« Monopole 追加その5 | Main | Clos Triguedina »

10/09/2007

Ruche di Castagnole Monferrato

イタリア・ピエモンテ州の地元品種Rucheによるワイン(DOC)。位置的にはAstiの北東側になる。最近、下記1番が輸入されたので早速飲んでみた。くせのある味わいだが、また、違う生産者のものが輸入されたら飲んでみたい。一番飲んでみたいのは、BarbarescoもつくっているScarpaという生産者のBriccorosa(VdT名義)。Scarpaのワイン自体はたまに見かけるが、この銘柄は見たことが無い。

1) 2006 Ruche di Castagnole Monferrato / Cascina Tavijn (2007/10/6-7飲)
Scurzolengoという村。Nadia Verruaという女性がつくっている。濃い紫色系ルビー。モスカートのような品種の赤版というタイプで、ややくせがある芳香。他の州でいうとマルケ州のLacrima di Morro d'Albaあたりとも似ている気もする。ボリューム感ある味わいでしっかりしたつくりだが、たまにならば飲んでもよいかという感じ。

2) 2001 Ruche di Castagnole Monferrato / Dario Rappellino(2003/9/26-27飲)
Grazzano Badoglioという村で1番のScurzolengoよりもさらに北側にある。以前、神戸のワインショップ・ジェロボアムが入れていたもの。飲んだ印象はおぼろげだが、1番とほぼ同様。
以上

|

« Monopole 追加その5 | Main | Clos Triguedina »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Ruche di Castagnole Monferrato:

« Monopole 追加その5 | Main | Clos Triguedina »