« 2008/6に飲んだワイン色々 | Main | Monopole 追加その9 »

07/03/2008

2008年4-6月に飲んだBordeaux

2008年4月~6月に飲んだボルドー・ワインについての簡単なメモ(自分で購入したもののみ)。フランス他地域やイタリアの普段飲み用のワインがやや手薄になっていたこともあり、クリュ・ブルジョワを中心として計20本も飲んでしまいました。格付けシャトーの2と7は別格として、4、9、13、14、17(1日目)、20あたりが特に良かった。

1) 2000 Chateau Caronne Ste Gemme, Haut-Medoc (Cru Bourgeois) (2008/4/7-8飲)
Nony-Borie家が所有するSaint-Laurentのクリュ・ブルジョワ。CS65%, M33%, PV2%。ヴィンテージが良いこともあり、これもよくまとまっているワイン。今飲んでもそれなりにOK。

2) 1998 Chateau Rauzan-Segla, Margaux (2008/4/11飲)
375mlボトル。自分で買うのは初めてのマルゴーの2級シャトー。CS61%, M35%, CF2%, PV2%。濃厚さで押すタイプではないが、上品にまとまっている。今飲んでも十分おいしく飲める。相当なうまさ。

3) 2003 Chateau Paloumey, Haut-Medoc (Cru Bourgeois) (2008/4/20-22飲)
CS65%, M35%。オーメドック南部のLudonのクリュ・ブルジョワ。長い間ワインをつくっていなかったようだが、1990年に復活。2003年というヴィンテージのせいか現状でもかなり開いているのだが、若干甘めのニュアンスがあってちょっと物足りない。

4) 2000 Chateau La Fleur Milon, Pauillac (Cru Bourgeois) (2008/5/5飲)
375mlボトル。CS65%, M25%, CF5%, PV5%。あまり見かけないポイヤックのクリュ・ブルジョワ。樽の高級感やすごい凝縮感はないが、しっかりとつくられたボルドーで、ビターな味わいが好感持てる。

5) 1985 Chateau Trimoulet, St.-Emilion Grand Cru Classe (2008/5/6飲)
1996以降Grand Cru Classeから格下げになってしまったシャトー。最近やまやで入手したボトル。色合い、味わいともに結構熟成感が出ているが、まずまず飲めた。サンテミリオンらしさは十分に出ている。

6) 2000 Chateau Duthil, Haut-Medoc (Cru Bourgeois) (2008/5/10-11飲)
Chateau Giscoursが所有するオーメドック南部のLe Pian Medocのクリュ・ブルジョワ。それなりに濃度もあるのだが、まだ若いということを差し引いても、今一つ切れがないというかグラスが進まない。特に2日目は若干酸化風味が出てきてしまった。

7) 1987 Chateau Latour, Pauillac (2008/5/15飲)
銀座での持ち寄り会で子羊とあわせて飲んだもの。オフ・ヴィンテージのため、色は良年のものに比べるとそれほど濃くなく、この後に続けて飲んだ1983 Leoville Las Cases, 1983 Pichon Lalandeと比べてもやや熟成感があり。ただし、ワインとしての旨みはそれなりにキープしており、ラトゥールなりの存在感は備えていた。

8) 2004 Chateau Listran Cuvee Prestige, Medoc (Cru Bourgeois) (2008/5/18-19飲)
メドックの中でも北部のJau Dignac et Loiracのクリュ・ブルジョワ。それなりに濃度もあるが、1日目はタンニンが硬めで今一つ。2日目は丸みが出てきてそれなりに飲めるようになった。価格が2000円以下なのでそれを考えるとまずまず。

9) 2000 Chateau Lanessan, Haut-Medoc (Cru Bourgeois) (2008/5/22-24飲)
Cussac Fort-Medocのクリュ・ブルジョワ。Delbos-Bouteillerが所有。CS75%, M20%, PV4%, CF1%。よく見かけるシャトーだが、飲むのは10年ぶりくらいか?こなれるのに30分ほどかかった。派手なところは全くないが、クリュ・ブルジョワのお手本のような手堅い味わい。2000年というヴィンテージがよいこともあると思うが、なかなかうまいです。

10) 2002 Chateau de Malleret, Haut-Medoc (Cru Bourgeois) (2008/5/24飲)
6番に続いてオーメドック南部のLe Pian Medocのクリュ・ブルジョワ。CS65%, M30%, CF3%, PV2%。9番のラネッサンあたりと比べるとつくりが少しモダン。9番の方が好みだが、これはこれでまずまず。

