« Charmes Chambertin (Jacky Truchot) | Main | 2007/9-10に飲んだ泡物 »

10/29/2007

Domaine Colinot (Irancy)

先にVincent Dauvissatのものを取り上げたが、こちらはイランシーが本拠地のドメーヌ。畑別のキュヴェをリリースしており、Le Mer du Vinのドメーヌ紹介記事を見ると、以下に飲んだもの以外でLes Cailles (PN100%)というのもあるようだ。全体として、薄くて酸の強いワインではなく、かなりしっかりした味わい。ただ、5%前後含まれるセザール(Cesar)という品種の影響なのかどうかよくわからないが、ハーブぽいワイルドな味わいが少しある。畑別のキュヴェの違いは同時に飲んでいないので、ほとんどわからないが、どのキュヴェも先に飲んだドーヴィサのイランシーよりも力は上であるし、大部分のドメーヌ物のブルゴーニュ・ルージュよりも少し上だと思う。ただ、このワイルドな風味が好きになれないという人もいるだろう。

1) 2005 Irancy Vieilles Vignes (Cuvee Cesar) / Anita, Jean-Pierre & Stephanie Colinot (2007/10/23-24飲)
PN 95%, Cesar 5%。このVVのキュヴェはトップ銘柄ではなく、単一畑のキュヴェより少し価格的には安い。2003年ほどではないが、この2005年も十分しっかりした出来で飲みごたえあり。

2) 2003 Irancy Cote du Moutier / Anita, Jean-Pierre & Stephanie Colinot (2007/5/4飲)
PN 98%, Cesar 2%。2003年は酷暑の年だったが、この北の涼しい産地にとっては、それがプラスに作用している気がする。かなり力強い味わい。ただし、3番よりも1年後に飲んでいるため、少しこなれてきたという印象。

3) 2003 Irancy Palotte / Anita, Jean-Pierre & Stephanie Colinot (2006/6/17-18飲)
PN 95%, Cesar 5%。こちらはリリース直後に飲んだこともあり、まだ紫色が濃く、非常にパワフル。

4) 2000 Irancy Les Mazelots / Anita & Jean-Pierre Colinot (2003/8/17-18飲)
PN 100%。この時点では、まだ娘のステファニーの名前は入っていない。2000年は色もやや淡く、優しい味わいだが悪くない。これはセザールが入っていないキュヴェだが、やはりワイルドな野生ブドウぽい風味が少しあるように思った。
以上

|

« Charmes Chambertin (Jacky Truchot) | Main | 2007/9-10に飲んだ泡物 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Domaine Colinot (Irancy):

« Charmes Chambertin (Jacky Truchot) | Main | 2007/9-10に飲んだ泡物 »