« 2013/11-12に飲んだ泡物 | Main | 2013年7-12月に飲んだSyrah »

01/22/2014

2013/11に飲んだワイン色々

個別に取り上げた以外に飲んだワインの2013/11月分は15本。今月印象的だったものは、6番、8番、15番あたり。期待値からして今一つだったのは、2番、12番。

1) 1987 Cabernet Sauvignon, Napa Valley / Spottswoode (2013/11/3飲)
不良在庫化していたワイン。スポッツウッドのCSは2011/10に1996を自宅で飲んでいる(他にワイン会で数度飲んでいるが)。状態はまずまずでそれなりにおいしく飲めるが、やはりボルドーと比べると、かすかに甘さが残るような気がする。

2) 1999 Cantico, Toscano IGT / Podere la Cappella (2013/11/4飲)
Greve in Chiantiの南西側のSan Donato in Poggioの生産者。1997 Corbezzolo(Sangiovese 100%)を2001/8に飲んでいて、なかなか気に入った記憶がある。これは、初めて飲むMerlot 100%のワイン。結論的にいうと、例えばVigna l'Apparitaのようなデリケートさを持つワインではなく、もっとパワフル系で好みとはいえず。

3) 2011 Condrieu La Combe de Malleval / Domaine Michel & Stephane Ogier (2013/11/4-5飲)
Michel & Stephane Ogier の白は初めて。比較的デリケートなつくりのワイン。コンドリューとしては、やや地味な気がする。

4) 2010 Cappuccio, Sicilia IGT Rosso / Az.Vinicola Calabretta (Massimiliano Calabretta) (2013/11/9-10飲)
EtnaのRandazzoの生産者。これは初めてリリースされたワインで、Nerello Mascaleseではなく、マイナーな方のNerello Cappuccioのキュヴェ。Mascaleseと比べてどうかといわれてもあまり違いはわからないが、少しもったりしていて、Etna Rossoの方が好み。

5) 2011 Pinot Nero, Sicilia IGT / Az.Vinicola Calabretta (Massimiliano Calabretta) (2013/11/10-11飲)
珍しいシチリアのピノ・ネロ。素朴なつくりで、スケールは大きくない。ブルゴーニュのPNとはかなり味わいが異なる。

6) 2009 Saint-Aubin 1er Cru Bas de Vermarain A L'Est Blanc / Domaine Sylvain Langoureau (2013/11/10-11飲)
初めて飲むSaint-Aubinのドメーヌ。畑も珍しく、Chassagne-Montrachetからの谷が2股になるつきあたりにある場所。細身のSaint-Aubinらしさが出た味わいだが、家飲みで非常にバランスがよく旨いと感じる。

7) 2009 Bourgogne Aligote / Domaine Francois Lamarche (2013/11/13-14飲)
初めて見かけたLamarche のアリゴテ。3000円程度するので、やや高いとは思うが、やせすぎず、酸が強すぎない手がたい味わい。

8) 2011 Bellet Le Clos Blanc / Le Clos Saint-Vincent (Gio Sergi) (2013/11/15-16飲)
プロヴァンスでもイタリアに近いSaint-Roman-de-Belletの生産者。ロゼ白の上級キュヴェ赤のスタンダード・キュヴェと飲んできて、これが白のスタンダード・キュヴェ。以前の3本は松中屋酒店の輸入だったが、今回はラ・ヴィネ。上級キュヴェほどではないが、これもかなり凝縮感のあるつくり。ただ、酸が比較的しっかりしているのでだれない。Belletのワインは、価格が高止まりしており、これもスタンダード・キュヴェとはいえ、5000円台する。あと残るは上級キュヴェだ。

9) 2010 Cotes du Jura Pinot Noir (Savagnin Noir) Eleve en Fut de Chene / Domaine Les Chais du Vieux Bourg (Ludwig Bindernagel) (2013/11/16-17飲)
初めて飲むジュラのArlayの生産者。カッコ付でSavagnin Noirという表記がある珍しいキュヴェ。Pinot Noirの亜種ということのようだ。派手さはなく、細身のワイン。味筋的には14番と結構似ている。

10) 2008 Chassagne-Montrachet La Goujonne Rouge / Domaine Hubert Lamy (2013/11/17飲)
珍しい畑を色々と持っているSaint-Aubinの生産者だが、赤白とも飲むのは初めて。シャサーニュの斜面下部にある畑だが、思ったよりも太くまったりした味わい。

11) NV VdT de France Rouge Cuvee Grenache / Domaine Richaud (Marcel Richaud) (2013/11/21-22飲)
森下の山利喜新館で飲んだもの。非常に若々しく果実味あふれるワイン。かなりのパワフルさもある。価格相応。

12) 2007 Piede Franco, Vino Rosso / Az.Vinicola Calabretta (Massimiliano Calabretta) (2013/11/24飲)
4番、5番と同時に購入した自根のキュヴェで、Etna Rossoは名乗っていない。結構期待度は高かったのだが、やや熟成感があってフレッシュ感に欠ける点と少しもっさりしたニュアンスがもう一つ。

13) 2006 Cote de Nuits-Villages Les Fourneaux Cuvee Daniel Chopin / Maison Pascal Lachaux (2013/11/26飲)
2004を3本、2005を2本飲んだが、手持ちのこのワインもこの2006で最後。Chopin-Groffierにしては濃い目の味付けだったと思うが、これも同じイメージ。以前の感動はよみがえらず。

14) 2007 Vallee d'Aoste Donnas Napoleon / Caves Cooperatives de Donnas (2013/11/29-30飲)
ヴァッレ・ダオステのDonnasの生産者。2011/12にノーマル・キュヴェを飲んでいるが、これはその上級版。とはいっても、こちらも同様クラシックなつくりの素朴なNebbioloのワインで、大きな差はないと感じた。

15) 2006 VdT Refosco / Livio Nicolini (2013/11/30-12/1飲)
フリウリの最東部Triesteの南のMuggiaの生産者。久しぶりにこの生産者のワインを飲んだが、これが5種類目になる。やや酸がはっきりして線の細めの赤ワインだが、全体に抑制が効いて、落ち着いて飲めるワイン。モダンでもないが、田舎ぽくもない味わいで結構好み。
以上

|

« 2013/11-12に飲んだ泡物 | Main | 2013年7-12月に飲んだSyrah »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2013/11に飲んだワイン色々:

« 2013/11-12に飲んだ泡物 | Main | 2013年7-12月に飲んだSyrah »