« Robert Doyardの泡物 | Main | Monopole 11 (Beaune etc) »

07/03/2005

Vosne-Romanee Les Gaudichots

Vosne-Romanee 1er Cru Les Gaudichotsは,1936年に当時1er CruだったLes Gaudichots au La Tache が特級に格上げされた際に残された残骸のような区画で,面積は合計すると1.03haあるそうだ。地図上でみると小さな3つの区画に分かれているようだが,どの生産者がどこの部分を持っているのかは不明。現時点で知る限りで以下の3つの生産者がワインをリリースしており,その他にMaison Nicola Potelがネゴシアン物をリリースしている(未飲)。また,その他では,LamarcheとDRCも若干の区画を持っているようで,DRC が1999と2002年にリリースしたVosne-Romanee 1er CruにはLes Gaudichotsからのぶどうも含まれているという噂もあるが真偽は定かでない。
飲んだ印象では,いずれもLa Tacheを名乗るだけの力は残念ながら感じられないが,生産者の技量にも関係するので仕方ないのかもしれない。

1) 2000 Vosne-Romanee 1er Cru Les Gaudichots / Domaine Forey Pere et Fils
Vosne-Romaneeのドメーヌで,最近まで所有者に代わりLa Romanee等をつくっていた生産者。まだ若々しい少し濃い目のルビー。ほんの少しニュージーランドのピノあたりに感じるモダンなニュアンスあり。特級のポテンシャルがあるかといわれると微妙だが,きれいに作られている。今でもそれなりにおいしいが,もう少しおいた方がベター。(2004/1/11飲)

2) 2000 Vosne-Romanee 1er Cru Les Gaudichots / Domaine Thierry Vigot
Nuits-Saint-Georgesの西側に位置するMessangesのドメーヌ。このドメーヌがリリースする区画はMme Gilberte Thomas (Thomas Moillardの一族)が所有する畑とのこと。中位のきれいなルビーで思ったよりも細身で可憐なワイン。特級のポテンシャルはないが,Foreyのワインよりも好みの作り。(2004/12/9-10飲)

3) 1995 Vosne-Romanee 1er Cru Les Gaudichots. / Domaine Machard de Gramont
Primeaux-Prisseyのドメーヌ。少し熟成が入ってきた中位のルビー。香りは閉じており,果実味も弱めで味わいも元気がない。飲んで飲めなくもない程度であるが,状態がよくないボトルで残念。(2005/6/3飲)

以上

|

« Robert Doyardの泡物 | Main | Monopole 11 (Beaune etc) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Vosne-Romanee Les Gaudichots:

« Robert Doyardの泡物 | Main | Monopole 11 (Beaune etc) »