« Monopole 5 (Chambolle-Musigny) | Main | Monopole 6 (Vougeot) »

04/06/2005

1990 Daniel Moine-Hudelot

シャンボール・ミュジニー村の3大有名畑の1990年の比較ということで,Daniel Moine-Hudelotのワインを飲んだ。この3畑を所有しているドメーヌは,この作り手以外ではComte Georges de Vogue,Georges Roumier,Jacques-Frederic Mugnier (Chateau de Chambolle-Musigny),Louis Jadot,Joseph Drouhinの5つのみだと思う。ルロワとドルーアン・ラローズにミュジニーの畑を売却したドメーヌで,他にClos Vougeot (0.15ha)も所有。バック・ヴィンテージを今でも見かけるドメーヌだが,現在も2002年のシャンボール・ミュジニー・レ・ザムルーズとかのワインはリリースしているようだ。(2005/2/5飲)

1) 1990 Champagne Brut Cuvee Sir Winston Churchill / Pol Roger
Epernayが本拠地の大手メゾン。1975が初ヴィンテージ。品種比率は公表されていないが,PN80〜70%,Ch20〜30%程度らしい。1990の次は1993で,現行ヴィンテージは1995。ピノノワール主体のキュヴェであるが,ぼてっとした所がなく,バランスよいつくり。シャルドネの少し甘酸っぱいようなニュアンスも感じられ,味わい深い。あまり重たくなくスタイリッシュにつくっている所も好み。今度は現行の95を飲んでみたい。

2) 1990 Morey-Saint-Denis En La Rue de Vergy Blanc / Domaine Bruno Clair
Clos de Tartの山側にある村名畑でBruno Clairはこの畑で赤と白両方作る。コート・ド・ニュイの白らしく,樽香が少し強めの少し無愛想なワイン。コート・ド・ボーヌのシャルドネとは違い,華やかさはない。年の割りに熟成感は少なめ。

3) 1990 Puligny-Montrachet 1er Cru Champ-Canet / Domaine Etienne Sauzet
Meursault Perrieresと接する1級畑。2)よりはねっとり感あるが,全体にややこぢんまりした感じ。熟成感はそこそこ出ていた。

4) 1990 Savigny-Les-Beaune Cuvee Arthur Girard / Hospices de Beaune (Elevage:Philippe D’Argenval )
オスピス・ド・ボーヌのサヴィニイ・レ・ボーヌは3種あるが,一番力強く,ポテンシャルがあるといわれているキュヴェ。畑はLes Peuillets(1ha), Les Marconnets(0.8ha)のブレンド。このボトルのみ当日持ち込んだため,タンニンが荒れており,今ひとつ。実際まだパワフルなワインだっただけに残念。ボトルにはオリがべっとり。

5) 1990 Bonnes-Mares / Domaine Daniel Moine-Hudelot
0.32ha所有。やや色は薄めでチャーミングなニュアンスが表に出ている。赤い花系の香りはよく出ており,さすがグラン・クリュのワインである。他の2つも含めて,ワインのつくりは全体にソフトな感じで(強いていうと)モンジャール・ミニュレあたりを連想した。3種とも今飲み頃であるが,ピークを過ぎ始めているような兆候はまだ出ていない。

6) 1990 Chambolle-Musigny 1er Cru Les Amoureuses / Domaine Daniel Moine-Hudelot
ボンヌ・マールよりも細身で繊細なワイン。少しはかなげな所もあるが,味わい深い。

7) 1990 Musigny / Domaine Daniel Moine-Hudelot
0.12ha所有。さすがミュジニー。上記2種とは香りのパワーが1ランク上。味わいも複雑。昨年末にこのドメーヌが売却したというDomaine Drouhin-LarozeのMusigny 1999を飲んだのだが,作り手の個性なのか,今ひとつシャンボール・ミュジニー村のワインらしさがなく,ジュヴレ・シャンベルタン村のワインのようなミュジニーだった。それを考えると,Daniel Moine-Hudelotのワインはきちんとテロワールの味わいを持ったワインだと思った(ドルーアン・ラローズのミュジニーも10年ちょっと熟成すると,作られた部分が削げ落ちて,変わってくるという可能性もなくはないが)。

8) 1990 Vin Santo, VdT di Toscana / Fattoria Le Pupille (500ml)
トスカーナ南部マレンマ地区の作り手。SaffrediというボルドータイプのIGTとMorellino di Scansano DOC(サンジョベーゼ)が有名だが,ヴィンサントもリリースしている。琥珀色の外観だが,それほど甘みは強くないタイプ。全体に今ひとつぱっとしない印象。

以上

|

« Monopole 5 (Chambolle-Musigny) | Main | Monopole 6 (Vougeot) »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 1990 Daniel Moine-Hudelot:

« Monopole 5 (Chambolle-Musigny) | Main | Monopole 6 (Vougeot) »