« 2007年総括 | Main | Le Mesnil シャンパン会 »

01/13/2008

2008年正月前後に飲んだワイン

年末年始期間中(12/31-1/6)に飲んだワインについてのコメント。1)~5)は帰省した際に実家で飲んだもの(弟が買ったワイン)。

1) NV Champagne Brut Reserve / Taittinger (2007/12/31飲)
例えばジャクソンあたりと比べてしまうと、ドサージュの味付けが濃く感じられ、グラスがあまり進まない。

2) 1999 Chateau Clerc-Milon, Pauillac (2007/12/31飲)
こちらを参照

3) 2001 Puligny-Montrachet 1er Cru Clavoillon / Domaine Leflaive (2008/1/1飲)
もうそれなりにおいしく飲めた。十分満足いくシャルドネ。

4) 2000 Vosne-Romanee 1er Cru Les Beaux-Monts / Domaine Daniel Rion & Fils (2008/1/1飲)
これはやや熟成が早めの気がするボトル。それなりに飲めるのだが、今一つ。

5) 2005 Riesling Kabinett, Rheingau / Schloss Vollrads (2008/1/2-3飲)
ほのかな甘みのあるきれいな味わい。比較的酸は柔らかめ。

以下は、自宅に戻って来て飲んだもの。
6) 2000 Champagne Brut Reserve / Mont d'Hor (Lemaire Pere & Fils) (2008/1/3-4飲)
ラ・ヴィネが少量輸入したランス北西のSt-Thierryという村のNM生産者。輝くような黄色。価格は10000円近いので微妙なところだが、上品で滑らかな味わいで、出来はなかなかよい。少し熟成ニュアンスもあるが、いいアクセントとなっている。

7) 1986 Chateau Phelan Segur, Saint-Estephe (2008/1/3飲)
自分で買うのは初めてのサンテステフの中堅シャトー。CS60%, M35%, CF5%。熟成感は中くらい。もう少し無骨なワインかと思いきや、ワインに滑らかさが出てきており今十分飲み頃。スケールは中くらいだが、満足いくボルドー。

8) NV Champagne Brut Grande Reserve / J.de Telmont (2008/1/4飲)
DameryのNM生産者。この生産者のスタンダード・キュヴェ。あまり期待していなかったが、大手メゾンのスタンダード・キュヴェよりも抑制が効いたつくりで思っていたよりもずっとうまい。以前飲んだことがあるキュヴェはこちら

9) 2003 Chablis 1er Cru Vaillons / Domaine Marcel Servin (2008/1/5飲)
375ml。最近インターネットで小売もするようになったハスミ・ワイントレーディングが輸入しているシャブリ。他のワインをまとめて注文した際にサービスでいただいたハーフボトル。黄味はやや強め。2003年というヴィンテージは、コート・ドール南部のシャルドネは酸がゆるくコッテリしたものが多いが、これはそれほどでもなく、なかなかおいしかった。ただし、けっこう太いニュアンスもあり、あまり長熟ではないように感じた(通常年のワインを飲んでいないので本当のところの違いはわからない。)。

10) 2006 Vino Spumante Brut Hispida Triple'A' / Castello di Lispida (Az.Agr.Lispida) (2008/1/6-7飲)
イタリア・ヴェネト州の泡物。ラディコンのような白ワインをつくる生産者で、スティル・ワインは2,3年前に一度だけ新宿御苑のタベルナ・ロッサーナで飲んだことがある。このロゼの泡物は色はかすかに赤みのあるミカン色。結構オリがある。香りに自然派系の泡物によくある1種の酢酸系のニュアンスが少しあるので、これがダメな人は全くダメでしょう。ボディはかなりしっかりしており、飲みごたえはあり。価格が4000円台というマイナスポイントを別とすると、自然派系の泡物(シャンパーニュの生産者は除く)としては中くらいという印象。
以上

|

« 2007年総括 | Main | Le Mesnil シャンパン会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2008年正月前後に飲んだワイン:

« 2007年総括 | Main | Le Mesnil シャンパン会 »