« 2009年5-6月に飲んだBordeaux | Main | 2009/6に飲んだワイン色々 »

07/03/2009

2009年4-6月に飲んだSyrah

2009年の4月~6月に自宅で飲んだシラー(主体のワイン)。5本とも程度の差はあるものの、熟成してきたシラーだが、2番と5番以外は飲み頃をはずしたという印象だ。

1) 1990 Vin de Pays de la Principaute d'Orange Cuvee Syrah / Domaine Rabasse-Charavin (Corinne Couturier)(2009/4/2飲)
南部ローヌCairanneのドメーヌによるシラーのキュヴェ。現在のラ・ヴィネがカーヴ・タイユヴァン時代に買ったボトル。ワイルドなシラーの熟成感がばりばりに出ている。ただ、線は細めでややピークを過ぎたという感あり。5年くらい前に飲んだ方が良かったと思う。

2) 2002 Cote-Rotie / Domaine Michel & Stephane Ogier (2009/4/12飲)
以前飲んだ2001と比べるとスケールは小さめだが、落ち着いて飲めるワイン。この生産者のコート・ロティは樽香も出しゃばらず、エレガントである。

3) 1999 Ailanpa, Vigneti delle Dolomiti Rosso IGT / Foradori (2009/6/11-12飲)
Granatoで有名なトレンティーノのワイナリーがつくるSyrah 100%のワイン。ワイナリーのHPには出ていないので、現在はつくっていないのかもしれない。酸がしっかりして線が細めのシラー。約10年経過したなりの熟成感あり。果実味が少し落ちてきて、樽香がやや浮いているのがマイナス要素。

4) 1996 Saint-Joseph Rouge / Alain Graillot (2009/6/25-26飲)
ちょうど10年前の1999/6に同じ1996を飲んでいる。今回のボトルは、バックヴィンテージの売れ残り品を当時の価格よりも安く購入したもの。熟成感が出て柔らかい味わいとなっているが、熟成して良くなったというよりも下降したという印象だ。店の方でもそれがわかっていて安く売っていたのかもしれない。

5) 1997 Syrah Henry Daniel (Thompson Vineyard 75%, Bien Nacido Vineyard 25%), Santa Barbara County / The Ojai Vineyard
97のみつくったスペシャル・シラー。Henry Danielはオーナー(Helen and Adam Tolmach)の息子の名前。2本買って、1本目は2003/2に六本木の小田島で飲んだのだが、パワフルではあるが、上品なつくりで十分な旨さだった。今回それから6年経過して飲んだが、熟成感は少し出てきたが、まだおいしさを保っていた(個人的には前回の方が好みであるが)。
Thompson Vineyardはカリフォルニアのシラーでは最高の畑だと思う。たまたま数日前にKD氏のカリフォルニア・ローヌ品種のワイン会で2001 The Dreaming Detective (Syrah from Thompson Vineyard) / Red Carを飲んだが、抑制の効いた非常に優れたワインだった。なお、Ojaiとしては2000年にSyrah Thompson Vineyard Special Bottlingというスペシャル・キュヴェをリリースしており、それもなかなかだった。
以上

|

« 2009年5-6月に飲んだBordeaux | Main | 2009/6に飲んだワイン色々 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2009年4-6月に飲んだSyrah:

« 2009年5-6月に飲んだBordeaux | Main | 2009/6に飲んだワイン色々 »