11) 2001 Chateau Haut-Madrac, Haut-Medoc (Cru Bourgeois) (2008/5/31飲)
375mlボトル。CS75%, M25%。Pauillacの内陸側のSaint-Sauveurのクリュ・ブルジョワでCasteja家が所有。つくりはあまりモダンでなくやや荒削りなところもあるが、思ったよりもずっとおいしかったワイン。ニューワールドのカベルネにはない硬質なところが良い。価格は800円と特◎。

12) 2000 Vieux Chateau Landon, Medoc (Cru Bourgeois) (2008/6/3-4飲)
CS70%, M25%, Malbec5%。Begadanのクリュ・ブルジョワでGillet Cyril家が所有。これもあまり垢抜けずもたっとしたところがあるが、意外とグラスが進むワイン。ヴィンテージが良いせいもあろう。

13) 1996 Chateau Vieux Robin Cuvee Bois de Lunier, Medoc (Cru Bourgeois) (2008/6/8飲)
CS60%, M37%, CF&PV3%。これもBegadanのクリュ・ブルジョワでRoba家が所有。3種類のキュヴェをリリースしているようで、これは真ん中。すごくモダンではないが、思ったよりもしっかりしたつくり。少し熟成してきて、柔らかさが出てきている。これもグラスが進むワインで◎。

14) 2005 Chateau Labadie, Medoc (Cru Bourgeois) (2008/6/14飲)
Begadanのクリュ・ブルジョワの第3弾。M51%, CS43%, CF3%, PV3%。まだリリースしたての若いワインだが、それなりにしなやかさがあっておいしく飲めた。ボルドー的なニュアンスが比較的表に出ていなくて、酸もしっかりあるので、一瞬ボルドーではなく、少し濃い目のピノノワールでも飲んでいるようにも感じた。

15) 2003 Chateau Maucaillou, Moulis-en-Medoc (Cru Bourgeois) (2008/6/17飲)
Moulisでは有名な方のクリュ・ブルジョワだが、自分で買うのは初めて。CS52%, M41%, PV7%。まだ若く濃厚でムンムンしたニュアンスがあり、現状ではやや持て余し気味に飲んだが、それなりによくつくっていると思う。

16) 2003 Chateau Fontreaud, Listrac-Medoc (Cru Bourgeois) (2008/6/20-21飲)
CS53%, M43%, PV4%。最近飲んだボルドーとしてはタンニンが硬めで今一つ飲んでいて楽しめなかったワイン。ワインを飲み始めた頃の若いボルドーワインの一般的イメージがこんな感じの味わいだったが、こういうつくりのワインは最近少なくなってきたような気がする。

17) 2000 Chateau de Lamarque, Haut-Medoc (Cru Bourgeois) (2008/6/22-23飲)
サンジュリアンとマルゴーの間にあるLamarqueのクリュ・ブルジョワ。CS46%, M25%, CF24%, PV5%。ラベルが垢抜けないので、比較的見かける割に今まで飲んだことがなかった。15番と比べると少しこなれてきており、1日目はなかなかおいしく飲めた。ただ、ボトル1/4ほど残した2日目は酸化風味が出てきてしまい楽しめず。他の地域のワインに比べて、ボルドーは2日目以降こうなる確率が高い気がしている。

18) 2005 Chateau Larrivaux, Haut-Medoc (Cru Bourgeois) (2008/6/24飲)
初めて飲むCissac-Medocのクリュ・ブルジョワ。まだ若くかなり濃厚だが、そこそこ飲めた。グラス2杯目くらいまではなかなかいい線いっているように思ったのだが、ボトルの後半は何となくおとなしめに感じた。約2000円なので価格的には十分。

19) 1999 Chateau Tour Haut-Caussan, Medoc (Cru Bourgeois) (2008/6/25-26飲)
Philippe Courrianが所有するBlaignanのクリュ・ブルジョワ。CS50%, M45%, PV5%。北部メドックとしては有名なシャトーで風車のラベルが印象的。やや無骨なところがあるが、それなりの凝縮感もあり、1日目はなかなかよかった。2日目は17番ほどではないが、落ち気味。

20) 2000 Chateau Moulin a Vent, Moulis-en-Medoc (Cru Bourgeois) (2008/6/30飲)
Moulis-en-Medocのクリュ・ブルジョワ。CS60%, M35%, PV5%。比較的軽めであるが、柔らかい飲み口で思ったよりもグラスが進むワイン。
以上

|

« 2008/6に飲んだワイン色々 | Main | Monopole 追加その9 »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2008年4-6月に飲んだBordeaux:

« 2008/6に飲んだワイン色々 | Main | Monopole 追加その9 »