« Perticaia | Main | 2010年7~9月に飲んだRose »

09/16/2010

ギリシャのワイン2

スクラヴォス以外の最近飲んだギリシャのワイン(ラシーヌ輸入)。いずれもコッテリ系とかばりばりにモダンなつくりのワインではないが、田舎ぽいところはないつくりである。ただ、今回の3生産者はスクラヴォスに比べると、今一つピカッとこなかった(特に赤)。3本とも自然派風味はなし。ラシーヌ輸入のものでは、あと2生産者飲んでないのがあるので、試してみる予定。

1) 2007 Vignes Franche Naoussa Rouge / Domaine Dalamara (2010/8/1-2飲)
マケドニアに接する北西部Naoussa の生産者。Xynomavro 100%の赤。Vignes Francheということで自根のキュヴェ(樹齢はそれほど古くない)。スクラヴォスの赤に比べると、地味でボルドー右岸のマイナーシャトーを飲んでいるような感じ(メルローというよりもカベルネフラン系で酸がやや目立つ)。つくりは野暮ったくはないが、モダンな新樽風味とかは全くない。約5000円という価格からすると今一つ。

2) 2006 Nyxtepi (Nikteri), Santorini / Winery Hatzidakis (Pyrgos Kallistis) (2010/8/5-7飲)
クレタ島の北にあるエーゲ海の火山島Santorini島の生産者。Assyrtikoという品種の白。中くらいの黄色。Muscatの芳香を弱めたようなワインで、南イタリア(カンパーニャとか)の白と似ている。南仏のような太い味わいのワインではないが、酸はやや低め。悪くはないものの、スクラヴォスの白の方が印象的。他のキュヴェもあるので、もう一度試してみたい。

3) 2000 Oikonomoy, Sitia Rouge / Domaine Economou (2010/8/6-7飲)
クレタ島の最東部Zirosの生産者。Liatiko 90%, Madilari 10%による赤ワイン。収穫年から10年経過しており、少し熟成感があり、色もややうすめ。味わいは強いていえばボルドー系だが、カベルネのような強いタンニンと骨格はない。品種も地区も全く違うのだが、1番をもっと熟成させたような感じもある。正直いってこれは今一つ(価格も5000円近いし)。
以上

|

« Perticaia | Main | 2010年7~9月に飲んだRose »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ギリシャのワイン2:

« Perticaia | Main | 2010年7~9月に飲んだRose »