« 2009/2に飲んだワイン色々(イタリア編) | Main | Courbissac (Marc Tempe) »

03/09/2009

Edi Kante

以前エトリヴァンが輸入していたが、久しぶりに輸入された(と思われる)トリエステの生産者(スロヴェニア側に盲腸のように張り出した部分)。地区的にはZidarichと同じで、DOCはCarso。この地方の地質は石灰岩地帯でカルスト地形の語源になっている。
全体にミネラル感の強い硬質で細身のワイン。個人的にはやや樽香が強すぎるのが今ひとつな点。

1) NV VdT Bianco Extro / Kante (2009/3/3-5)
情報なしに買った白ワイン(無年号のテーブルワイン扱いだが、価格は下記2番と同じく6500円もした)。初めの内はやや樽香のきいた比較的細身の硬質な引き締まった味わい。飲み進めて、ボトルの残り1/4くらいになって、かなりぼんやりと濁ってきて、最後の1/5くらいの部分は桃のジュースのように白濁していた。ボトルの色が暗いので、外からはよくわからないのである。ワインが劣化しているということは全くないが、予期しないだけに、かなりびっくり。その後インターネットをながめていたら、品種はChardonnay, Malvasiaで、樽の最下部のオリの部分を瓶詰めしたものらしい。なんでこんな変なのをつくったんでしょうか?ワイン(ボトルの4/5の部分)自体はまともだが、価格は少し高い。

2) 2000 Malvasia Selezione, Carso / Kante (2009/2/18-19)
これはバック・ヴィンテージを後からリリースしたもの。9年近く経っているが非常に若々しく、樽香がまだ強め。こちらも硬質な味わいでポテンシャルは感じられる。個人的にはまだ樽香がきつい。

3) NV Vino Spumante di Qualita Brut Metodo Classico Cuvee Kappa Kappa / Kante (2009/1/13-14飲)
Ch 70%, Malvasia 30%。泡物は初めて。黄金色でガス圧はあまり高くない。やや甘いのと味わいも酸の切れが今ひとつ。

以下は、以前エトリヴァンが輸入していた時代のもの。
白は全体的な印象は似ているが、Vitovskaをもう一度飲んでみたい。9番のTerranoはRefoscoの別名。びっくりするほど酸とミネラル感が強い細身のワイン。

4) 1997 Sauvignon, Carso / Kante (2004/1/10)
5) 1997 Vitovska, Carso / Kante (2000/6/4-6)
6) 1997 Sauvignon, Carso / Kante (2000/4/10-12)
7) 1997 Malvasia, Carso / Kante (1999/11/13-14)
8) 1997 Chardonnay, Carso / Kante (1999/11/9-10)
9) 1995 Terrano, Carso / Kante (1999/10/2)
以上

|

« 2009/2に飲んだワイン色々(イタリア編) | Main | Courbissac (Marc Tempe) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Edi Kante:

« 2009/2に飲んだワイン色々(イタリア編) | Main | Courbissac (Marc Tempe) »