« Quinta da Muradella | Main | 2009年5-6月に飲んだBordeaux »

07/01/2009

2009/5-6に飲んだ泡物

2009/5-6に飲んだ泡物は計8本。ワイン会で飲んだ物は除外。6番と7番はラ・ヴィネが最近入れたものだが、オーブのシャンパンとしてはなかなか良い部類に入る。

1) NV Cremant de Bordeaux Brut Rose / Lateyron (2009/5/2-3飲)
右岸のMontagne(St-Emilion)の生産者。2008/10に飲んだ白泡がまずまず価格に見合ったものだったのでロゼも飲んでみた。こちらは黒ブドウのみでCF 70%, CS 30%。色は紅色。味わいは赤ワインの風味がかなりあり。赤ワイン的な茎ぽさが少しあり、かなり重たい味わいで、1本飲むとかなり飽きる。

2) NV Champagne Brut Cuvee Tradition / Lacroix-Triaulaire & Fils (2009/5/4-5飲)
南部Merrey-sur-ArceのRM生産者。PN 75%, Ch 25%。NVのキュヴェとしてはやや黄味が強い。比較的重厚なタイプ。価格的にはまずまずというところ。

3) NV Rive Longhe, Prosecco IGT (Fermentazione Naturale) / Barichel (Ivan Geronazzo) (2009/5/9飲)
最近輸入されたプロセッコ(DOCを名乗っていないが)。王冠キャップ。うすい黄。オリ引きしていないため、オリが残る。プロセッコによくあるキャンディのような安っぽい味わいは控えめ。比較的ドライなつくりで価格相応。

4) 2006 Montlouis-sur-Loire Petillant / Le Rocher des Violettes (Xavier Weisskopf) (2009/5/17飲)
初めて飲んだロワールの生産者の泡物。品種はシュナン・ブラン。色合いはうすい黄色。ほのかな甘みがあるが、べたつきなくつくっていて、まずまず。

5) 2002 Champagne Brut Millesime / J.Charpentier (2009/5/22飲)
Villers-sur-ChatillonのRM生産者。PN38%, PM37%, Ch25%。まずまずではあるが、洗練されているというよりは、やや武骨な味わい。この生産者は今まで4種類のキュヴェを飲んでいるが、PM100%のCuvee Pierre-Henriがベスト(価格も一番高いのだが)。

6) NV Champagne Brut Cuvee Tradition / Lionel Carreau (2009/6/13飲)
南部Celles-sur-OurceのRC生産者。PN 100%。藁っぽい少しくすんだ色合い。味わいも黒ブドウ系のしっかりした味わいがもろに出ており、飲みごたえあり。味わいも整っている。

7) NV Champagne Brut Cuvee Speciale / Demilly de Baere (2009/6/20飲)
南部のBlignyの小規模NM生産者。PN 50%, PM 10%, Ch 40%。コルクには2004の刻印あり。色合いはあまり濃くない黄。このワインは6番と比べると、黒ブドウが多い割に細身のデリケートな味わい。仕上げはこれも上品でまずまず。

8) NV Champagne 1er Cru Brut Cuvee Tradition / M.Ferat & Fils (Pascal Ferat) (2009/6/28-29飲)
1級VertusのRC生産者。Ch & PN。2006/7 に1997のCuvee Prestige (Blanc de Blancs)を飲んでいてこれが2回目。テリのある黄金色。オーブのシャンパンと比べると、少し神経質なニュアンスもあるが、スタンダードクラスとしては十分な味わい。
以上

|

« Quinta da Muradella | Main | 2009年5-6月に飲んだBordeaux »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2009/5-6に飲んだ泡物:

« Quinta da Muradella | Main | 2009年5-6月に飲んだBordeaux »