« Monopole 追加その29 | Main | 2013/1-2に飲んだ泡物 »

04/11/2013

2013年1-3月に飲んだRose

2013年の1-3月に自宅で飲んだロゼ・ワインは10本と豊作。全て南仏で、ラ・ヴィネが輸入したワインが8本を占める。6番が今一つだった以外は平均以上の味わい。ベストは1番。

1) 2010 Cotes du Roussillon Rose Cuveee Coume Marie / Domaine La Preceptorie (Joseph Parce) (2013/1/6-7飲)
ルーション内陸部のSaint-Arnacの生産者。品種はSyrah, Grenache。落ち着いた深みのある紅色。非常に上品に整ったつくりで飲みごたえあり。赤ワイン的なニュアンスも少しあり。これはまた飲んでみたい1本。

2) 2011 Coteaux d'Aix en Provence Rose Cuvee Insolite! / Chateau Pigoudet (2013/1/14-15飲)
Marseille北東の内陸部のRiansの生産者。逆円錐型の変わった形の透明ボトルに入っている。Syrah 75%, CS 25%。色はかなり淡いオレンジ・ピンク色。味わいも白ワイン的で軽快なタイプ。ただし、ミネラル感がエグく出ているようなニュアンスもやや感じられた。

3) 2011 Vin de France Rose / Domaine Richeaume (2013/1/15-16飲)
2番よりも少しMarseille寄りのPuyloubierの生産者。以前飲んだ2005はCotes de Provence Rose名義だったが、この2011はVin de Franceになっている(価格はむしろ少し高くなった)。品種はGrenache, Cincault, Syrah。色はオレンジがかったピンク色。力強さもある充実した味わいのロゼ。

4) 2007 VdP des Cotes Catalanes Rose / Mas Delmas (Marie Delmas) (2013/2/2飲)
昨年末に白を飲んだNarbonneの南のSalses-Le-Chateauの生産者。Syrah, Grenache。うす紅色のロゼでなかなか味わい深い。これも価格的に十分。

5) 2007 VdT de France Rose Le Zaparel / Domaine Saint Julien (Stephanie Minder) (2013/2/3飲)
Narbonne北西の内陸部のAzilleの生産者。Terret Noir 85%, Terret Gris 15%。少しくすんだうす紅色。味わいは少し赤ワイン的なタンニンがあり、軽めではあるが、少し熟成ニュアンスもあって、なかなか味わい深い。価格的にも十分。

6) 2011 Vin de France Rose Cuvee Roger / Frederic Cossard (2013/2/9-10飲)
Frederic Cossardが南部ローヌのブドウでつくるSyrahのロゼ。少しぼんやり濁ったうす紅オレンジ色。ややあんずぽいニュアンスがあり、かなり自然派的な味わい。今一つ好みからはずれた味わい。これの赤ワインも同時期に飲んだが、そちらの方がストレートなシラーという感じでよかった。なお、昨年飲んだ2010のCotes du Rhone Villages Cairanne Rouge Cuvee Hommageはこれらよりもはるかに素晴らしいワインでした。

7) 2011 Les Baux de Provence Rose du Mas / Mas de la Dame (2013/2/12飲)
昨年末に赤白を飲んだプロヴァンスの生産者のロゼ。Grenache, Syrah, CS。やや淡いオレンジ色。軽快な味わいのロゼで、深みはあまりなく、白ワイン的ニュアンス強く、まずまずという感じ。

8) 2010 Vin de France Cuvee Le Pavillon Collection Syrah No.10 Rose / Le Petite Gallee (Robert & Patrice Thollet) (2013/3/11-12飲)
LyonとVienneの中間付近の右岸側のMilleryの生産者。ボジョレーに続いた地域なので、Gamayで赤をつくるとCoteaux du LyonnaisというAOCになるが、この生産者はSyrahの赤とロゼもつくっている。うす紅色のロゼ。同時期に飲んだSyrahの赤はかなりしっかりしたつくりだったが、こちらは軽快な味わいで、まずまずというところ。

9) 2011 Cassis Rose / Clos d'Albizzi (F. Dumon) (2013/3/30飲)
Cassisの生産者。品種はGrenache主体にCincault, Mourvedre。ややうすいオレンジ・ピンク色。かすかに赤ワイン的な風味あり。軽快ではあるが、なかなかグラスが進む。この生産者は白2種と珍しいVin Cuitを飲んでいるのでその内アップする予定。

10) 2011 Collioure Rose Cote Mer / Domaine de la Rectorie (Thierry et Jean-Emmanuel Parce) (2013/3/31-4/1飲)
Banyuls-sur-Merの生産者で1番の生産者と同じParce姓を名乗る。うす紅色のロゼで1番と同レベルの味わいを期待していたが、もう少し軽めで、期待値を下回った。もちろん一般的にいえば良いロゼではあるが。なお、2005のCollioure Rose La Goudieという別のキュヴェ?を飲んだことがあるが、そちらはかなりよかった記憶がある。
以上

|

« Monopole 追加その29 | Main | 2013/1-2に飲んだ泡物 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2013年1-3月に飲んだRose:

« Monopole 追加その29 | Main | 2013/1-2に飲んだ泡物 »