« 2010/4に飲んだワイン色々 | Main | シャンパン会(エレネスク) »

05/20/2010

最近飲んだスペインワイン5

4月から5月にかけて飲んだスペインワインのメモ。和泉屋推薦の1番と2番を飲んで、個人的にはガルナッチャよりもグルナッシュが好みだということが確認できた(というか、モダンなつくりのグルナッシュがあまり好みではないということだと思う(他の例でいうと、Clarendon HillsのOld Vines Grenacheとか))。3番と4番のチャコリは十分満足できた。

1) 2005 Ferrer Bobet, Priorat / Ferrer Bobet (2010/4/10-11飲)
和泉屋が輸入したワイン。Priorat の中でもFalsetというMas Martinetと同じ地区に位置する。ボトルは太い重量瓶。品種はCarignane, Grenache。非常に濃厚だが、どろっとしたつくりではない。イメージ的には南仏のワインをモダンにクリーンに仕上げたという印象。初日はあまり新樽のニュアンスは前面に出ていなかったが、2日目はミルキーな感じが出てきて個人的には今一つ。価格も6000円くらいするし。その額を出すのであれば、自分としてはChateauneuf-du-Papeの好みの銘柄とかMas Jullienを買いたい。

2) 2007 Navaherreros (Garnacha de Bernabeleva), Vinos de Madrid / Bodega Y Vinedos Bernabeleva (2010/4/15-17飲)
昨年11月に白を飲んだマドリッド西部の生産者の赤。品種はGarnacha。赤みの強い濃ルビー色。上記1番ほど濃厚ではないが、やはり、モダンでクリーンに仕上げたワインで凝縮感はかなりある。スペインワインの最近の流れとしては悪くないと思うが、個人的には3000円弱という価格帯であれば、L'AngloreやMarcel Richaudあたりのワインの方が好みである。この生産者についていうと、白の方が好み。

3) 2009 Kurmisti VdM / Vinos Atxega (2010/4/27-28飲)
これは岐阜のオーケストラ社が輸入したバスク地方の白。テーブルワイン名義なのは、チャコリのDOエリアから少しはずれているためのようだ。Hondarrabi Zuri 50%, Macabeo 50%。色は非常にうすい黄。微発泡で軽快な味わい。ドライなつくりで素直につくっており、十分価格相応。

4) 2009 Getariako Txakolina / Santarba (Jose Ignacio Manterola) (2010/5/18-19飲)
上記3番と同時に購入したもので、実質的には同じ生産者のようだ。こちらはHondarrabi Zuri 100%。色は非常にうすい黄。微発泡が非常に心地よく、味わいはドライですいすい飲める。フレッシュな青リンゴのような香味。夏の暑い日に冷やして飲むと最高だろう。上記3番と比較すると、香味がこちらの方がきれいにはっきりと出ており、価格差だけの違いはある。高貴なワインではないが、個人的にはある意味最も好きな白ワインの一つ。日本の白ワインもこういう方向性が向いているのではないかと思うのだが、もっと厚ぼったくしてしまったり、自然派系にしてしまったり、甘みを残しすぎたりして、全く不満である。
以上

|

« 2010/4に飲んだワイン色々 | Main | シャンパン会(エレネスク) »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 最近飲んだスペインワイン5:

« 2010/4に飲んだワイン色々 | Main | シャンパン会(エレネスク) »