« 1996 Champagneその8 | Main | やや熟成したイタリア白ワイン »

11/29/2007

Martinelli (Zinfandel)

Martinelliのワイン会に参加した。ラインナップ的には下記1-1)~1-3)以外にPinot Noir, Chardonnay, Gewurtztraminer, Muscat Alexandria(甘口)も飲んだのだが、個人的な興味対象はジンファンデルのみ(日本で手に入らないSyrahには興味があるが)。急斜面のJackass Hill とその下部に位置するJackassの畑はソノマでも有数の歴史ある畑であり、ジンファンデルとしては高価なコレクターズ・アイテムとして知られている。今回飲んだジャッカスとジャッカス・ヒルは今まで飲んだ中でも非常によかったと思う。
なお、下記に挙げた他にもう1種Vigneto di Evoという真っ赤なラベルのキュヴェがあるのだが、日本に入っていないため未飲。Evoはワイナリーの現当主Lee Sr. Martinelliの従兄弟にあたる(2人ともGiuseppe & Luisaの孫)。

1-1) 2005 Zinfandel Giuseppe & Luisa, Russian River Valley / Martinelli Winery (2007/11/9飲)
Giuseppe & Luisa という名前は19世紀末にイタリアから移民して畑を切り開いた創設者夫妻の名にちなんでいる。次の2本と比べるとまだ非常にパワフル。もう1年くらい経つともう少し落ち着いてくると思われる。

1-2) 1998 Zinfandel Jackass Vineyard, Russian River Valley / Martinelli Winery (2007/11/9飲)
これは私が供出したもので以前Winetsu.comで手に入れたボトル。それなりに熟成感があるが、まだあと数年はこのままの状態を保ちそうな印象。以前飲んだときよりもふっくらとした飲み口であまり過熟感はなく、印象よし。

1-3) 1996 Zinfandel Jackass Hill Vineyard, Russian River Valley / Martinelli Winery (2007/11/9飲)
グラスに注いでしばらくは閉じていて金属的な質感が支配的だったが、その後徐々にほぐれてきた。以前飲んだジャッカス・ヒル2本(下記3と5-2)はパワーが前面に出たタイプだったが、こちらは全体にクールな質感に包まれているのだが、内に秘めた凄み・熱さを感じさせるワイン。この96は収穫年から11年で飲んでいるが、02は3年で、95は8年で飲んでおり、熟成感に違いが出ているということもあるだろう。基本的に香り高いワインではないのだが、すばらしいワインである。今回やっとこのワインの真の実力に触れた気がした。なお、さらに熟成させてもっとすばらしくなるかどうかという点については、個人的には急速に落ちはしないが、さらに化けるということはないように想像する。

以下は以前飲んだことのあるもの。
2) 1999 Zinfandel Vigna di Luisa, Russian River Valley / Martinelli Winery (2006/1/18飲)
U氏の飲み会にて。これはこちらを参照。

3) 2002 Zinfandel Jackass Hill Vineyard, Russian River Valley / Martinelli Winery (2005/1/8飲)
※F氏の会にて。非常にパワフルなアマローネのようなワインだったという印象。

4) 2001 Zinfandel Giuseppe & Luisa, Russian River Valley / Martinelli Winery (2003/10/4-5飲)
自宅で。まだ若くパワフルさが先走っているような感じで、今一つグラスが進まなかったという印象だが、その日の気分や体調にもよるのかもしれない。

5-1) 1998 Zinfandel Zinfandel Jackass Vineyard, Russian River Valley / Martinelli Winery (2003/4/19飲)
5-2) 1995 Zinfandel Zinfandel Jackass Hill Vineyard, Russian River Valley / Martinelli Winery (2003/4/19飲)
※F氏の会にて。
5-1)は今回飲んだ1-2)と同ヴィンテージを4年半早く飲んだことになるが、まだパワフルさが前面に出ていた反面、ややおとなしめだったという印象。
95のジャッカス・ヒルは過熟感が強く、パワフルでアルコール感の強さが印象的。

6) 1992 Zinfandel Zinfandel Jackass Vineyard, Russian River Valley / Martinelli Winery (2000/7/22飲)
NiftyのH氏の会で。初めて飲んだジャッカス。Helen Turleyは1993年からMartinelliに関わっているようで、このワインはそれ以前のものということになる。収穫年から8年で飲んだもので、それなりに熟成感もあるが、パワフルさもまだ保っていたという印象。
以上

|

« 1996 Champagneその8 | Main | やや熟成したイタリア白ワイン »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Martinelli (Zinfandel):

« 1996 Champagneその8 | Main | やや熟成したイタリア白ワイン »