« 旧東海道Walking その12(興津~島田) | Main | Abbazia di Rosazzo & Ronco del Gnemiz »

06/23/2014

旧東海道Walking その13(島田~見付)

天候:晴れ。
島田駅近くのホテルを8:00に出発。写真は東海道と直交する駅前通りのモニュメント。
P1010041
島田の旧東海道は歩道も広く、きれいな街並である。
P1010042
3kmほど歩いて、大井川に近づくと、街道沿いに昔の川越えの施設が復元されている。大井川は江戸幕府により架橋も渡船も禁じられていたため、島田と金谷の川沿いには、料金所や川越人足の詰所、売店などがあった(8:30~35)。
P1010043
P1010047
大井川堤防周辺は公園化されている。
P1010044
P1010045
桜並木が続く江戸時代の旧堤防上を大井川橋まで歩く。
P1010048
大井川橋は1928年竣工のトラス橋(延長1026m)である。写真は1枚目が島田側、2枚目が金谷側から。
P1010049
P1010050
金谷側の土手にはマーガレットのような黄色い花がたくさん咲いていた。ただし、帰ってから調べてみると、オオキンケイギクという名前の花で、特定外来生物に指定されており、栽培等が禁止されている花であった。
P1010051
土手からはこれから登っていく牧の原台地が間近に見える(茶畑のサイロも見える)。
P1010052
金谷宿内の清水川には小さなこいのぼりがたくさん泳いでいた。
P1010053
金谷宿の街道は金谷駅までゆるやかな登り坂である。江戸時代でいうと、大井川を境に金谷町は遠江国、島田市は駿河国だったのだが、2005年に両者は合併し、島田市となっている。
P1010054
金谷駅(JR、大井川鐵道)に9:15着。この駅は南アルプスの行き帰りに2、3回乗り換えをしたことがある。駅のすぐ手前で線路の下をくぐって、反対側に出て、牧の原台地の登り道が始まる。途中から地元のボランティアの手により復元された石畳道となって、台地の上に出る。金谷駅の標高が85m、台地上が219mであり、標高差134mである。途中でハイキングのグループに出会う。
P1010056
P1010057
写真は石畳道の最上部。台地上は全て茶畑で、一時貯蔵用の大きなサイロがある。
P1010058
P1010059
茶畑には小型の風車がたくさん立っている(防霜用)。
P1010060
休憩所で5分休憩(9:35~40)。旧東海道は台地から一度、菊川の集落へと下る。
P1010061
菊川集落から小夜の中山の登りとなる。登りの途中で掛川市に入る。
P1010062
小夜の中山の尾根上(最高点252m)には茶店があった(10:14~19)。菊川の標高が約105mなので、標高差147mである。前日夜の食事で、酒を除いて炭水化物系をほとんど食べなかったため、少しエネルギー切れ気味であった。
P1010063
中部電力の駿東変電所が近くにあって、付近には送電線がたくさんあった。写真は小夜の中山からの下り道。日坂宿に下る最下部はかなりの急勾配で、曲がりくねった道である。
P1010064
国道1号線を横断して、静かな日坂宿に入る(10:50)。日坂宿の標高が55mで、小夜の中山から標高差は197mである。
P1010065
日坂宿を出ると、国道1号線と合流。旧東海道は途中で左に折れて、1kmほどで再び国道と合流。
P1010066
国道1号線をしばらく進み、掛川の市街地に手前で左に分かれる。逆川を渡った所に葛川一里塚がある。
P1010068
掛川の市街地に入り、旧東海道は路地をクランク状に複雑に曲がってから、商店街の通りに出る。写真はレトロな掛川信用金庫の建物。
P1010069
P1010070
掛川駅前のそば屋で昼食(12:35~13:12)。おろしそばとビール中瓶2本で満腹。写真は掛川駅前からの通り(正面)と旧東海道(左右)の交差点。
P1010071
レトロな清水銀行の建物。
P1010072
掛川宿の西側の街道には松並木が一部残っている。
P1010073
P1010074
原野谷(はらのや)川を渡ると袋井市に入る。橋のたもとに休憩所があり、5分休憩(14:23~28)。工業団地横には松並木がかなり残っている。
P1010075
袋井の市街地に入り、旧国道1号線から左に分かれ、静かな路地に入っていく。路地を出て、袋井市役所前を15:15通過。市役所から200mほど歩いた橋の横に休憩所(東海道どまん中茶屋)があり、係の女性が休んでいきませんかと声をかけてくれたが、あまり時間がないので先を急いだ。写真右側の道が旧東海道、休憩所は右端で切れている。
P1010076
袋井宿内の街道はゆるいクランク状で南側に曲がっている(写真は宿の中心部付近)。
P1010077
袋井宿を通り過ぎて、国道1号線に合流してから、旧東海道は1kmほど右に分かれ、途中に木原一里塚がある。再び国道1号線に合流すると、磐田市に入る。
P1010078
P1010079
三ケ野(みかの)橋で太田川を渡り、5分休憩(16:07~12)。ここで国道1号線から左に分かれて、林の中の登り坂となる。標高差約50mを登りきると、住宅地となって、ここからは小さなアップダウンを繰り返していく。愛宕神社横の急な坂(東坂)を下ると、見付宿(28番)までの中心部に出る。
P1010080
見付学校の横を通過。姫街道との分岐で左折し、磐田駅まで南下する。磐田市内は微妙な起伏があり、見付宿の中心部付近は小河川で台地が浸食されて標高が少し低いが、周囲(宿の東側や市役所、磐田駅など)は台地が残っていて標高が高い。JR磐田駅に17:20到着。掛川まで出て、新幹線で20時前に東京駅に着いた。(2014/5/18)
P1010081


|

« 旧東海道Walking その12(興津~島田) | Main | Abbazia di Rosazzo & Ronco del Gnemiz »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 旧東海道Walking その13(島田~見付):

« 旧東海道Walking その12(興津~島田) | Main | Abbazia di Rosazzo & Ronco del Gnemiz »