アリーナ近くのコンビニで肉まんを買って食べる。浜松の市街地に入り、駅前には非常に目立つアクトシティ浜松ビル(45階)がみえてくる。浜松駅前を14:50通過。
P1010019
P1010020
駅の少し先で左折し、南西方向に進み、東若林町で少し角度を変えて旧街道は真西に進んでいく。JR高塚駅前を16:40~45通過。写真は高塚駅西の旧道分岐(右が旧街道)。
P1010021
さらに舞阪駅前を17:31~35通過。このあたりで完全に日が暮れて真っ暗になった。舞阪駅の西側には数100mの区間、見事な松並木があったが、残念ながら暗くて写真を撮れず。松並木が終わると、静かな舞阪宿の宿場となる。浜名湖岸の突き当りを右折し弁天島駅に18:03着。なお、この日は宿がとれなかったため、岡崎泊まりとなった。JR、名鉄と乗り継いで東岡崎に19:18に着いた。
この日は宿場としては、結局、見付、浜松、舞阪の3宿を歩いたことになる。昼にスタートしたことと、天竜川の左岸、右岸を往復で計4kmほど往復したロスにより、行程がかせげなかった。(2014/11/15)

|

« 2014/11に飲んだワイン色々 | Main | 2014年総括(酒類編) »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 旧東海道Walking その14(見付~弁天島):

« 2014/11に飲んだワイン色々 | Main | 2014年総括(酒類編) »