« 忘年会 | Main | Anselmi »

01/12/2006

Monopole 15 (Puligny-Montrachet)

少ないながらもモノポールがある。

1) Puligny-Montrachet 1er Cru Clos de la Mouchere / Domaine Jean Boillot / Blanc (2000:2005/9/3飲)
1er Cru 1er Cru Les Perrieres (8.41ha)の約半分の部分。
Jean BoillotはVolnayのドメーヌで、Jean-Marc BoillotやEtienne Sauzetと親戚関係にある。
最近飲んだ2000年だが、樽香はかなり強めながらもメリハリ効いたつくりでよい出来。

2) Chevalier-Montrachet Clos de Chevalier / Domaine Jean Chartron / Blanc (未飲)
特級区画のモノポール。Chartron家はBouchard, Leflaiveに次いでChevalier-Montrachet の第3位の所有者(1.0ha)。Puligny-Montrachet村に3つ(2~4番)のモノポールを所有する。すばらしい区画を持っており、まずまずのワインをつくっているのだが、あまり長熟ではないという印象で最上位グループには残念ながら入っていないのが正直な印象だ。
このワインは2001年を購入しているが未飲。

3) Puligny-Montrachet 1er Cru Clos des Caillerets / ①Domaine Jean Chartron,②Domaine des Lambrays / Rouge & Blanc (Rouge:未飲,Blanc:2000 (Chartron):2005/10/1-2飲,1995 (Lambrays):2005/11/23-24飲)
Les Cailleret s (3.33ha)は、特級Montrachetの北東側に続く1級畑であり、ピュリニイ・モンラッシェの1級では最高といわれている区画である。Montrachetに隣接している部分はLes Demoiselles (0.60ha)と呼ばれて区別されてリリースされる。Clos des Caillerets は、Domaine Jean Chartron が保有していたが、1990年代中頃に相続問題でLambraysとHubert de Montilleに畑の一部を売ったということである。ただし、Lambrays のラベルにはMonopoleの表示はなく、de MontilleのラベルではLe Cailleretと表記されており,Closの表記はない。また、Chartronの最近のラベルはClos des Caillerets,Lambraysの方はClos du Cailleretという表記になっている。
このモノポールは、白と赤があるが、赤は、ただでさえ珍しいPuligny-Montrachetの赤でも1級という珍品だが、日本では見かけたことがない。ドメーヌの直売か、現地のレストランで飲むしかないだろう。
Chartronの白は2000年を飲んだが、樽香も適度で既にかなりおいしい状態。あまりこってり系のワインではないが悪くない。
Lambraysの白は1995年を飲んだ。それなりに熟成してきた黄金色。蜜系の味わいがかなり出ているが、こってりした感じはあまりなく、ミネラルが強い硬質な味わいでこれもなかなか。

4) Puligny-Montrachet 1er Cru Clos de la Pucelle / Domaine Jean Chartron / Blanc (未飲)
Les Pucellesの一部を占めるモノポール。
時々見かけるワインだが、今のところ未飲。

5) Puligny-Montrachet 1er Cru Clos de la Garenne / ①Domaine du Duc de Magenta (Louis Jadot),②Paul Pernot et ses Fils / Blanc (Duc de Magenta-2000:2006/1/6-7飲、Pernot-2002:2005/12/13-14飲)
1.53ha。Les Folatieresの北側に隣接。ClosのつかないLa Garenneは斜面の最上部にあり、このClosとは全く隣接していない区画である。Duc de Magenta (Louis Jadot)が独占的にリリースしていると思っていたが、少なくとも2002年物をPaul Pernotもリリースしている。ただし、Pernotのラベルにはモノポール表記はない。
Duc de Magentaの2000年は今年になってから飲んだ。ピュリニーらしくあまりこってり感はないが、思ったよりも樽香が強く、個人的にはややきびしいレベルだったが、これをおいしいと感じる人もいるだろう。
Pernot は昨年末に2002年を飲んだ。色は薄めで、まだ樽のヴァニラ香が強い。そんなに硬いワインではなく、今でもそれなりに飲めるわかりやすい味わい。2日目の方が少しよかった。

6) Bourgogne Clos du Chateau / Domaine du Chateau de Puligny-Montrachet / Blanc (2002:2005/8/24-25飲)
シャトーの敷地内にある畑とのこと。このPuligny-MontrachetのドメーヌはMontrachetも所有している。所有者は投資会社のようだが、最近Hubert de Montilleの当主Etienneがワイン作りを指揮するようになった。
それなりに樽が効いており、細身だが価格的には十分納得のワイン。
以上

|

« 忘年会 | Main | Anselmi »

Comments

当店はスーパーコピーブランド商品専門ネットショップで、
私達は長年の実体商店の販売経験を持って、あなたのために品質最上のブランドスーパーコピー時計、ブランドスーパーコピーバッグ、ブランドスーパーコピー財布。
製品はされています高品質と低価格で提供,
★N品質シリアル付きも有り 付属品完備!
全品全国送料無料。
客を歓迎して買います!
誕生日プレゼント https://www.yuku006.com/ProductList1.aspx?TypeId=568839025999364

Posted by: 誕生日プレゼント | 05/05/2020 06:25

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Monopole 15 (Puligny-Montrachet):

« 忘年会 | Main | Anselmi »