« Costa d'Amalfiのワイン | Main | Camillo DonatiのFrizzante »

07/14/2004

JoblotのGivry

久しぶりにJoblotのGivryを飲んでみた。相変わらず頑張ってつくっているという印象(少し頑張りすぎかも)。

1) 1996 Givry 1er Cru Clos de la Servoisine Blanc / Domaine Joblot (2004/7/13-14)
Joblotの白は,初めて飲む。色はかなりレモン色の入った黄色で,新樽のニュアンスがかなりあるが樽に負けてはいない。96というヴィンテージの特徴でまだ酸が強め。余韻は中くらいで,極上のシャルドネとまではいかない。

2) 2002 Givry En Veau Vieilles Vignes / Domaine Joblot (2004/6/29-30)
こちらの赤も初めて飲む畑。このワインは幾つかの点でこの作り手の他のキュヴェと違った所がある。すなわち,①1級畑でない(価格は1級と同格),②他の畑には無いVieilles Vignes表記がある,③ラベルの色が白ワインと同じくからし色。ワインの方はというと,赤紫色が少しどぎついくらいのトーンで,チェリーやラズベリーの香り,風味で抜栓1日目はむせ返るようだった。2002年できがよいようだ。ただ,個人的にはこの作り手のワインはテンションが高すぎて,ちょくちょく飲みたいというタイプではない。

|

« Costa d'Amalfiのワイン | Main | Camillo DonatiのFrizzante »

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference JoblotのGivry:

« Costa d'Amalfiのワイン | Main | Camillo DonatiのFrizzante »