« 1996 Champagneその7 | Main | 2007/10に飲んだワイン色々 »

11/07/2007

Opus One垂直

エノテカが主催したテイスティング会。以前から飲んでみたかった初ヴィンテージの1979が出るというので参加。全ヴィンテージのデータシートなどの資料も配られ、内容的、価格的にも非常に充実した会であった。これまでオーパス・ワンを飲んですごいと思ったことは一度もなかった(なので、自分では一度も購入したことがない)が、今回、蔵出しのマグナムということもあり状態がよく、非常においしく飲めた。
なお、CEOを初めとしてワイナリーの責任者3名が各テーブルを回って挨拶をした際、「ワイナリー開設から10年近くの間は隣のMondaviの畑等からブドウの供給を受けていたそうだが、現在はどうか?」という質問をしてみたが、「少量他から購入することもヴィンテージによってはあるが、ほとんど自前でまかなっている」という答えだった。(2007/11/3飲)

1) 1979 Opus One, Napa Valley (Magnum)
1番~6番の中では最も熟成感が出ているが、味わいはまだしっかりしている。ただし、もうピークの終わりに入っている。この日のベスト2。今まで3回飲んだことのあるMondaviのCS Reserve 1979を思い出した(隣の畑ということもあり、かなり似た味わいだと思う)。

2) 1986 Opus One, Napa Valley (Magnum)
輝くような3番と比べると、やや地味で沈んだようなところもあるワインだが、これ単独であれば十分なおいしさがある。

3) 1987 Opus One, Napa Valley (Magnum)
カリフォルニアのCSとしてはエレガントなつくりだが、芯の強さを感じるワイン。香気がぎっしり詰まっている感じがする。まだ若々しいのだが、個人的には今飲んで最高と思えるワイン。この日のベスト1。

4) 1997 Opus One, Napa Valley (Magnum)
この97でも既にヴィンテージから10年経っている。色合いも3番と5番の中間くらい。こなれてきているが、時間の経過とともにグラス内で少しずつ変化していった。ボトル1本飲んだら非常に楽しめるだろう。この日の3番目。

5) 2001 Opus One, Napa Valley
初めの内は若さが前に出てやや甘めに感じられたが、30分ほど経過したらこなれてきて非常に良くなった。これもエレガントなつくり。

6) 2004 Opus One, Napa Valley
まだ乳酸ぽいニュアンスが強め。少なくとも5年は待ちたいワイン。
以上

|

« 1996 Champagneその7 | Main | 2007/10に飲んだワイン色々 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Opus One垂直:

« 1996 Champagneその7 | Main | 2007/10に飲んだワイン色々 »