« 2012年7-9月に飲んだSyrah | Main | Monopole 追加その29 »

01/24/2013

最近飲んだスペインワインその11

2012/7-12に飲んだスペインワインは計5本。泡物は別途参照。印象的だったのは1番。期待を下回ったのは5番

1) NV Amontillado Viejo 30 Anos, Jerez de la Frontera / del Duque (Gonzalez Byass) (2012/8/4-19飲)
375ml。アルコール度数21.5%。Gonzalez ByassはTio Pepeをつくっている会社であるが、その上級版シェリー。BB&Rが輸入。予想以上に非常に味わい深い丁寧なつくり。他の銘柄にも挑戦してみたい。

2) 2009 Evodia (Garnacha Vinas Viejas), Calatayud / Altovinum (2012/8/28-29飲)
Calatayud はAragon州のDOで初めて飲む。品種はGarnacha 100%。アルコール感はかなりあるが、色合いはやや明るさがある。中間から後半にかけて白ワインのような1種のミネラル味があるのだが、個人的にはその部分が今一つ。でも、価格的には1000円ちょっとなことを考えると健闘はしている。

3) 2010 L'Alegre Campaneta(愉快なベルちゃん), Vi de Taula / Els Jelipins (2012/10/7飲)
エリアとしてはPenedesのワインで、2009/11に2004 Els Jelipinsを飲んでいるが、これは和泉屋向けにつくられたキュヴェで、日本名がついている。Els Jelipinsと品種構成が異なり、価格もその半分程度。品種はGarnacha。味わい的にはそれほど大きな差はなく、Prieure Roch系の香味が特徴的。品種が違うのでPrieure Rochよりもやや濃いめに感じる。Prieure Rochもそれほど好きではないが、このワインも個人的には和泉屋で誉めるほどの好みではない。

4) NV Jerez Amontillado Laureado / Caydsa (2012/11/25-12/9飲)
750ml。アルコール度数18%。濃い目の琥珀色。まずまずだが、8月に飲んだdel Duque(上記1番)のものと比べると、つくりの上品さの点で今ひとつ(価格も倍以上違うが)。

5) 2002 Tinto Pesquera Millenium Reserva, Ribera del Duero / Bodegas Alejandro Fernandez (2012/12/23飲)
久々に自宅で飲むペスケーラ。そこそこ熟成して落ち着いてきているが、やや中途半端な段階。まだ樽の甘いニュアンスが少し鼻につく。さらに残念なことに、かすかに酸化ニュアンスがあるボトルであまり楽しめず。
以上

|

« 2012年7-9月に飲んだSyrah | Main | Monopole 追加その29 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 最近飲んだスペインワインその11:

« 2012年7-9月に飲んだSyrah | Main | Monopole 追加その29 »