« Puligny-Montrachet Les Caillerets & Les Demoiselles | Main | 2002 Champagneその1 »

09/20/2009

ブルゴーニュ飲み会2009/8

前半は、特級Montrachetに隣接する1級畑(Puligny-Montrachet側)を飲み、後半は1999年のEchezeauxを飲むという会。Echezeauxは三者三様でどれもおいしく飲めた。(2009/8/1飲)

1) 2001 Puligny-Montrachet 1er Cru Les Demoiselles / Domaine Michel Colin-Deleger & Fils
2) 2000 Puligny-Montrachet 1er Cru Le Cailleret / Domaine Yves Boyer-Martenot
3) 1996 Puligny-Montrachet 1er Cru Les Demoiselles / Domaine Amiot Guy et Fils
この3本はこちらを参照

4) 1999 Echezeaux / Domaine Denis Mugneret & Fils
Vosne-Romaneeのドメーヌ。この当時はRichebourgとClos Vougeotもリリースしていた(Thibault Liger-Belairの畑で2001ヴィンテージまで)が、現在ではこの生産者の最上位のワイン。現在は代が替わり、Domaine Dominique Mugneretとなっている。比較的クラシックな繊細さのあるつくり。強いつくりが好みの人はおとなしいと感じるかもしれないが、少し熟成して柔らかさが出ており、なかなか旨い。

5) 1999 Echezeaux / Domaine Guyon
Vosne-Romaneeのドメーヌ。この生産者の最上位のワイン。この生産者を初めて飲んだのは2003/11で、2000のVosne-Romanee 1er Cru En Orveauxを持寄り会で飲んだのだが、その際はまだ酸,タンニンがこなれてなく,あと数年は待ちたいと思った。現状では強さがかなり落ち着いておいしく飲めるようになってきている。人によっては、あと2、3年待ちたいと思うかもしれない。今回飲んだ3本の中ではやはり強いつくりが目立ち、好みが少し分かれるだろう。

6) 1999 Echezeaux / Domaine Daniel Bocquenet
Nuits-Saint-Georgesのドメーヌ。この生産者の最上位のワイン。このドメーヌに関しては2001ヴィンテージ以降、日本に輸入されていない模様。2008/7に飲んだ1999の村名Vosne-Romaneeがかなりおいしく、この日飲むのが楽しみであったが、このワインも少し熟成してきて飲み頃に入ってきている。強すぎないつくりで旨みが十分あり、私が最も好みに感じるブルゴーニュの範囲に入るワイン。この日の3本中のベスト。

7) NV Champagne Grand Cru Brut Cuvee Julie / H.Billiot Fils
当初飲む予定になかったが、飲み足りずに急遽飲むことになったシャンパン。特級AmbonnayのRM生産者。孫娘の名をつけたマルチ・ヴィンテージのスペシャル・キュヴェ。もう一つのCuvee Laetitiaよりも若いヴィンテージのブレンドらしく、泡は比較的力強い。旨いことは確かなのだが、価格と個人的な好みでいうと、この生産者のMillesimeのキュヴェの方が好みである。
以上

|

« Puligny-Montrachet Les Caillerets & Les Demoiselles | Main | 2002 Champagneその1 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ブルゴーニュ飲み会2009/8:

« Puligny-Montrachet Les Caillerets & Les Demoiselles | Main | 2002 Champagneその1 »