« Paolo Bea | Main | 最近飲んだDolcetto »

05/14/2009

Pergole Torte (90, 92, 94, 95)

年度末の忙しい時期に飲んだもので、Le Pergole Torteの少し熟成したヴィンテージを飲む企画。サンジョヴェーゼ100%のワインで、その名称は1968年に植えられた面積2haの区画名から取られている。初リリースは1977年で、作柄の悪かった1984、1989、1991、2002を除き、現在までリリースされている。女性の顔が描かれているので有名であるが、そのようなラベルになったのはおそらく1982からであり、それ以前は現在の裏ラベル(こちらが本来の表ラベルといえるのだが)と同様の文字だけのラベルであった。また、1987ヴィンテージあたりまでは1ケースに2、3本しか顔付のラベルが入っていなかった。(2009/3/29飲)

Pergoletorte_1995Pergoletorte_1994_2Pergoletorte_1992_2Pergoletorte_1990_2

1) 1997 Ronco delle Acacie, Colli Orientali del Friuli Bianco / Le Vigne di Zamo
フリウリの白。Tocai Friulano, Chardonnay, Pinot Bianco。由緒あるRosazzo修道院の畑からつくられるZamo家の看板ワインであったが、1994年から畑の賃貸権利を失ったため、このヴィンテージでは修道院近くの別の畑からつくられている。収穫年から12年経ってそれなりの熟成感が出ている。熟成感が強く出ているというほどでもないのだが、もっとフレッシュな内(5年くらい前)に飲んだ方がおいしかったと思う。なお、このワインの姉妹版の赤であるRonco dei Rosetiはパワフル系ではないが熟成しても非常に旨いボルドータイプのワインである。

2) 1995 Le Pergole Torte, VdT di Toscana / Fattoria di Montevertine
ペルゴール・トルテは基本的にあまりパワフル系ではない優美で繊細なサンジョヴェーゼであり、ボトルの状態が重要である。この95は熟成感がそれなりに出ているが、思ったよりも線が細めで、ベストな状態とまではいかなかったが、まずまず飲めた。

3) 1994 Le Pergole Torte, VdT di Toscana (1500ml) / Fattoria di Montevertine
3番と4番はマグナムである。94はボトル上部の1杯目は少しどろんとして透明感に欠ける熟成感があり、今ひとつと思われたが、2杯目はきれいな味わいが出てきて一安心といったところ。

4) 1992 Le Pergole Torte, VdT di Toscana (1500ml) / Fattoria di Montevertine
92はオフヴィンテージといえるのだが、ボトルの状態が今回の4本中最も良く、きれいな熟成をしており、線が細いなりにかなりおいしく飲めた。

5) 1990 Le Pergole Torte Riserva, VdT di Toscana / Fattoria di Montevertine
このボトルは1990のみつくられたリゼルヴァで、ネックの部分に表ラベルと同じ女性の絵の小さいラベルが貼られている。このワインと同時に購入した1988は2005/9に飲んで非常に良かった記憶がある。結果的にいうと、凝縮感、旨みではこの日飲んだ赤の中では突出しており、最上級のブルネッロのように感じる瞬間もあった。ただ、ボトルの状態、ワインの若々しさとしては、以前の飲んだ1988の方が上だったと思う。

6) 1994 Montevertine Riserva, VdT di Toscana / Fattoria di Montevertine
メインの料理の出てくるタイミングが遅れてしまい、5番の後にお店よりサービスで出していただいた。このキュヴェはPergole TorteやIl Sodaccioとは別の区画のワイン。ほど良い熟成感が出て柔らかい味わいで5番の後でもおいしく飲めた。

7) 1993 Picolit Riserva, Colli Orientali del Friuli / Abbazia di Rosazzo (Le Vigne di Zamo)
500ml。1番の生産者によるフリウリの甘口(ピコリット)。こちらはRosazzo修道院の畑だった時期のボトル。ややくすんだ黄金色で、そこそこの熟成感があり。甘みは非常に強いというわけでもなく、エレガントなワイン。この品種は他の甘口ワインにはない個性があると飲むたびに思う。
以上

|

« Paolo Bea | Main | 最近飲んだDolcetto »

Comments

縛りの嫌いな方は初回3 正直値段だけみれば、かなり通常コースより安いです。
その場合の価格は30日分で7280円(税別)という価格になっており、普通の20代や30代の方なら、正直美容液としては割高ではありますよね。
継続期間別に表にしてみました。
当然期間内に関してはコースに応じて6・8か月コースのしばりはでてきますが、この金額の差は大きいのではないでしょうか?
という方は初回一本分の料金の全額を、60日間の間なら返金してくれる制度です。
60日返金保証対象時はこの限りではありません。
返金保証は定期コース最大のメリットです。
広大な客を歓迎して買います! ベル&ロスの原点であり、大きな影響を与えた存在としてドイツの『Sinn(ジン)』という時計メーカーがあります。
ベルブランを初回購入する場合、2019年9月現在通常の単品コース以外は、上の3パターンの期間の定期コースからお選びいただくのですが、6・8か月の定期コースなら一本目のお値段は一緒です。
縛りの嫌いな方は初回3,200円の定期コースもあります。
ベルブラン一本の値段は、期間が長ければ長いほど安い値段になっています。
どれくらい安いかというと、料金は次のようにお得になっています。
ここまでで、定期コースが料金的にはかなり安いという事は分かっていただけたと思います。
8ヶ月で12000円以上もの差が出ますので、定期コースは長期間のコースがやはりお得といえるでしょう。
しかしこれが定期コースの6・8か月コースになると期間にはよらず、初回の方の一本目はなんと1980円です。
少々の軽い小キズ・擦りキズはありますが、目立つ様な深いキズはありません。
軽く磨いただけで結構目立たなくなりましたが、手強そうな傷も散見するので修理屋に持って行こうと思ってます。
強いつながりをもつ2つの世界の遭遇。
業界でも高い知名度と好評度を持っております。
世界一流のスーパーコピーブランド時計の卸売と小売を行っております。
私が調べたところ、楽天やamazonに比べてもこのベルブランの定期コースは安いですし、そもそも定期コースは販売元であるあいび様公式サイトのみのサービスです。
私は時計通じゃないですが、50万円位の他の時計を見比べるとベル&ロスは、そのレベルに達していないのかなとは思います。
オーバーホールに関しても、あまり手の込んだムーブメントなら高くなりますが、多少の付加機能のモジュール付けなら、値段はそんなに変わりませんよ(街の時計修理屋の値段)。
ロゴの形は腕時計を表しており、そこには創業者2人の名前、ブランドに関わる様々な才能、スタッフ、マスター・ウォッチメーカー、プロフェッショナル・ユーザーを意味しているそう。

その他の世界一流スーパーコピー https://www.yuku006.com/ProductList1.aspx?TypeId=791642879355746

Posted by: その他の世界一流スーパーコピー | 08/06/2020 19:11

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Pergole Torte (90, 92, 94, 95):

« Paolo Bea | Main | 最近飲んだDolcetto »