« 2009/2に飲んだワイン色々(フランス編) | Main | Edi Kante »

03/07/2009

2009/2に飲んだワイン色々(イタリア編)

個別に取り上げたワイン以外に飲んだイタリアワインの2009/2月分は6本。どれか1本というと6番。1、2、3番は少しがっかり。

1) 2004 Vinupetra, Sicilia IGT / I Vigneri (Salvo Foti) (2009/2/3-4飲)
エトナ火山の北斜面でつくられるワイン。2002に続き、これが2回目。品種はNerello Mascalese, Nerello Cappuccio, Alicante, 'Fransini(Unknown Variety)'。全体的な印象は前回の2002と同じなのだが、前回と比べて、かすかに濁ったようなトーンが奥底に感じられ、今ひとつの出来か。そこそこはうまいのだが。

2) 2003 Ruberpan, Rosso Veronese IGT / Leonildo Pieropan (2009/2/13-14飲)
Corvina 60%, Londinella & Croatina 40%。ピエロパンがリリースした赤ワイン(これが初ヴィンテージ)。つくり的にはValpolicellaよりもAmaroneに近く、干しブドウの風味がかなり強く、個人的には苦手なタイプのワイン。

3) 2007 Frascati Superiore Secco Vigneto Santa Teresa / Fontana Candida (Gruppo Italiano Vini) (2009/2/14-15飲)
1000円ちょっとの白ワインであるが、バートン・アンダーソンの本でも200本中に取り上げられていたワイン。Malvasia Bianca di Candida 30%, Malvasia del Lazio 30%, Trebbiano Toscano 30%, Greco 10%。ややうすい黄色だが、今ひとつ色合いに輝きがない気がする。若いワインにしてはそこそこ熟成感があり、こういうつくりなのかどうか不明。フラスカーティはPiero Costantiniのものがミネラル感たっぷりで好みだった(最近売っているのを見かけない気がする)。

4) 2006 Rosae, VdT Rosso / Giuseppe Rinaldi (2009/2/25-26飲)
Barolo村の生産者。珍しい地元品種Ruche 100%。赤みが強く、色合いは濃厚だが、タンニンはあまり感じられない。ピエモンテのワインらしい少しくせのある香味があるが、ネッビオーロやバルベーラと比べると、1種の花のような芳香が特徴的。個性的なワイン。

5) 2007 Sudtirol Brixner Eisacktaler Sylvaner / Weingut Kofererhof (2009/2/27-3/1飲)
初めて飲むアルト・アディジェ州最北部のVarnaの生産者。色は少しレモン色ぽい黄色。やや派手なつくりで今既に十分飲める状態。残糖のニュアンスはほとんどなし。まずまず。

6) 2004 Alto Adige Lagrein Riserva Athesis / Kettmeir (2009/2/28-3/1飲)
これも初めて飲むアルト・アディジェ州Caldaroの生産者。かなりしっかりしたルビー色。ラグレインらしいプルーンのような香味。やや地味だが、充実している。
以上

|

« 2009/2に飲んだワイン色々(フランス編) | Main | Edi Kante »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2009/2に飲んだワイン色々(イタリア編):

« 2009/2に飲んだワイン色々(フランス編) | Main | Edi Kante »