« 1982 Barolo Riserva Villero (Vietti) | Main | Monopole 追加その22 »

08/09/2011

2011/6に飲んだワイン色々

遅くなったが、個別に取り上げたワイン以外に飲んだワインの2011/6月分は14本。なかなかおいしいものが多かったが、一番印象的だったのは10番。

1) 2001 Vernaccia di San Gimignano Abvinea Doni / Riccardo Falchini (Az.Agr.Casale) (2011/6/4-5飲)
イタリアの白としてはなかなかのバック・ヴィンテージ。最近購入したもので、売れ残り品だろう。まったり感のある黄金色。熟成がかなり進んでいると想像していたが、予想を裏切ってくれた。若い頃のフレッシュ感は減退しているが、酸がへたっているようなところもなく、思ったよりもしっかり飲めた。線は太めの味わい。

2) 2006 Irouleguy Rouge Omenaldi / Cave d'Irouleguy (Irulegiko Sotoa Baigorri) (2011/6/5-6飲)
Saint-Etienne de Baigorryにある協同組合がつくる赤の上級キュヴェ。若干乳酸ぽいニュアンス。それなりに凝縮感もあるが、しなやかな酒質でさくさく飲める味わい。十分価格に見合っている。

3) 2003 Chateauneuf-du-Pape Cuvee Imperiale / Domaine Raymond Usseglio & Fils (2011/6/9飲)
この生産者は飲むのは初めて。まだまだパワフルで、がっつり飲みごたえあり。。

4) 1997 Monferrato Rosso Sonvico / Cascina la Barbatella (Emiliana Martini Sonvico) (2011/6/11-12飲)
Ba50%, CS50%の混醸キュヴェ。この生産者のトップ・キュヴェで、コルクも5.5cmの長いサイズが使われている。1991を2006/1に飲み、その際は熟成感が前に出てぱっとしなかった記憶があるが、今回はほどよい熟成感でしっかり飲めた。

5) 1993 Cabernet Sauvignon Private Reserve, Napa Valley / Beringer (2011/6/11飲)
若干甘さを感じる瞬間が時折あるのが今一つマイナスポイントではあるが、これをまずいといってはばちがあたる。少し熟成ニュアンスも出てきているが、まだまだ力強い。

6) 1991 Cabernet Sauvignon, Napa Valley / Newton Vineyard (2011/6/12飲)
St.Helenaのワイナリー。これも5番と同様、10年以上前に買ったもの。そこそこの熟成感あり。まずまずといえばそうなのだが、やや1本調子に感じられる瞬間もあり。5番と比べると少し落ちる。

7) 2002 Saumur-Champigny Les Poyeux / Clos Rougeard (Foucault) (2011/6/12飲)
2年前にワイン会で飲んだ1997のLe Bourgは素晴らしく、結構期待していたのだが、思ったよりもあっさりめでかなりがっかり。まずくはないのだが。

8) 2009 Arbois Rouge L'Uva Arbosiana / Domaine de la Tournelle (Evelyne et Pascal Clairet) (2011/6/14-16飲)
品種はPloussardで、マセラシオン・カルボニックでつくったもの。今回初めて飲むArbois の生産者だが、HPをみると、いろいろな種類のワインをリリースしている。自然派ばりばり系ではないと思うが、このワインに関していうと、結構自然派ぽいニュアンスあり。あまり見かけないが、違うキュヴェも飲んでみたい。

9) 2007 Bianchello del Metauro / Roberto Lucarelli (2011/6/18-20飲)
マルケ州北部のCartocetoの生産者。地品種BianchelloのDOC。軽めで高貴さは全くないが、いい意味でイタリアの白らしいワイン。価格的に十分の味わい。

10) 2005 Valpolicella Classico Superiore Taso / Villa Bellini (Trucchi Cecilia) (2011/6/19-21飲)
ヴィナイオータが輸入。派手さはないが、滋味あふれるワイン。Valpolicellaとしては、最近よく出回っているL'Arcoよりもこちらの方がずっと好み。違うヴィンテージも飲んでみることに決定。

11) 1997 Barbaresco Faset / Az.Agr.Bricco Asili (Ceretto) (2011/6/25-26飲)
数年前に配送ミスのお詫びとしてもらったワイン。細身だが気品のあるネッビオーロ。今飲んで十分の旨さ。

12) 2007 Chablis 1er Cru Fourchaume / Domaine Jean-Pierre Grossot (2011/6/25-26飲)
特級畑は所有していないのだが、1er Cruを5種類リリースしているシャブリの生産者。1er Cruらしいシャブリで非常に快適に飲めた。

13) 2006 Sutor Sauvignon, Vipavska Dolina / Posestvu Sutor (2011/5/25-26飲)
海外のインデントリストで見つけたスロヴェニアの白。トリエステから少し東側の内陸部のPodonanosの生産者。フリウリの白とも共通の力強い洗練された味わい。なかなか旨く、見かけたらまた飲んでみたい。

14) 2008 Vino della Pace, VdT Bianco di Cormons / Cantina Produttori Cormons (2011/6/26-27飲)
フリウリのCormons の共同組合がつくる白ワイン。600種類のブドウを混醸しているとのこと。毎年ラベルが変わる。話題性ということで、わりと有名なワインであるが、今回初めて飲んだ。少しうすい黄色。マルヴァジアあたりに似た芳香あり。それなりの厚みもあるが、さくさく飲める快活さもあるワイン。また違うヴィンテージを試してみたい。

番外) NV Grappa Rebula / Movia (Mirko & Ales Kristancic) (2011/2/27-6/9飲)
500ml。アルコール度数51%。透明タイプ。数種類のワインを飲んでいるスロヴェニアの生産者。グラッパを買ってみたのだが、かなりガソリン?臭い風味があり、全然グラスが進まず。飲み切るのに苦労した。
以上

|

« 1982 Barolo Riserva Villero (Vietti) | Main | Monopole 追加その22 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2011/6に飲んだワイン色々:

« 1982 Barolo Riserva Villero (Vietti) | Main | Monopole 追加その22 »