« Chassorney会 | Main | 1990 Clos du Mesnil »

06/18/2008

2005 Ponsot

ポンソの2005(MSD 1er Cru)を買った際にアリゴテも買ってみたので飲んでみました。

1) 2005 Bourgogne Aligote Cuvee du Rossignol / Laurent Ponsot (2008/5/31-6/2飲)
2002ヴィンテージあたりから見かけるようになったアリゴテ。今回初めて飲むのだが、ラベルの生産本数をみるとたった864本しかつくっていない(その割には比較的見かける気がする)。色はややぼんやりしたうすい黄色。ポンソの場合、Clos des Monts Luisantsもそうだが、鋭角的な酸とスモーキーな風味があり、やや神経質な感じがして個人的にはあまり楽しめる白ワインではない。食前酒としてグラス1杯ならおもしろいと思うのだが。アリゴテであれば、もう少しふくよかなニュアンスのあるCoche-Dury, Emmanuel Rouget, de Villaine, Alice et Olivier de Moor, Naudin-Ferrandあたりが今まで飲んだ中では好みの範囲に入る。d'Auvenayのアリゴテはうまくつくっていると思うが、樽のニュアンスが強いのであまり飲みたいとは思わない。

以下の3種類は、2008/4/26の東急本店の試飲で飲んだもの(ポンソ以外の生産者も4種飲んでいるが省略)。ポンソの2005年赤は確かに出来がよいが、個性的であることに変わりなし。

2) 2005 Gevrey-Chambertin Cuvee de L'Abeille / Domaine Ponsot
ポンソらしく酸がしっかりした味わい。なかなかよい。

3) 2005 Clos de Vougeot Cuvee Vieilles Vignes / Domaine Ponsot
色が2番や4番よりも少し黒っぽい。比較的重厚なクロ・ヴージョだが、かなり良い。

4) 2005 Chambertin / Domaine Ponsot
高いのでハーフサイズで(それでも7000円!)。3番と比べると一見軽やかだが、静かな威厳があるという感じ。同時に飲んだルソーのシャンベルタン(2005)よりも酸がやや表に出ているが、個人的には今でも十分うまいといえる味わい(でもルソーの方が好きです)。
以上

|

« Chassorney会 | Main | 1990 Clos du Mesnil »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2005 Ponsot:

« Chassorney会 | Main | 1990 Clos du Mesnil »