« Paolo Bea その2 | Main | 1995 Champagneその4 »

06/18/2009

Monopole 追加その14 (Macon)

これまでMaconに関しては、Chateau Fuisse以外書いていなかったので、ここにまとめてみた。ラベルに書いていないだけで、多分もっとたくさんモノポールがあると思う。

1) 2006 Macon-Solutre Clos des Bertillonnes / Domaine Robert-Denogent(2009/6/15-16飲)
最近発見して飲んだもの。FuisseのドメーヌでHPによれば、Pouilly-Fuisseの4種類のキュヴェとこのモノポールのMacon-Solutreをリリースしている。SolutreはFuisseの北隣にあるコミューンで大部分はPouilly-Fuisseの指定区域のはずだが、これはPouilly-Fuisseを名乗れない部分の畑なのだろう。テリのあるうすい黄。軽めだが、十分価格に見合った味わい。2日目がへたったというほどでもないが、1日目の方が活き活きとしていて良かった。

2) 2000 Pouilly-Fuisse Les Reisses Vieilles Vignes / Domaine Robert-Denogent(2005/2/16-18飲)
1番と同じドメーヌのワイン。この2000年のラベルにはモノポールの表記がなかったが、最近のヴィンテージのラベルにはモノポールの表記が見られるようになった。テリがある黄味がくっきりした色合い。どちらかというと樽香が前に出た味わいで、今ひとつ好みでなかった。このドメーヌのワインはなかなか旨いと感じるときと、やや派手だと感じるときがあるのだが、1番は前者で、この2番は後者の例。ただし、このワインはディスカウント価格で2000円以下で購入したため、価格相応ではある。

3) 2001 Clos des Vignes du Maynes, VdT de France / Domaine des Vignes du Maynes (Alain Guillot Pere et Fils) (2004/8/25-27飲)
Cruzilleの自然派ドメーヌ。本来MaconのAOCを名乗れるはずだが、テーブルワイン扱いのシャルドネ。自然派らしさのある鈍い黄金色。熟したリンゴのような過熟感が少しあるが、自然派的な雑香はない。典型的なシャルドネとは味わいがかなり異なるが、興味深いワインである。

4) 2002 Pouilly-Loche Clos des Rocs / Domaine du Clos des Rocs (2007/1/1飲)
こちらを参照

5) Vire-Clesse Chateau de Vire / Chateau de Vire (Prosper Maufoux)
ネゴシアン兼ドメーヌのProsper MaufouxがVireに所有するシャトーに隣接する区画。一度も見かけたことがなく未飲。
以上

|

« Paolo Bea その2 | Main | 1995 Champagneその4 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Monopole 追加その14 (Macon):

« Paolo Bea その2 | Main | 1995 Champagneその4 »