« La Grappa(Borc Dodon) | Main | 2012年1-3月に飲んだBordeaux »

02/13/2012

Billaud-Simon

Chablisの村の中にあるドメーヌ。以下の2本は当時のカーヴ・タイユヴァンで同時に購入したものだが、村名の方は購入後まもなく飲み、特級の方はAffidelice(シャブリで洗ったウォッシュ・チーズ。Berthaut社製)を買ったので、何かシャブリはないかと捜していて見つかったもの。結論的には、この生産者は日本であまり売ってないが、シャブリらしさを十分表現しながらも非常に良いつくり。今度はLes Closを飲んでみたい。

1) 2000 Chablis Grand Cru Les Blanchots Vieille Vigne / Domaine Billaud-Simon (2012/2/11飲)
このワインは、Raveneauを除くと、Chablis GC Les Blanchots Reserve de l'Obedience (Laroche)、 Chablis GC Grenouilles Chateau Grenouilles (La Chablisienne)、 Chablis GC Moutonne (Long Depaquit)あたりと並んで最も値が張る部類に入る。
色合いは少し熟成したトーンのある黄金色。特級のシャブリはミネラル感よりもリッチなニュアンスが勝つため、ミネラル感を表面的に感じることはあまり多くないのだが、これはミネラル感も半端ないレベル。リッチなニュアンスはあるが、シャブリらしさがいい意味で十分に出ている。それなりに熟成してこなれてきており、今飲んで十分においしい状態。ここ1、2年で飲んだシャブリではベスト。

2) 2000 Chablis Tete d'Or / Domaine Billaud-Simon (2003/1/5-6飲)
通常の村名よりはグレードが上のキュヴェ。テリのあるうすい黄金色。ミネラル感が前に出た味わいだが、凝縮感も村名キュヴェとしては十分。価格的に非常に充実した味わい。
以上

|

« La Grappa(Borc Dodon) | Main | 2012年1-3月に飲んだBordeaux »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Billaud-Simon:

« La Grappa(Borc Dodon) | Main | 2012年1-3月に飲んだBordeaux »