« 2006 Beaujolais Nouveau | Main | Guy Bussiere »

11/21/2006

今年飲んだBeaujolais

今年のボージョレ・ヌーヴォーを飲んでしまったところで、今年に入ってから飲んだ(ヌーヴォー以外の)ボージョレのワインについてまとめてみた。

1) 2003 Morgon / Domaine Jean-Ernest Decombes (Georges Duboeuf) (2006/4/25-26飲)
デュブッフのリリースする単一ドメーヌ物。この銘柄は調べてみると1996を8年ほど前に飲んだことがある。当時は現在ほどいろいろなドメーヌ物のボージョレが日本に出回っていなくて、これでもそれなりにおいしかったような気がするのだが、様々な個性的なガメイのワインを知ってしまった今の味覚で云うと、かなりあっさり目の味わいで見劣りしてしまう。

2) 2003 Regnie Cuvee Vieilli en Fut de Chene / Domaine Christian Ducroux (2006/5/4飲)
LantignieというRegnieの西隣の村の生産者。昨年ヌーヴォーを注文したが、入荷が少なくて買えなかったので、特異なヴィンテージ2003年のスペシャル・キュヴェに挑戦。かなり肉厚でしっかりつくったワインで2003年的なマイナス面はあまり感じない。価格的には文句なし。

3) 2003 Fleurie Cuvee L'Ultima / Yvon Metras (2006/6/22-24飲)
Fleurieの生産者。これも2003年のスペシャル・キュヴェ。若干自然派系の風味があるが問題なし。ボージョレとしてはかなり濃い色合いで、噛めるような味わいだが悪くない。今度は通常キュヴェも飲んでみたい。

4) 2004 Beaujolais Vin de Primeur / Philippe Pacalet (2006/8/16-17飲)
2年遅れのヌーヴォー。某ショップのHPの賞品で今年当たったもの。ぼんやりと濁ったうすめの色合い。味わいはパカレ風味がはっきり出ているが、2年経って特に落ちているという味わいはなく、暑い季節にロゼ・白ワイン的にぐびぐび飲めた。期待していなかった分、何となく得した気分。

5) 1996 Morgon Le Clos de Lys / Domaine Joseph Chamonard (2006/9/12-13飲)
Villie-Morgonの生産者。バック・ヴィンテージを購入したものだが、10年経過した年から判断するよりも色が薄めで、味わいもそれに比例してかなり柔らかい。熟成が早いような気がするが、この生産者の若いワインを飲んでいないのでなんともいえない。
以上

|

« 2006 Beaujolais Nouveau | Main | Guy Bussiere »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 今年飲んだBeaujolais:

« 2006 Beaujolais Nouveau | Main | Guy Bussiere »